« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」TIFFでの上映日決定!! | トップページ | 祝\(^o^)/お誕生日!! »

2010年9月26日 (日)

「十三人の刺客」観てきました~♪

本日公開(あ、もう日付変わってたsweat02)、光石研さんご出演の映画「十三人の刺客」、今さっき観てまいりました~note

もう、文句なしに

面白かったーーーーーsign03

元々期待が大きかったのにも関わらず、期待以上の面白さでした。

そして、意外にも、

光石さん、いっぱい出てたーーーーーhappy02

これはあまり期待していなかった分、大幅に期待を上回るご活躍ぶりで嬉しかったですnotes

今年公開の光石さんご出演作の中で一番面白かったsign03「考えさせられる」とか「感動する」とかじゃなくて、純粋に楽しめました。

ホラー要素あり、エロ要素あり、もちろん殺陣・アクションあり。。。で、意外にも笑いの要素があったのが楽しかった。特に中盤以降。
岸部一徳さんと伊勢谷友介くんがお笑い担当で、一徳さんの「え?」と伊勢谷くんの「何?」で笑っちゃって、その後、この2人があんなことになるなんてぇぇぇ…というかなり想定外の展開がまた笑えます。

さて、この映画の光石さん。

稲垣吾郎さん演じる暴君・斉韶に仕える明石藩近習頭・浅川十太夫役でご出演でした。直接斉韶に仕えるというよりは、市村正親さん演じる鬼頭半兵衛の配下なので、半兵衛が登場すると常に隣にいるという感じ。

映画が始まってかなり早い段階から、最後の決戦のシーンまでずっとまんべんなくご登場でした。十三人の一部の方よりも浅川さんの方がよっぽど映っていましたよ。

私がファンになってから、光石さんが時代劇にご出演されるのが初めてだったので、髷姿も新鮮だったし、

「光石さんが馬に乗ってる~lovely」とか、

「光石さんが人斬ってる~lovely」とか、

かなり珍しい形で光石さんを満喫heart04

終盤は、結構光石さんのドリフっぽい笑える見せ場(周りの人は笑ってなかったけどcoldsweats01)もあったし、最期も満足な内容(後でネタバレで書きます)で、本当に大満足でした。ファンの方には絶対オススメですsign03

他のキャストの方も本当に豪華で素晴らしかったです。

※この辺から、ネタバレ含の雑感です。まだご覧になっていない方はご注意ください。

まず冒頭、内野聖陽さんの使い方が贅沢すぎる。。。切腹シーンが長くて怖い。

画像のざらつき感が昔の映画を観ているような雰囲気を作っていてカッコイイ。おどろおどろしい雰囲気も昔の映画のようで怖い。

谷村美月ちゃんと斉藤工くんのシーンが怖い。百姓一揆を起こした首謀者の娘のシーンもかなり怖い。その後も続く吾郎ちゃんの惨殺・殺戮シーンも相当怖い。光石さんがその現場にいらっしゃったので、「光石さーん、目の前で見ちゃったんですね。。。」などと思ふ。半兵衛と浅川さんは、大変そうだった。

この辺までは思わず声を上げちゃいそうなシーンが多かったので、誰かと一緒に観たかった。

役所広司さん演じる新左衛門が斉韶暗殺のための人員を集めて、「預かったおぬし達の命、使い捨てにいたす」と言うところがカッコイイ。これぞサムライ魂sign02

山田孝之くんと伊原剛志さん、カッコイイ。窪田正孝くん、眼力すごい。沢村一樹さん、エロ要素封印。

伊勢谷くんと岸部一徳さんがとにかく可笑しい。特に伊勢谷くんが不死身過ぎて笑える。

松方弘樹さんは、やっぱり時代劇経験が豊富なせいか、すごく観ていて引きつけられるし、殺陣がとにかくお見事。この映画で松方さんってすごいと思ったので、最後に光石さんが松方さんに斬られたから、どうせ斬られるなら松方さんでよかった。と思った。

浅川さん、戦いのシーンで爆破があって顔がススだらけになったり、1人だけ笠が取れちゃってたり、戦う所で「うわぁぁぁっ」ってやたらと叫んじゃったり、ちょっと情けないところが光石さんが演じるのにふさわしい役柄だなぁと思ったsmile

戦いのシーンの"牛"にビックリ。

落合宿で、最初に動く防塞と矢の攻撃で明石藩の人数が残りざっと130人だと松方さんが仰ったので、「1人10人か」などと計算してしまった。

窪田くんの最期のシーン、師匠である伊原さんを窪田くん目線で映し出す映像が印象的だった。ちょっと愛を感じた。

殺陣のシーンが50分あると聞いていたので、観る前は「長っ」と思っていましたが、観ている時は全く飽きることがなく、すごく引きこまれました。

最期もスッキリ爽快sign03で、本当に楽しめましたnote

また観たいです。

観ながら、「わー」とか「きゃー」とか言いたくなるので、今度は誰か誘って行こう。。。

|

« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」TIFFでの上映日決定!! | トップページ | 祝\(^o^)/お誕生日!! »

光石研さん」カテゴリの記事

コメント

十三人の刺客、なんかイイみたいだねsign03
いろんな映画評論でも結構評価高めだよupup
特に光石さんがイイって書いてる人も意外に多くてhappy02
今度の水曜レディースデイはJ・ロバーツやめて
素敵なサムライたちを観に行くことするわ~heart04

投稿: さち | 2010年9月26日 (日) 15時32分

>さちさん

うんうん、ホントに期待以上だったよんheart04レディースデイにぜひ観てきて~note

話は違うけど、昨日、聡美さんの「ハーパー・リーガン」観てきたの。光石さんから聡美さんへお花届いてたみたいhappy02残念ながら、千秋楽だったし、もうお花はなくなってて、札(?)だけだったけどsweat02しかも、客席にはもたいさんがいらしたよ(「Love Letters」の時と同じく帽子かぶってたから、すぐ気付いたよcoldsweats01)。
あのメンバー、ホントに仲良しでいいよね~lovely

投稿: よしぎゅう | 2010年9月27日 (月) 10時14分

よしぎゅうさん
初めに、光石さんからのお誕生日お祝いコメントに対するメッセージを載せて頂き有難うございました。見て頂いてるって思うとテンションが上がってしまいましたupこういったお人柄とかも惹きつけられますshine
「十三人の刺客」観てきましたよ。よしぎゅうさんのコメントを見て「nude」と迷ったんですが、1人で見に行きやすいもの…と考えて、時代劇の方にしました。すごい映画ですね。冒頭から力が入りっぱなしで、面白かったんですが、見終わった後すごい疲れました。劇場を出る時に他に見ていた人も、「斬られ疲れした。」って言ってたし。光石さんのあの役柄はおそらく、今まで人を切った事がなくて、切った後、死を間近にした時の血気迫った演技とか、あまり見ないので新鮮さを感じました。どういう心境で演じていたのでしょう。あの時代の女性のメイクとか、映像の写し方とか、リアリティがあって、印象に残る見せ方していて、しばらくは脳裏に残りそうです。

投稿: 琥珀 | 2010年10月 2日 (土) 17時50分

私も観て来ました~☆

時代劇な光石さんに釘付けでしたが、
他のキャストの方々や若手の窪田くん
や、谷村美月ちゃんも素晴らしかった
ので、暫くは余韻が残りそうです。

琥珀さん>
横レスですが、「nude」水曜日のレディスデー
なら安心かと思います。
私が1人で見に行った水曜日も、1人でいらしてる
女性が多かったです。内容も、思っていたよりは
ショッキングではなく、綺麗でした。

投稿: きょん | 2010年10月 2日 (土) 18時30分

きょんさん
初めまして。「nude」レディースデー狙い目ですね!
実は、内容や、劇場場所とか考えて、客層が男性ばかりなのかな〜とか考えてしまいました。情報有難うございます!

投稿: 琥珀 | 2010年10月 2日 (土) 19時04分

>琥珀さん

>今まで人を切った事がなくて、切った後、死を間近にした時の血気迫った演技

確かに浅川さんが最後に人を切った時に、すごく動揺してる感じとか血気迫る感じとか見て取れましたよね。他のどの場面でも光石さんのお芝居から目を離せないし、映画の内容的にも気を抜けなくて確かに見終わった後は疲労感が。。。coldsweats01本当に見応えがありました。

「nude」の光石さんも素敵ですし沢山お出になってるのでオススメです。確かに初日は男性率高かったですが、レディースディにぜひぜひ。

>きょんさん

窪田くんsign03
光石さんと共演されたドラマ「パパは昔ママだった」の時にすごく存在感があって気になって今回も楽しみにしていたのですが、やはり期待を裏切らない演技でした。
谷村美月ちゃんも、体当たりですごかったですね。あの役、事務所的によくOKだったなと思いましたcoldsweats01旦那さま役の斉藤工くんもよかったです。

「nude」レディースディの情報もありがとうございましたnote

投稿: よしぎゅう | 2010年10月 2日 (土) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/36928835

この記事へのトラックバック一覧です: 「十三人の刺客」観てきました~♪:

» 『十三人の刺客』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
13人VS 300人という数の差はちゃんとあって、斬っても斬っても次から次に敵が出て来るし、斬り合いがいちいち長い。とにかく長い。時代劇はド派手な大立ち回りがなくっちゃという方、「あー、こんな時代劇が見たかった!」 ということ間違いなし。チャンバラ世界にタイムス…... [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 02時19分

« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」TIFFでの上映日決定!! | トップページ | 祝\(^o^)/お誕生日!! »