« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

「あぜ道のダンディ」プレサイトオープンしてました!!

来年公開、光石研さん主演作「あぜ道のダンディ」が明日クランクインということで、早速情報検索していましたら、既にビターズ・エンドさんのサイトのほうで、「あぜ道のダンディ」プレサイトがオープンしていましたsign03

「あぜ道のダンディ」

何がすごいって、既に発表になっている岩松了さん森岡龍くん以外のキャストが発表されているではないですかーーーーーsign03

な、なんと、私の大好きな田口トモロヲさんに、

これまた大好きな西田尚美さんに(鈍牛つながりだし)、

こないだまで「仮面ライダーW」にご出演されていて毎週のようにお顔を拝見していた山本ひかるちゃんまでーーーーーsign03アキコーーーーーsign03

ひかるちゃんなんて、夏休みに「仮面ライダーMOVIE」の初日舞台挨拶で子供たちと一緒に見たばっかりだよ~happy02またこんな所でお会いするとはsign03(別に会ってないけどsweat02)早速娘たちにも教えてあげようnote

で、吉永淳ちゃんって子が光石さんの娘さん役なんですかね~?

ひかるちゃんと吉永淳ちゃんはブログもされているので(西田さんもだけど)、撮影中はしっかりチェックしておきますね~。

吉永淳オフィシャルブログ

山本ひかるオフィシャルブログ「ひかるーぷ(v・o・)」

うー楽しみだーnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お誕生日企画に参加してくださった皆様。。。

先日は、光石さんのお誕生日お祝いコメント企画(?そんな大げさなものでもなかったですねsweat02)にご参加いただきありがとうございました。

いつも静かな当ブログで、突然だったにも関わらずコメントを寄せていただき、管理人も本当に嬉しかったです。

で、さらに嬉しいことに、先ほど光石研さんより、お誕生日プレゼントのお礼のおハガキが届いたのですが、最後に皆さまにもよろしくと書いてくださっていたので、これは皆さんにお見せしなくては!!と思いまして。。。

Img_8631_2

Img_8632_3   

早速読んでくださったみたいで。。。久々に感涙weep
「よろしくよろしく」とか「!!!」で妙にテンション上がったりしてup

しかもまたまた感涙モノの新情報もいくつか。。。

10月期の新ドラマ「Q10」以外にもう1本、1~3話のみご出演予定のモノがあるそうですhappy02タイトル書いていいのかよくわからないので(公式サイトにはお名前がない)、また様子を見てお知らせしますね。

それから来月はついに生で光石さんを拝見できるチャンスもあるみたいですlovely

そしていよいよ、明日10月1日からは「あぜ道のダンディ」がクランクインだそうです。それに備えて、今は禁酒されているとか(わーsweat01すみません、そんな時にお酒プレゼントしてしまってsweat02)。

光石さん、本当にありがとうございました。明日からの撮影、くれぐれもお身体に気をつけて頑張ってください。キャスト・スタッフの皆様が無事に全撮影を終えられますよう、心からお祈り申し上げますshine

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

『nude』 小沼雄一監督 インタビュー

映画情報サイト「ミニシアターに行こう」に、「nude」の小沼雄一監督のインタビューがUPされていました。

主人公のマネージャー・榎本役でご出演の光石研さんについてもお話されていますよ。

インタビュー記事はこちら↓

『nude』 小沼雄一監督 インタビュー(ミニシアターに行こう)

こちらの監督のお話から、光石さんに関する部分だけ抜粋。。。

― 光石さんが演じた榎本というキャラクターは、ひろみの理解者であると伝わってきますが、ともすれば狡猾という意味でやり手な男性にも映ります。「彼を信頼したいけれど、果たして、本当に信頼してもよいのだろうか」という雰囲気が絶妙でした。

小沼監督「榎本は、「腹の中ではなにを考えているのか、本当の意味ではわからない」という雰囲気がありますね。そういった点を光石さんと話しあっていく中で、実に的確にそこをつかんでくださったと思います。」

「榎本はAV業界でキャリアを積んできた男という設定です。自分が担当しているAV女優がなにかを言いだしたら、どう対応すればよいのか、マネージャーの彼にはすぐわかるんですね。女優は人間ですから、単なる商品として扱ってはいけないわけです。そういう百戦錬磨で複雑な存在である榎本という役を、光石さんは本当にうまくつかんで演じてくださいました。さすがだと思いました。

実際の光石さんは、とても素敵なかたなんですよ。衣装合わせのときにスーツを着てらしたところを、「格好よいなぁ」と思って見ていたのですが、そのとき、衣装さんが彼に「コートを着てみますか?」と手渡したんです。そうしたら、光石さんは颯爽とコートに袖を通したんですけど、その仕草があまりに格好よくて、くらっときてしまいました(笑)。

監督、光石さんが格好よくて「くらっ」ときちゃったんですねsmileいいなぁ~heart04それ生で見たかった。。。lovely

私も感想で書きましたが、榎本の役ってイイ人か悪い人かつかめない所のある複雑な役なんですけど、光石さんはそれを見事につかんで演じられたってことですね。さすがぁlovely

光石さんのとこ以外もかなり読み応えありますので、ご覧になってみてくださいね。

共同脚本の石川美香穂さんて、監督の奥様だったんだ~flair知らなかった~sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」公開日決定!!

光石研さんご出演の映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の公開日が決定しました。

12月4日(土)より

まずは、シネスイッチ銀座テアトル新宿にて公開だそうです。お、「信さん」と2週連続公開ですねflair

その他の地区の公開日についてはまだ未定ですが、上映館は決まっているようです。劇場情報はこちら↓

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」劇場情報

さらにこの映画、10月23日(土)に東京国際映画祭のオープニング作品として上映が決まっていますが、ようやくチケット販売スケジュールが発表されました。

9/29(水) 11:00~ ぴあプレミアム会員限定「いち早プレリザーブ」受付開始

10/2(土) 11:00~ インターネット先行抽選販売「プレリザーブ(チケットぴあ)」「プレリクエスト(ローチケ)」

10/9(土) 10:00~ 一般発売(電話・店頭・インターネット)

となります。

詳細はこちら↓

東京国際映画祭/チケット購入方法

こちらによりますと、昨日からTIFFメール会員限定のインターネット先行抽選販売っていうのもやってるみたいなんですけど。。。昨日メルマガ登録してみましたが、何も来ないのでsweat02とりあえず、10/2にプレリザーブ申し込んでみようかなcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月26日 (日)

祝\(^o^)/お誕生日!!

本日9月26日は、

ribbon光石研さんのお誕生日ですribbon

わーいnoteめでたいshine49歳birthday

で、こういうことをしたことがないので、反応してくださる方がいらっしゃるかわからないのですが、こちらをご覧下さっているミツケンファンの皆さんもコメント欄でお祝いのメッセージをお送りしてみませんか?

光石さんご本人も、時々こちらをご覧下さっていると思いますので、いつもRОMして下さっている方もこの機会にぜひぜひnoteいつも静〜かなこのブログも、この日ばかりは、お祝いムードでいっぱいにしてみたいな〜なんて思うので。。。どうぞよろしくお願いいたします。

んじゃ、まずは私が。。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

光石さん、お誕生日おめでとうございます。

光石さんのファンになって、光石さんのことを知れば知るほど好きになって、

光石さんの作品を観たり、応援したりすることが、私の日々の元気になっています。

ありがとうございます。

また新しい作品で新たな光石さんを拝見できることをとっても楽しみに。。。そしてずっと応援しています。

それでは、素敵なお誕生日をお過ごしくださいませshine

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「十三人の刺客」観てきました~♪

本日公開(あ、もう日付変わってたsweat02)、光石研さんご出演の映画「十三人の刺客」、今さっき観てまいりました~note

もう、文句なしに

面白かったーーーーーsign03

元々期待が大きかったのにも関わらず、期待以上の面白さでした。

そして、意外にも、

光石さん、いっぱい出てたーーーーーhappy02

これはあまり期待していなかった分、大幅に期待を上回るご活躍ぶりで嬉しかったですnotes

今年公開の光石さんご出演作の中で一番面白かったsign03「考えさせられる」とか「感動する」とかじゃなくて、純粋に楽しめました。

ホラー要素あり、エロ要素あり、もちろん殺陣・アクションあり。。。で、意外にも笑いの要素があったのが楽しかった。特に中盤以降。
岸部一徳さんと伊勢谷友介くんがお笑い担当で、一徳さんの「え?」と伊勢谷くんの「何?」で笑っちゃって、その後、この2人があんなことになるなんてぇぇぇ…というかなり想定外の展開がまた笑えます。

さて、この映画の光石さん。

稲垣吾郎さん演じる暴君・斉韶に仕える明石藩近習頭・浅川十太夫役でご出演でした。直接斉韶に仕えるというよりは、市村正親さん演じる鬼頭半兵衛の配下なので、半兵衛が登場すると常に隣にいるという感じ。

映画が始まってかなり早い段階から、最後の決戦のシーンまでずっとまんべんなくご登場でした。十三人の一部の方よりも浅川さんの方がよっぽど映っていましたよ。

私がファンになってから、光石さんが時代劇にご出演されるのが初めてだったので、髷姿も新鮮だったし、

「光石さんが馬に乗ってる~lovely」とか、

「光石さんが人斬ってる~lovely」とか、

かなり珍しい形で光石さんを満喫heart04

終盤は、結構光石さんのドリフっぽい笑える見せ場(周りの人は笑ってなかったけどcoldsweats01)もあったし、最期も満足な内容(後でネタバレで書きます)で、本当に大満足でした。ファンの方には絶対オススメですsign03

他のキャストの方も本当に豪華で素晴らしかったです。

※この辺から、ネタバレ含の雑感です。まだご覧になっていない方はご注意ください。

まず冒頭、内野聖陽さんの使い方が贅沢すぎる。。。切腹シーンが長くて怖い。

画像のざらつき感が昔の映画を観ているような雰囲気を作っていてカッコイイ。おどろおどろしい雰囲気も昔の映画のようで怖い。

谷村美月ちゃんと斉藤工くんのシーンが怖い。百姓一揆を起こした首謀者の娘のシーンもかなり怖い。その後も続く吾郎ちゃんの惨殺・殺戮シーンも相当怖い。光石さんがその現場にいらっしゃったので、「光石さーん、目の前で見ちゃったんですね。。。」などと思ふ。半兵衛と浅川さんは、大変そうだった。

この辺までは思わず声を上げちゃいそうなシーンが多かったので、誰かと一緒に観たかった。

役所広司さん演じる新左衛門が斉韶暗殺のための人員を集めて、「預かったおぬし達の命、使い捨てにいたす」と言うところがカッコイイ。これぞサムライ魂sign02

山田孝之くんと伊原剛志さん、カッコイイ。窪田正孝くん、眼力すごい。沢村一樹さん、エロ要素封印。

伊勢谷くんと岸部一徳さんがとにかく可笑しい。特に伊勢谷くんが不死身過ぎて笑える。

松方弘樹さんは、やっぱり時代劇経験が豊富なせいか、すごく観ていて引きつけられるし、殺陣がとにかくお見事。この映画で松方さんってすごいと思ったので、最後に光石さんが松方さんに斬られたから、どうせ斬られるなら松方さんでよかった。と思った。

浅川さん、戦いのシーンで爆破があって顔がススだらけになったり、1人だけ笠が取れちゃってたり、戦う所で「うわぁぁぁっ」ってやたらと叫んじゃったり、ちょっと情けないところが光石さんが演じるのにふさわしい役柄だなぁと思ったsmile

戦いのシーンの"牛"にビックリ。

落合宿で、最初に動く防塞と矢の攻撃で明石藩の人数が残りざっと130人だと松方さんが仰ったので、「1人10人か」などと計算してしまった。

窪田くんの最期のシーン、師匠である伊原さんを窪田くん目線で映し出す映像が印象的だった。ちょっと愛を感じた。

殺陣のシーンが50分あると聞いていたので、観る前は「長っ」と思っていましたが、観ている時は全く飽きることがなく、すごく引きこまれました。

最期もスッキリ爽快sign03で、本当に楽しめましたnote

また観たいです。

観ながら、「わー」とか「きゃー」とか言いたくなるので、今度は誰か誘って行こう。。。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年9月23日 (木)

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」TIFFでの上映日決定!!

12月上旬公開、光石研さんご出演の映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」ですが、東京国際映画祭での上映日が決定しました。

<上映日程>

●10/23(土) 11:35~

●10/26(火) 10:40~

の2回で、会場はどちらもTOHOシネマズ六本木ヒルズ Screen5となります。

チケット販売は、チケットぴあローソンチケットにて、10月9日より一般発売開始とのこと。プレリザーブなどもあるようですので、詳しくはこちらをご覧ください↓

東京国際映画祭 チケット購入方法

※「酔いがさめたら~」は「日本映画・ある視点」部門での上映となります。

また舞台挨拶やティーチイン、トークショーなどについては情報ありませんでしたので、今後もチェックしてみます。

とりあえず、管理人は土曜日の方が行きやすいので23日でプレリザーブかけてみようかなsign02と思っていますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」公式サイトオープン!!

今年7月に光石研さんがタイでの撮影に参加されていた映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」の公式サイトがオープンしました。

まだ情報は少ないですが、トップページに光石さんのお名前も出ています。しかもど真ん中sign01

「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」公式サイト

なんかトップページが、「硫黄島からの手紙」のビジュアルに似ている気がするのは私だけ?

それはさておき、既に公開日も決定したようですよ。

2011年2月11日(金・祝) 全国東宝系にて公開sign03

だそうです。

おーsign03建国記念日flairこれが来年公開のご出演作一発目になるのかなsign02

ちなみに、公式サイトでは15秒間のTVスポットも公開されていますが、これは既にチェック済みでミツケン映像なしですcrying早く劇中の光石さんのビジュアルカモーンheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月21日 (火)

出演者勢揃い!!「マザーウォーター」プレミア試写会決定

やっと情報来ましたよ〜happy02

10月30日公開、光石研さんご出演の映画「マザーウォーター」のプレミア試写会が開催されるそうです。

そしてなんと、

出演者全員ご登壇の舞台挨拶付きsign03sign03sign03

そしてついに、

光石研さん今年初で舞台挨拶ご登壇ですsign03sign03sign03

めっちゃ待ってましたぁぁぁぁぁcrying

<「マザーウォーター」プレミア試写会 詳細>

日時:10月21日(木) 18:00開場 18:30開演

場所:スペースFS汐留ホール (東京都港区東新橋1-1-16 汐留FSビル3F 最寄り駅:新橋駅)

ご登壇者:小林聡美さん、小泉今日子さん、加瀬亮さん、市川実日子さん、永山絢斗さん、光石研さん、もたいまさこさん、松本佳奈監督

応募はこちらから↓

『マザーウォーター』出演者登壇プレミア試写会にご招待!

締め切りは10月4日(月) 20時まで です。

しかしまた、50組100名様って狭き門。。。sweat02

さー、親戚・友達みーんな巻き込んで応募、応募ーーーsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「nude」初日舞台挨拶レポートと感想

9月18日(土)、光石研さんご出演の映画「nude」の初日舞台挨拶付き上映に行って参りました。

20100918101253

光石さんのご登壇はありませんが、せっかくお互い新宿まで行くならということで、久しぶりにミツケンファン友達のさちさんと一緒させていただきました。

先に申しておきますと、この映画、光石さんのご登場シーンが、

かなり…いや、

すっごく多めlovely

なので、かなりお薦めですsign03

後で、もうちょっと詳しく感想書きますが、先に舞台挨拶のレポートを。。。

<映画「nude」初日舞台挨拶 シネマート新宿 スクリーン1 9月18日10:40の回上映後>

登壇者:渡辺奈緒子さん、佐津川愛美さん、永山たかしさん、みひろさん、小沼雄一監督

今回の司会は八雲ふみねさん。お、先週の「神様ヘルプ」に引き続き2週連続sign03

上映後に八雲さんご登壇ののち、マスコミ各社の方々がご入場され、準備ができたところで、上手側前方の入り口よりキャスト・監督の皆さんが入ってこられました。

舞台に上がられる際、階段が外れた?か何かのトラブルが?永山さんが仰ってました。

渡辺さん、超キラキラスパンコールの紫のベアトップワンピ(しかもミニsign03)が似合っててキレイ~heart04佐津川ちゃんとみひろさんもミニのワンピで可愛く、永山くんは劇中とは違う茶髪になってて、丈短パンツにジャケットでオシャレheart04

んで、監督。。。

普通~smile

でも、それがいいかもflair
飾らないお人柄が表れてて。あ、服装のことだけじゃなくて、お話されている雰囲気も含めてですよcoldsweats01

お写真ありました↓

『nude』初日舞台挨拶は涙、涙! みひろ、自身の歩んだ道を振り返り感謝を述べる(Movie Walker)

並びは下手から、監督、佐津川さん、渡辺さん、みひろさん、永山さんでした。

<まずは最初のご挨拶>

渡辺さん「はじめまして。ひろみ役の渡辺奈緒子です。今日はお天気もよく、この日を迎えることができてとても幸せです。いかがだったでしょうか。ありがとうございます。」

佐津川さん「みなさん、こんにちは。さやか役の佐津川愛美です。今日初日に足を運んでいただいてありがとうございます。みんなで頑張った作品なので観ていただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます。」

永山さん「本日は土曜の真昼間からこんなに沢山の方に集まっていただけて、本当にありがとうございますsign03どうでしたでしょうか?」(会場拍手)「ありがとうございます。」

みひろさん「原作のみひろです。今日はホントに沢山の方に来ていただけてありがとうございます。今朝、携帯が鳴ったんですけど、親友からでした。」(その方が佐津川さんが演じられた方?)「お姉さんが観に来てくださってるということで。。ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。」

小沼監督「監督の小沼です。今日はホントに沢山の方にお集まりいただきまして、やっと『nude』の初日を迎えることができました。若い俳優さん、女優さんが、大変な現場だったんですけど頑張って、この作品をいいものにしたいという熱い思いがスクリーンに定着していればいいなと思いながら作りました。今日はお集まりいただきまして本当にありがとうございます。」

<撮影で大変だったことは?>

渡辺さん「セリフも少ない分、葛藤している姿や心をさらけ出す作業が一番難しかったです」。
「ただ本当に苦しかったというよりは、周りの方の支えを感じていたので、今こうして初日を迎えると幸せだったなと思います」
さらに、いつも現場を明るくしてくれるみひろさんの存在に勇気づけられたそう。

渡辺さんが、現場に明るく入ってくるみひろさんのマネで「オハヨーゴザイマースup」と仰ったのが八雲さんによると似ているらしい。

<親友役を演じてみて>

佐津川さん「先ほどのみひろさんのご挨拶で、親友の方から電話があったというお話を聞いただけで泣きそうになったんですけど」(話しながら涙ぐむweep)
「渡辺さんとは初共演だったけど、親友を見守るような気持ちで現場にいました。」

さらに、普段あまり共演者の女優さんと1対1で仲よくなることがなく(会場笑)、2人だけで食事に行ったりもしないそうですが、渡辺さんには不思議な魅力を感じて、話してみたかったので自分から誘って食事に行ったりしたそう。

<「男性から観た『nude』や役作りについて」>

永山さん「人の思考はひとつじゃないので、僕は彼女のやってることを認めたい気持ちと、それを目の当たりにした時に認められない気持ちがごちゃごちゃでした。」
「撮影中はずっと(ひろみの)部屋のシーンだったんですが、休憩も現場の部屋から出ずに、どうしたらそんな気持ちになれるかと思って、雑誌(劇中の、みひろが載っている雑誌)を見て、こんな気持ちだったのかと思いながら、なるべく控室にも戻らず過ごしました。」

「現場の空気は重かったけど、気持ちまで重くなったらやってられないと思い、キムチ鍋のシーンはキムチ鍋を食べようかと思った。でも、その後のキスシーンを考えて葛藤したが、結局フリスクをずっと食べていました。」(笑)「イイ男は身だしなみから…ということで」(笑)

<自分の進んだ道についてどう感じるか?>

みひろさん「なんだろう。。。(涙で言葉につまる)」
「人との出会いに恵まれていたと思う。いっぱい葛藤もしたし、自分で削ってきた部分も多かったが、それが本になって、マンガになって、映画になって今日初めて沢山の方たちに観ていただいて、人との恵まれた出会いのおかげでこうなったと思う。本当に嬉しいです。」

<この映画で一番伝えたかったこと>

小沼監督「若い時に人生の選択をせまられる時が誰しもある。それが正解か不正解より、その選択をした上で自分がどうするかだと思う。ここにいるキャストや観客の皆さんもそれぞれの人生を選択して今があると思う。その自分を信じで進む姿は皆美しいと思います。」

<締めのご挨拶>

渡辺さん「この日を迎えられて、沢山の方に観ていただいて、なんて幸せなんだろうと思います。私はこの作品に出て、みひろさんを表現したいと思った決断は本当によかったと思っています。自分じゃない人生をここまで考えて向き合ったのは初めてで、すごく愛おしい役です。これからもこの気持ちを忘れずにいきたいなと思います。今日は本当にありがとうございました。」

この後、フォトセッションが行われて終了となりました。

原作者やキャストの方々のこの作品対する強い思い入れが伝わる、涙涙の舞台挨拶でした。

さて、この映画の光石さん。

主人公ひろみをスカウトし、マネージャーとして見守る榎本役でご出演でした。

とにかくご出演シーンが多く、なんと映画の冒頭から終盤まで、ほぼ全編に渡りご登場heart04しかもスーツ姿が決まってて、ひろみを見守る優しい眼差しがホントに素敵でしたlovely

特に私は、ひろみが初のAV撮影に臨む前に、無言でそっと肩に手をおく榎本さんに萌え萌えでしたよlovely

ただし榎本さん、もちろんそんなタダの素敵な方ではございません。若い女の子をAVの世界に引きずり込むダークサイド(?)も持っていらっしゃいます。

最初にひろみを渋谷でスカウトした後日、喫茶店で仕事の詳しい内容について説明する榎本さんの胡散臭いのなんのって。
さらに中盤、ひろみにAV出演を決心させるシーンも、中途半端で先の見えないひろみの可能性を広げるためというのも確かにあるでしょうけど、どこか事務所の儲けのためなんじゃないか…とも見えてしまう。

榎本の描かれ方は決して美化されていなくて、最後まで「この人、イイ人なのか悪い人なのかわからない」といった印象でした。複雑な役というか、その匙加減が絶妙でした。

ちなみに、みひろさんの実際のマネージャーさんは「今回の映画化のためにゼロから働いてくれ、仕事の悩みが相談できる唯一の存在」(みひろさん談)だそうですので、とても信頼できる方のようですよ。

それから、この映画を観て一番に思ったこと。

「主人公は、どうしてこんな不確かなモノのために、強く突き進めるんだろう。」ということです。

ひろみの夢は漠然としていて、「渋谷でスカウトとかされて、芸能人になりてー」ということ。
さらに「AVはしない」という約束で事務所に入り、女優やタレントになるキッカケになればと始めたヌードグラビアやVシネマ出演をこなしている時も、「どんな女優になりたいの?」と問われて口ごもるひろみにはビジョンがない(それを問う大物プロデューサー役の山本浩司さんがかっこいい役(珍しくcoldsweats01)でいい味出してました)。

それでもその先を求めて最初やらないと決めていたAVの世界へ。すごく流されているようにも見える。

初めてのAV出演で、撮影中に辛くて顔を歪めるひろみを見て、そんな辛いのになんでそんなことやるんだろうとも思う。それをやったからといって、夢見ているような女優として活躍できるかもわからない。

さらに親友にも受け入れてもらえず、恋人も失い…
(特に恋人役の英介に自ら別れを切り出すシーンは本当に見てて痛かったですcrying)

なのにどうして、そんなに強く突き進んでいけるのかが、すごく不思議でした。

でもなぜか、そんな主人公の姿に感動してしまったのです。

これが監督のお話にあった「自分を信じで進む姿は皆美しい」ということなのかもしれませんね。それはすごく伝わりました。

それと、単純にみひろさんのことを応援したくなりました。今後も色んな作品でご活躍されることを楽しみにしています。

さて、映画の後は、久しぶりにさちさんとランチ。タイ料理のお店サームロットへ。なかなか普段子連れで入れないタイ料理、久しぶりで美味しかった~happy02

お料理をいただきつつ、ミツケン話で盛り上がれて楽しかったです。
話題の中心は、「『nude』の光石さんはなぜあんなに出てるのに、舞台挨拶にいらっしゃらなかったか」(スケジュールの都合でしょうがsweat02)と、「マザーウォーターの舞台挨拶こそ来てほしい」ということでしたcoldsweats01

2人とも口を揃えて「生で見た~い」と。ホントに関係各社の皆さま、よろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

「ヘヴンズストーリー」初日舞台挨拶決定!!

10月2日(土)よりユーロスペースにて公開、光石研さんもご出演されている映画「ヘヴンズストーリー」の初日舞台挨拶が決定しました。

光石さんのご登壇はありませんが、関連情報としてお知らせしておきますね。

<「ヘヴンズスートリー」初日舞台挨拶 詳細>

日時:10月2日(土)12:30の回上映後、18:00の回上映前

場所:ユーロスペース2 (渋谷)

登壇者:寉岡萌希さん、忍成修吾さん、村上淳さん、山崎ハコさん、栗原堅一さん、渡辺真起子さん、本多叶奈さん、人形舞台 yumehinaの森田晋玄さん、安藤早苗さん(劇中人形制作・指導)、瀬々敬久監督他

チケット販売については、「初日特別前売り券、特別料金の設定はありませんので、直接劇場にいらしてください。」とのこと。

ということは、ちょっと早めに行ってチケット確保しておいた方がいいのですかねぇ…?もし行かれる方は事前に劇場へ問い合わせた方がよいかもしれません。

さらに、銀座シネパトスの初日が10月9日(土)に決定し、こちらでもユーロスペースでの初日と同様に監督とキャストが登壇する舞台挨拶を行う予定だそうです(現時点ではご登壇者未定)。

上映時間は10:30と18:00の2回で、こちらも初日特別前売り券、特別料金の設定がないため、直接劇場へとのこと。

実は管理人、ユーロスペースの初日が子供の運動会でしてsweat02最初は18時の回に頑張って行こうかと思っていたのですが、9日にも舞台挨拶が付くなら、シネパトスに行こうかなと。こちらにもムラジュンさん(高校生の時ファンだったcoldsweats01)いらっしゃるとよいなぁshine

話は変わりまして。

いよいよ今週末、9月25日(土)公開の「十三人の刺客」ですが、初日舞台挨拶のゲストがすごいことになっております。

先日第一報でお伝えしたのは、役所広司さん、山田孝之さん、三池崇史監督のお3人のみでしたが、追加で、

沢村一樹さん、高岡蒼甫さん、六角精児さん、波岡一喜さん、石垣佑磨さん、窪田正孝さん、伊原剛志さん、松方弘樹さん、市村正親さん(以上予定)

ですってーーーsign03豪華ーーーshine

特にサブ好き・オジサマ好きの私にはたまらん面々です。

管理人、ハガキによる応募は見事にハズレ、先ほどチケットぴあで抽選販売の申し込みをしてまいりました。絶対ハズれるなーーー自信あるdash

ハズれたら、また近所のシネコンだわsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月17日 (金)

「悪人」観てきました

週明け月曜日の朝一で、光石研さんご出演の映画「悪人」を観に行って参りました。

平日、しかも月曜の朝だというのに、近所のシネコンはかなりの混雑でチケット購入も大行列。上映館に入ると前3〜4列は空いているもののそこから後ろはお客さんで埋まっていました。たいてい、空いている時は両隣にお客さんが座らないように座席指定してくれるんですが、この回はびっしり詰まってました。

そのシネコンは平日の初回上映が割引になるというサービスがあるものの、ここまで混むのは珍しいので、やはりこの映画の注目度が高いということだと思います。ただ、客層は年齢層が高かったcoldsweats01チケット売り場に並んでた若者たちは、「バイオハザード」にでも行ったのかなcoldsweats01

さて、まずは、この映画の光石さん。

妻夫木聡さん演じる主人公・清水祐一の大叔父・矢島憲夫役でご出演でした。

公式サイトの人物相関図を見る限り、強面の怖い人役なのかと思っていましたが、祐一や祖母の房江を気遣う優しい親戚のおじさんといった役どころでした。

地元が九州の方の感想を読むと「光石さんの方言が一番自然」と書いている方が多かったのですが、わからない私でも、「光石さんの方言かっこいい〜lovely」と思ってしまった。

「猿ロック」のおしゃれヤクザとは打って変わってファッショナブルとは程遠い、ドカジャンにニッカポッカみたいな格好でしたけど、役のお人柄がいいのと、私の大好きなヒゲバージョンでめちゃくちゃ素敵でしたheart04

しかもご登場シーンも思ったより多くて、5シーン程sign02なんですけど、1シークエンスが長めなので結構満足感ありhappy01でした。

そういえば、上映開始前に読んだパンフレットに「"ねばり"の李監督」と題して、「憲夫がミカンを食べながら、居間で房代と話すシーンでは、OKが出たのはなんと27テイク目!光石はひたすらミカンを食べ続けることに…。」って書いてあったので、どんだけミカン食べてるんだろ?と映画観ながらチェックしてたら、そのシーン、とっても短くてビックリしましたーwobbly光石さん、ホントにお疲れ様ですdash

それから、この映画、メインのキャストの皆さんはもちろんなんですが、脇役の皆さんが細かい所までめちゃくちゃハマってて本当に凄いな〜と思いました。

マルチ商法やってる松尾スズキさんとか、入退院を繰り返すおじいちゃんの井川比佐志さんとか、息子(祐一)を捨てた母親の余貴美子さんとか、刑事の塩見三省さんと相棒の池内万作とか。

もーっと細かい所では、深津絵里さん演じる光代が働く紳士服店の店員の広岡由里子さんが祐一と光代の話す様子を伺ってる感じとか。

紳士服店でスーツを試着するお客さん役の二階堂智さんが奥さんに押され気味で苦笑いしてる感じとか。

満島ひかりちゃん演じる佳乃のことを陰で悪く言う同僚役の韓英恵ちゃんとか。

タクシーの運転手のでんでんさんとか、バスの運転手のモロ師岡さんとか(でんでんさんは今年「ゴールデンスランバー」でもタクシーの運ちゃんでしたsmile)。

この役やるならこの人sign03っていうまさにツボのキャスティングがホンッとにお見事でした。

お話の方は、「誰が本当の悪人なのか」を観た人に考えさせる余白を残した話といいましょうか。

観終わった後にすごく考えてしまう作品です。

この辺から若干ネタバレ含。ご注意ください。

誰が本当の悪人か。

私は岡ちん演じる増尾が1番で、2番目はひかりちゃんが演じる佳乃かな。でも「悪人」というよりは単に嫌いなだけかもしれませんが。

私は最後に祐一が逮捕されるシーンでのあの行動は、光代を庇うためだと思ったので、殺人犯ということを少し忘れて「祐一は悪人じゃない」と思ってしまった部分があったんですが。

最後に光代が祐一のことを「あの人は悪人なんですよね」という場面で、「光代にはあの祐一の優しさが届いていなかったのか」とガッカリする反面、映画の冒頭や途中途中に見せる祐一の狂気染みた憤りの表情などを思い出すと、やっぱり祐一は根っからの悪人だったのかもしれない…とも思ったりして。

しばらく考えてしまいました。

それにしても、妻夫木くん、

初日舞台挨拶で「この映画にすべてを捧げた」って仰ってて、そんなに気合入ってたのsign02と思いましたけど、実際に映画を観たら、冒頭の夜中に車を運転する表情を観ただけで「誰この人?」と。今まで見たブッキーのイメージとはあまりにもかけ離れた姿に驚きました。深津さんが賞をお取りになって話題になりましたが、私はブッキーに驚かされましたよ。

それから、心に響いたのは柄本明さん演じる佳乃の父親の言葉。これは、永山絢斗くん演じる増尾の友人に向けられた言葉なのですが、

「あんた、大切な人はおるね?」の後に、

大切な人(やモノ)を欲しがったり、失ったりして戸惑う人たちをバカにして、自分は何でもないように見せてる人が多いが、それは違う。

みたいなことなんですけど、すごく共感しました。

逆に気持ちが揺れちゃってる自分を他人に見せたくなくて、何でもないように振舞うことってあるのですが、それはそれだけ大切な人や物があるってことなんですね。だから、それで戸惑ってもいいんだな〜って思えました。

今回、この映画は1人で観に行ったんですけど、観た後にじっくり考えたくなるので1人でよかったと思いました。

やっぱり李相日監督好きだ、私。

これでよ〜し、明日は「nude」sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

映画「紙風船-あの星はいつ現はれるか-」

おーーーsign03久しぶりにキターーーsign03

光石研さんご出演の新作映画情報です。

廣原暁監督作「紙風船ーあの星はいつ現はれるかー」に光石研さんご出演だそうです。

廣原監督のブログにて情報UPされていましたnote

安心ごっこ

廣原監督は、現在東京藝術大学修士課程映画専攻監督領域に所属されていて、この作品は、東京藝術大学大学院 映像研究科5期オムニバス制作作品だそうです。

で、これが例の桝木亜子さんのブログで撮影時の写真がUPされた映画のようです。以前にご紹介したこちらの記事↓

桝木亜子公式ブログ 「光石さんと」

監督のブログによりますと、主演が大後寿々花さんで、さらに森岡龍さん(sign03)、富田靖子さん、光石研さん、桝木 亜子さん、今井隆文さんがご出演、9月中には完成予定で、公開予定は来年になるとのこと。

さらに大後さんのオフィさんによると、2011年春公開になっていましたnote

わーいnoteまた来年の楽しみが増えたーーーheart04

また詳細がわかりましたらこちらでもお知らせいたしますnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」東京国際映画祭にて上映決定!!

12月公開予定、光石研さんご出演の映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」が、第23回東京国際映画祭 日本映画・ある視点 オープニング作品として、上映されることが決定しました。

第23回TIFF 出品作品決定のお知らせ(日本映画・ある視点)

なかなか上映時期が決定しなかったので、もしやTIFFでかかるかな~と思っていたら、やっぱりでしたね。

オープニング作品ということは、10月23日(土)に上映ということでしょうか。
舞台挨拶のご登壇者も気になるところです。

チケットは、10月9日より、チケットぴあ、ローソンチケットにて発売とのこと。また詳細情報が入り次第、こちらでもお知らせしますね。

加瀬亮くんご出演の「海炭市叙景」に行こうかと思ってたのですが、土曜日に上映だと確実に行かれるし、こっちに行こうかな~note(って、両方行けばいいじゃんって話ですがsweat02)

この発表に伴ってか、映画の公式サイトも更新されていましたよ。

新たにキャストページがUPされて、光石さんの役どころも判明。

鬼頭(アルコール病棟 患者) 役

とのことです。

この(アルコール病棟 患者)チームの面子が素晴らしい件。

やっぱり早く観たいからTIFFのチケット頑張ってみますdash

それから、「マザーウォーター」の公式サイトもトップページがリニューアルされていました。

光石さん、今度はジンくん(永山絢斗くん)とのツーショットでしたheart04

こちらは、ぼちぼち完成披露試写会の情報なんかも入ってこないかな~とチェック中ですが、今のところ収穫なし。

そおそお、ズームイン!!サタデーで「土曜のマザーウォーター」という宣伝コーナーが先週土曜から始まっている模様。初回はもたいまさこさんと日テレアナウンサーの方のトークだったみたいです。今週の土曜からチェックしてみます。

それからそれから。。。

このところブログの更新をちょっとサボり気味だったので(またまたお店屋さん準備中なのですsweat01)、先週から今週にかけてTwitterで見つけたミツケン情報を少し。

○9月7日辺りに「十三人の刺客」の試写に行かれていたらしい。映画パーソナリティの伊藤さとりさん(よく舞台挨拶の司会をされている)と席が隣だったらしい。

○9月8日小林聡美さんご出演の舞台「ハーパーリーガン」を観劇されたらしい。

○9月9日東京駅のグランスタのお弁当コーナーで撮影をされていたらしい。

○9月10日北海道行きの飛行機にご搭乗されていたらしい。

○今朝の前田健さんのツイートより、今度マエケンさんとお仕事でご一緒されるらしい。

こうしてみると、Twitter恐るべしsign03ですねsweat02

でも、こういう目撃情報を見つけると、やっぱりドッキーンheart02としちゃうもんですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

「神様ヘルプ!」初日舞台挨拶レポート

9月11日に賀来賢人くんご出演の映画「神様ヘルプ!」の舞台挨拶付き上映に行って参りました。

この映画、8月に渋谷シネクイントで先行上映があり、初日舞台挨拶も行われましたが、その際は賀来くんのご登壇がなかったので行かず仕舞い。
今回は賀来くんがご登壇ということでチケットを取りました。かっくんファンの長女も連れて行ってあげたかったのですが、ホラー映画なので断念coldsweats01

では早速舞台挨拶のレポを。。。

<映画「神様ヘルプ!」初日舞台挨拶 シネマート六本木 シアター3 9月11日18:20の回上映前>

登壇者:加藤和樹さん、賀来賢人さん、佐々木詳太監督

今回の司会は八雲ふみねさん。
八雲さんって、ホラーとかミニシアター系の司会が多い気が。。。

司会の方から諸注意の後、キャストと監督が下手側前方入り口からご登壇されました。並びは上手から八雲さん、加藤さん、賀来くん、佐々木監督の順。狭い劇場なので、客席と舞台が近いsign03私は後ろの方の席でしたが、顔の表情までちゃんと見えましたnote

かっくん、髪切ってからは初見。濃いグレー系のストライプ?チェック?柄(さすがに柄まではわからなかったsweat02)のスーツに白地に黒のドット柄シャツで大人っぽい感じでした。

劇場に入る時などに、「和樹さま」「和樹さま」って言ってるお客さんが多かったので(「サマ」付けなのね)、加藤さんファンの方が多い印象を受けたのですが、いざご登壇されると「かっくーん」の声援も聞こえてきましたsmile

<まずは最初のご挨拶>

加藤さん「アツオと佐藤役を演じた加藤和樹です。今日はありがとうございます。始まる前にボクらのトークで、この作品をより楽しんでいただけるように頑張りますのでよろしくお願いします。」

賀来くん「小橋役の賀来賢人です。。。そうですね。。。最後まで楽しんでください。」(客席から「かっくーん」の声援が)

佐々木監督「監督をしました佐々木詳太です。今日は沢山の方に来ていただいて嬉しいです。ありがとうございます。」

ここで、司会の方から「既にもうこの映画を見られた方は?」と質問があったのですが、ほとんどの方が手を挙げられてました。リピーター多し。

続いて「我こそは一番回数を見た方っていうのは。。」の問いに、監督が「はーい」(笑)

でも編集段階で何度も見たという以外に、監督はシネクイントで4回も見たそう。

シネクイントでの公開から今まで、何度も舞台挨拶やトークイベントが実施されているというお話で、加藤さんから「今日は賀来くんが舞台挨拶初登場です」と紹介があり客席拍手。

<演じられた役柄について>

加藤「予告見ました?予告見ると怖い感じになってると思うんですけど、そんなに怖くない。」(客席から「怖い」の声)「え?怖い?」(笑)
「その怖い担当がボクだと思うんですけど。アツオと狂気に満ちた佐藤の間の魂の移動みたいのが沢山あって、それを意識しちゃうとわからなくなるので、素直に映画のストーリーを追ってください。そうすれば、気持ちよーく終われる。(笑)さらに、『もう一回見たい』という衝動のまま終われると思います。」

<殺人鬼をやってみてどうだったか>

加藤「楽しかったぁ…」(会場笑)「演じた後は疲労感があるんですけど、やってる時は、男の子だったらわかると思うけど、刀とか拳銃とか…ボクのはナタだったんですけど(笑)…テンションが上がりますね。思いのままに振り回すという。。。」

司会「加藤さんが怖い担当だったら、賀来さんは?」

賀来「ラブ担当ですね。爽やか担当。」(笑)

司会「爽やか担当として気をつかったことは?」

賀来「んーなんだろう。。。制服を着こなすことですかね。」(笑)

うんうん、制服、ムリなく似合ってましたheart01

賀来「あとは、なおちゃん(佐津川愛美ちゃん)との距離感。『タッチ』をイメージして(監督とうなづき合う)、終始キュンキュンくるように演りました。楽しかったですよ、色んな意味で。」(笑)

「色んな」については「ヒミツ」だそう。

<撮影中、監督がキャストと意見交換をした話>

加藤「ボクの演じたアツオがよくわかんなくて(笑)。そこの相談はめちゃくちゃしました。」

賀来「(監督は)なおちゃんばっか追っかけてるから(笑)」「ボクの芝居は佐津川さんがひっぱってくれる役だったので、それについて行きました。」

賀来「(監督と)雑談はしましたよ(笑)。ディズニーランドとディズニーシーどっちが好き?とか」(笑)「結構答えづらい。。どっちでもいいわ、みたいなこと。」(笑)

監督「ボクはディズニーランドが好きで、その中でもイッツ・ア・スモール・ワールドが好き」(会場大笑)

かっくんは、そんな監督を「結構シカトしてた」そう。

<リピーターの方に観てほしい所>

監督「ボク、あるんですけどぉ」

加藤「ちょっと待ってもらっていいですか?」「なんか画鋲みたいのが(服に)刺さってる…」(会場驚&笑)

監督「降りてきたね、笑いの神sign03

加藤「思わぬ役者さんたちのリアクションというか、セリフを言っている人だけでなく、それを受けるリアクションが面白いので。。ボクのすごい技も出てるし。」(どれのことだろ?)「あとは佐藤めぐみちゃんの変な動きとか。」

賀来「自分も撮影中には気付かなかったことで、実際の映像を見て『こうなってるのか』と気づいたこともあったので、観てない方ももう一回観たいと思うし、観た方も新しい発見があると思います。」

司会「観れば観るほど新しい発見があるということですね。」

賀来「そういうことですsign03」(力説)

監督「お化けを怖がっている設定の人がお守りを沢山つけている中で、背中にも付けているところとか、その人が持ってる映画のチケットがハリウッド映画をパロったタイトルになっているところとか。出てきたらすぐわかると思うんですけど。」

司会「名前は伏せてますけど、笑い担当の方がいらっしゃるんですよね。今日は怖い担当とラブ担当の方に来ていただいてますが。。。笑いあり、ホラーあり、盛りだくさんですよね。」

加藤「あ、笑いで思い出したんですけど、一か所佐津川さんが笑いを堪えてるシーンがあります。」

司会「賀来さんはご存知でしたか?」

賀来「え、知らないです。」(ラブ担当としてはちょっとジェラシーモードsmile)

<最後に一言>

加藤「個性的な登場人物が最初バラバラなんですけど、皆が最後に繋がる気持ちよさがあるので、楽しんでください。」

賀来「色んな要素が詰まっていて、いい意味で忙しいスピーディーな映画になってると思うので、楽しんでください。ありがとうございました。」

監督「テンポが速いので、何も考えないで観て、またもう一回観ていただければ嬉しいです。」

以上で、終了となりました。

加藤さんは淡々とした話し方だけど、トークが面白くて素敵でした。この映画を観るまで存じなかったのですが、ジュノンボーイ→テニミュ→仮面ライダーというその道の王道を行かれてる方で、ファンの方に「サマ」付けで呼ばれるのもよくわかる感じ。

かっくんは、加藤さんがトークを引っ張ってくれているせいか、若干お話し少なめだったかも。「ソフトボーイ」の時は永山くんがあんまり喋らないから頑張って話してる感があったけど。

監督はすごい若いお兄ちゃんでした。格好も。実際はどうなんだろsign02

さて、映画の方はといいますと。

観る前はホラーだから怖すぎたら嫌だな~と思っていたら、全然怖くありませんでした。

どちらかと言えば笑いの要素が多かったです。しかもかなり笑えた。
それとかっくん&佐津川愛美ちゃんのラブ要素が、可愛らしくてキュンキュンきて、最後はちょっと感動weepそういえば、佐津川さん、来週公開の「nude」にもご出演ですよね~。2週連続でご出演作鑑賞、しかも来週は舞台挨拶だから生・佐津川ちゃん予定。楽しみnote

佐藤二朗さんやキムラ緑子さんもご出演されていて、何気に脇が豪華。

和樹さまファンの方はもちろん和樹さまを堪能できると思うのですが、私はかっくんを堪能したというよりも、

佐藤二朗さんを堪能

しましたcoldsweats01

相当笑った。

しかも家に帰って録画した「ハンマーセッション」を見たら、またまた映画と同じような刑事役で二朗さんがご出演されていて、さらに堪能してしまった。その日は軽く「佐藤二朗祭り」でした。普段の二朗さん見てみたいな~。今度は舞台挨拶、二朗さん狙いで行こうsmile

それから悪魔役の松田悟志くんが存在感ありました。どこかで見たよな~と思ったらドラマ「スマイル」に出てたんでした。こちらも仮面ライダーご出演歴ありの俳優さん。「龍馬伝」にも出てて、10月からの朝ドラマ「てっぱん」にもご出演だそう。今後のご活躍が気になります。

正直、賀来くんの舞台挨拶目当てで行ったので、映画にはそれほど期待していなかったのですが、思ったより楽しめました。

そおそお、主題歌が昔チェッカーズが歌っていた「神様ヘルプ!」を加藤さんがカバーしたものなんですけど、自分が小学生の時にチェッカーズファンだったことを思い出しました。な、懐かしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

映画「十三人の刺客」初日舞台挨拶決定!!

9月25日(土)公開、光石研さんもご出演されている映画「十三人の刺客」の初日舞台挨拶が決定しました。

光石さんのご登壇はありませんが、一応関連情報でお知らせしておきますね。

<「十三人の刺客」初日舞台挨拶詳細>

日時:  9月25日(土) 8:55の回 上映終了後

場所: TOHOシネマズ 日劇 (東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン)

登壇者: 役所広司 さん、 山田孝之さん、三池崇史監督(以上予定)
※他の登壇者は現在調整中とのこと。

チケット販売方法:はがきでの応募・抽選による当選者への劇場窓口販売、または初日舞台挨拶特別抽選販売

(「悪人」もそうでしたけど、最近転売防止策なのか抽選販売が多いですねsweat02)

※チケット販売についての詳細はこちら↓

映画「十三人の刺客」初日舞台挨拶決定!

完成披露試写会の時のご登壇者があまりに豪華だったので、初日も期待しておりましたが今のところずいぶん少ないですね~。これから増えることを期待して、一応まずはハガキで応募してみました。

それにしても上映時間が早いな~sweat01でも早起きがんばるので当たりますよーにshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

ドラマ「Q10」放送開始日決定!!

今「DON」を見ていたら、光石研さんご出演のドラマ「Q10」のスポットCM(佐藤健くんとダベアがご出演)が流れましたsign03

それによりますと、

10月16日(土)から放送開始

だそうです~note

やったーーーhappy02

今週土曜の「美丘」の後にPRスポット流れたりしますかね~sign02
ミツケン映像は期待薄な気がしますけど、チェックしてみます。

そおそお、今週水曜の「ホタルノヒカリ2」の後は、新・水10ドラマ「黄金の豚」のPRスポットが流れたんですよ。こちらはメインキャストの皆さんが映ってて、カッコよかったですよ(特に岡ちんheart04洋ちゃんも出るしnote)。さらにキャストのインタビュー動画も既にUPされていました。現時点では篠原涼子さんと岡田将生くんと大泉洋さん。いいな~。早く「Q10」も光石さんとかっくんのインタビュー動画とか上げてほしい。。。

ちなみに「黄金の豚」は「カイジ」の監督でお馴染、佐藤東弥さん演出ですよnote

次クールは日テレドラマが見逃せませんね~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 9日 (木)

9月です!!

大事なことを書くのを忘れていましたsweat02

皆さま、9月ですsign03

9月と言えば、

26日は光石研さんのお誕生日ですよーnote

ご存知かとは思いますが、プレゼントやファンレターの宛先はこちらです↓

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-15 JPL6F
有限会社鈍牛倶楽部

光石研さん 宛

お誕生日月にご出演作が続々と公開なので映画の感想やら、10月クランク・インの主演作応援コメントやら、愛のメッセージやらどしどしお送りしちゃいましょーnote

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラジオドラマ「10分の幸せものがたり」総括

これまた既に先月のお話。

光石研さんが8月にゲスト出演されたラジオドラマ「10分の幸せものがたり」(毎週日曜朝7時10分過ぎ~)ですが、8月29日で光石さんご出演分の放送が終了となりました。

1話目だけは放送終了直後にUPしたのですが、2話目以降は感想等をまだUPしていなかったので、今更ですが総括しておきます。

●8月1日(日)放送 「酒の肴」

既にUP済。こちらに感想など→ラジオドラマ「10分の幸せものがたり」ご出演!!

●8月8日(日)放送 「亭主の災難」

この日は、岩下さんご夫妻のお話。

ご主人の徹さんを光石さん、妻の紀子さんを市毛良枝さんが演じられました。

お盆休み初日の朝、小田原のお姉さん宅を訪ねる予定だったが、夫は起きてこない。
前日もいつものように飲みに出かけて午前3時に帰宅したらしい。
自分のゴルフの予定の時ははりきって起きてくるのに、なかなか起きない夫に紀子さんが腹を立てていると、徹さんが足が痛いと訴えながら起きてくる。。。というお話。

これ、めちゃくちゃわかりますーーーsign03

ウチのオットも、例えば私が体調悪いから早く帰って来れない?と頼んでも、なかなか帰って来ないのに、自分のゴルフの前日だと仕事をさっさと切り上げて早く帰ってきたりするんですよannoyなんなんですかねぇpoutと妙に紀子さんに共感してしまいました。

ま、それはさておき。

設定が夫婦のお話で一番リアルで身近っていうのもありますが、私は全5回の中で、この回の光石さんが一番好きかも。痛がるお芝居とか、ちょっと情けない感じとかって光石さんハマリ役なんですものsmile

しかも、「痛風」って。

光石さんが以前「2クール」にご出演された時に、小林聡美さんたちとのお話の中で「痛風疑惑」ってありましたよねsign02ホントはただの「歩きすぎ」とかだったみたいですけど、膝が痛くて痛風になったかと思ったって。勝新太郎さん風の話し方でsmileあのお話を思い出して、ますます面白くなっちゃって。

いつも好きに飲みに行ってばかりいるご主人が、好きなものも食べられず(「さようなら、寿司屋よ…」とか言ってるのもまたヨイ)、どこにも出かけられなくて家でシューンとなっちゃってる姿を見て、ちょっと口元がゆるんじゃう奥さんの気持ちもすごくわかる気がするしdelicious

市毛さん演じる奥さんの嫌味も愛情が感じられるというか、可愛らしくて憎めないし、そんな、家でちっちゃくなって文句を言ってるご主人役の光石さんもとっても可愛かったです。

●8月15日(日)放送 「遠い日の西瓜」

両親を看取り、娘たちは嫁ぎ、ご主人も亡くなって1人暮らしの藤堂雅代さんと、近所に住む弟・青木公平さんのお話。

光石さんは1人暮らしの雅代さんを気遣って、時々顔を出してくれる優しい弟さん役でした。

雅代さんの家に夏休みで娘さん家族が遊びにやってくる日、弟の公平さんから電話が来て西瓜を持って来ると言う。

西瓜を届けにやってきた公平さんと、西瓜にまつわる思い出を話す雅代さん。
毎年夏休みになると西瓜を持ってお父さんを訪ねてくる戦友の茂木さんのことや、お父さんが戦地で食べた西瓜のこと。

終戦記念日の放送らしい、少し切ないお話でした。

●8月22日(日)放送 「次長のスキル」

大手情報システム会社の開発部から仙台にある子会社の事業所に出向になった杉本政道さんと、パートの主婦・島岡直子さんのお話。

この回は、オープニングが可笑しくて。

本社からこの子会社の事業所に出向になった事情を独り言のように語っている杉本さん、完全に自分の世界に入っていて(BGMは「不毛地帯」みたいな曲だしsmile)、島岡さんがやってきて声をかけても全く気付かない。島岡さんが大声で「次長sign03」と呼ぶと、やっと気づいて

「あ、あぁ、あぁ?」と我に帰る杉本さん。

イイっheart04このズッコケ感が光石さんらしくてたまらない。。。lovely

パート主婦に囲まれた慣れない職場に戸惑う杉本さんが、ベテランパート主婦の島岡さんのアドバイスを聞くうち、だんだんこの職場で上手くやっていく方法を見出していく…というストーリーでした。

このお話の光石さんも好きですheart04

●8月29日(日)放送 「あなたに会えた日」

ご主人と共にイタリア料理店を営む根本芳子さんと、20年前に失踪した従弟の森守さんのお話。

芳子さんのイタリア料理店は雑誌に紹介されて以来大忙し。つかの間の休憩時間に守さんがやって来た。守さんは、イベント会社を設立したが事業に失敗し、親戚たちから借金をして20年近く姿を消していたのだ。芳子さんもお金を貸していた1人。

守さんは、職を転々としていたが、今は友人の紹介の運送会社で働いて、アパートに住み生活も落ち着いたようだ。ずっと音信不通だったが、雑誌で芳子さんの店をみつけて、お金を返しに来たのだった。

芳子さんが小さい頃、守さんがいじめっ子たちから守ってくれた思い出などを話して、お金はちょっとつずつ返すと言い残し、あっという間にその場を去って行った…というお話でした。

私個人としては、守さんが芳子さんのことを

「よしこちゃん」

って呼ぶのと(私も一部の友達から本名じゃないのに「よしこちゃん」と呼ばれている)、

守さんがどこに住んでるの?と聞かれた時に

「阿佐ヶ谷」

って応えたのが、実家が阿佐ヶ谷な私的にはドキドキしましたlovely

って、設定上だからcoldsweats01

それから、番組の最後に

「光石研でした。」

っていうのが毎回嬉しかったheart01普段なかなか聞けないですもんね「光石研でした」なんてlovely

私、よくテレビを「ながら見」していて、あんまりちゃんと画面を観れてなかったりするんですけど、その点ラジオはいいですね。家事をしながらでも聴いて楽しめて。今回の光石さんのラジオ出演で、ちょっとラジオの良さを再認識しました。

ちゃんと録音できたので、今後は手仕事のお伴にしたいと思いますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」12月公開!!

光石研さんご出演の映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の公開時期が

2010年12月上旬

に決定したようです。

公式サイトにてUPされていました。

映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」公式サイト

秋じゃなくなったんですね。でも、冬公開作が2月の「太平洋の奇跡」までないので、冬にも楽しみが増えてよかったです。

話は違いますが。

いよいよ今週末公開の「悪人」、盛り上がってますねnote

深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞されてから、毎日テレビで「悪人」の映像を見ない日はありませんもの。

映画番組でも軒並み紹介されていて、しかも評価が高いsign03

何気にこれから観る秋公開作の中で一番期待してる作品かも。

初日の舞台挨拶は深津さんがトロフィーを持っていらっしゃるって噂もありますよねflairチケット取りづらそうなので(光石さん来ないし)、今回は行くつもりがなかったのですが、こんなことならチケット頑張って取ればよかったな~downま、その模様はテレビで見るとしましょう。

それから、「悪人」はこんな関連グッズも出ていますよ。

こちらは、撮影ドキュメントDVD↓

妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD] DVD 妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月 [DVD]

販売元:SMR(SME)(D)
発売日:2010/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらはフォトブックです↓

映画「悪人」 フォトストーリーブック Book 映画「悪人」 フォトストーリーブック

販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちょっと欲しい気もしますが、この映画の予告や紹介映像、宣材に関しては光石さんの露出が全くないからな。。。もし書店で見つけたらちょっとチェックしてみよnote

ちなみに公開初日は賀来賢人くんの「神様ヘルプ」の舞台挨拶取っちゃったので、週明けか水曜のレディースディにでも観に行く予定ですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

映画「トイレット」初日舞台挨拶レポート

もう先月のことになりますが、映画「トイレット」の初日舞台挨拶付き上映に行って参りました。

今更感が漂ってますがsweat02、舞台挨拶レポと映画の感想です。

<映画「トイレット」初日舞台挨拶 新宿ピカデリー 8月29日12:20の回上映後>

登壇者:もたいまさこさん、タチアナ・マズラニーさん、荻上直子監督

上映終了後、司会の方(今回は柴田玲さん)から諸注意の後、上手側舞台袖から3人がご登壇されました。

荻上監督のトップスも、もたいさんも白シャツも、凝ったデザイン可愛いheart04さすが~shineタチアナさんはすごく若~い、映画で観るより可愛い~heart04

お写真ありました↓
『トイレット』初日舞台挨拶で、もたいまさこがサボテン役に立候補?(Walker plus)

<最初のご挨拶>

もたいさん「みなさま、こんにちは。こんなにたくさん来てくださってありがとうございます。皆さん観終わった方だと思うんですけど、笑顔で迎えてくださって、きっと楽しんでくださったんだなと思って、ドキドキ温かい気持ちになっています。ほんとに今日はありがとうございます。」

この時、司会者の方が、客席前方にもたいさんのお顔を描いたウチワを持って振っているお客さんがいらっしゃるのをご紹介。「猿ロック」の市原隼人くんの時は客席にウチワいっぱいでしたが、もたいさんにもsign03いいな~私も作っちゃおうかな~smile

もたい「ありがとうございます」

タチアナさん「ドーモータチアナデスー。ドウゾヨロシク。エイガ、タノシカッタデスカ?」(客席拍手) 「Thank you very much for coming.」(の後、通訳の方が日本語で。)

荻上監督「今日は暑い中たくさんの方に来ていただいてとても嬉しいです。ありがとうございました。」

この後はざっくりで。

タチアナさんはこの日の舞台挨拶で渋谷から新宿にバスで移動してきて、渋谷の街を車窓から見て、一か所にこんな沢山の人がいるのにビックリしたそう。「早くショッピングに行きたい」とも。

荻上監督、オール・カナダロケについて、「かもめ食堂」の時のフィンランドではスタッフがのんびりしていて最初の2、3日はイライラした(笑)が、カナダのスタッフは日本人と同じように動いてくれて働きやすかった。

もたいさん、セリフがほとんどないことについて、「台本を初めていただいた時、『ラッキーsign03』って思いました」(笑)

荻上監督、ばーちゃん役はもたいさんにあて書きしたそう。タチアナさん演じるリサ役については、監督と同じ末っ子で自分を投影している部分もあるそう。

タチアナさん、日本の文化が含まれた映画の内容について感じたこと。「この映画でも文化の違いが描かれている部分はあるが、どこの国でも人間は同じことをしているなと思った。例えば映画では餃子を作ったが、そのように家族で集まって食事を作って食べたり。家族同士の付き合い(特に祖父母と孫の関係)も同じだなと思った。」

もたいさん、現場での荻上監督について、「頼もしくて、指示が的確で、ビルの一棟でも建てちゃうんじゃないかっていうくらい男前」(会場笑)

よくキャストの方などのインタビューを読んで、荻上監督=「男前」ってイメージがあったのですがcoldsweats01、舞台上にいる荻上監督はとっても可愛い方でしたよ。

タチアナさん、エアギターのシーンについて、「すごく練習した。でもとにかく楽しかったnote仕事でこんなに楽しい経験をさせてもらっていいのかと思うほど。いい経験でした」

もたいさん、タチアナさんのエアギターについて、「ほんと、最高でした、クールgood(劇中と同じセリフ・ポーズで)」(会場拍手)「タチアナががんばってくれたので。。」

司会「それは、ばーちゃんのお財布も開いちゃうって感じですか?」(会場笑)「いくらでももってけって」(笑)

監督、全編英語の作品を撮り終えて、「今回は外国で、母国語でない言葉で撮って、なんとなくわかりかけてきた自分のカラーを一本通せるかというチャレンジだったんですけど、チャレンジしてよかったなと思いました。満足しています。」
司会の方に次はどこで、と聞かれ、「次はメキシコとかで一日中ずーっと酒飲みながらとか…そういうのもアリ?」(笑)

もたい「じゃ、その時はサボテンの役かなんかで…」(笑)

<最後に一言>

もたい「今日はありがとうございます。面白かったよって他の方に言う時は最後に私が○○○るシーンだけ(ネタバレなので伏せます)は伏せといていただけると…いいんじゃないかなって思います。まさか最後にあんなことになるとは。でもまたそれも楽しいかなって今は思ってます。ほんとに今日はありがとうございました。」

タチアナ「今日はありがとうございました。今回日本の皆さんにお会いできて本当に嬉しかったです。」

監督「今日は暑い中ありがとうございました。もし(劇中の)餃子を作ってみたいっていう方がいらっしゃいましたら、パンフレットにレシピが載っているので買っていただけたらと思います。」(笑)

ここで、カナダから来日中のこの映画のスタッフの方2名がご登場&ご挨拶。

で、終了となりました~note

その後、フォトセッションが行われました。カメラマンさんたちから、劇中の「Cool !!good」ポーズの発注が多かったですsmile

映画の方は、すごーーーくよかったsign03期待以上sign03

「かもめ食堂」「めがね」が好きで、監督が代わって「プール」になってほとんどシリーズ化してるあの作風なのかと思って観たら、これは違ってて。言葉は通じないけど、だんだん通じ合っていく祖母と孫たちの交流に心動かされまくりました。

ずーっと、なんでもないシーンでも胸がいっぱいになっていて、

そんなところに、終盤、もたいさんが一度だけ声を発するシーンがあって、その一言に涙が溢れてしまいました。

孫3人もいいキャラで皆好きになりました。

ホントに皆好きだけど、特にモーリーが亡きお母さん愛用の足踏みミシンでスカートを縫って、それを履くことでアイデンティティを取り戻して、パニック障害でしばらく弾けなかったピアノに向かう姿には感動しました。「欲望に理由も求めるなんて無意味だ」ってセリフにも救われた気がしたし。

スカートも可愛かったし、モーリーのお洋服が可愛かったです。ちょっとこのシリーズに出てくる加瀬くんみたいな背格好で、荻上監督ってこういう男の子が好きなのかな~と思いましたsmile

あとは、繰り返される「3000ドル」、「エアギター」のモチーフに笑いのツボを突かれました。

また観たいです。

この映画を観て、私、「かもめ食堂」からのあのシリーズが好きというよりは、荻上直子監督作が好きなんだな~と。次回作も楽しみです。

いや、でももちろん観ますよ、「マザーウォーター」もcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

ドラマ「Q10」スタッフ日記オープン

10月から放送開始、光石研さんご出演のドラマ「Q10」ですが、9月2日よりスタッフ日記がオープンしました。

Q10 スタッフ日記

早速、昨日はクランクインの様子がUPされていましたnote
まずは主演の佐藤健くんと柄本時生くんが撮影に入られたみたいです。

今後、光石さんもご登場されると嬉しいな~と思いつつ、チェックしたいと思いますwink

連ドラって、こういう情報がオンタイムに入ってくるからいいですね~shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOTO雑誌広告

昨日、ママ友達から今月号の「mart」に出てたよ~という写メールが。

20100903174344 

おーheart04

早速実物を見せてもらいました。この号です↓

20100903174417

表紙をめくって、すぐの見開きに、じゃじゃーんshine

20100903174333_2

おーheart04

20100903174407

おおーーheart04

ちなみにこの号には、荻上直子監督がTOTOの広告ページにご登場されていました。

さらに電車でもこのCMが流れているとか。。(有楽町線での目撃情報ありがとうございましたheart04>琥珀さん)

TOTOさん宣伝に力入ってますね。

他の雑誌にも広告出てるかも…特にターゲットは主婦雑誌sign02
チェックしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 2日 (木)

映画「悪人」「十三人の刺客」特番

9月公開の光石研さんご出演映画「悪人」と「十三人の刺客」の公開記念特別番組の放送が決定しました。

●映画「悪人」公開記念特番「妻夫木聡が語る「悪人」の全て」

放送局・放送日時
※放送日時は予定のため予告なく変更する場合があるそうですのでご了承ください。

それにしても、なんでこれ関東地区の放送がないんでしょう。。。shock

■北海道
北海道テレビ HTB 9月10日 金 24:45~
■青森
青森テレビ ATV 9月4日 土 10:30~
■岩手
岩手めんこいテレビ MIT 9月4日 土 16:00~
■宮城
仙台放送 OX 9月11日 土 26:20~
■秋田
秋田放送 ABS 9月4日 土 14:25~
■山形
さくらんぼテレビジョン SAY 9月5日 日 13:00~
■福島
福島中央テレビ FCT 9月6日 月 25:58~
■新潟
テレビ新潟 TENY 9月4日 土 16:25~
■長野
テレビ信州 TSB 9月4日 土 16:25~、9月25日 土 26:50~
■静岡
静岡第一テレビ SDT 9月11日 土 25:20~
■山梨
山梨放送 YBS 9月10日 金 26:23~
■東海
メ~テレ NBN 9月10日 金 25:29~
■富山
富山テレビ BBT 9月11日 土 25:55~
■石川
北陸朝日放送 HAB 9月10日 金 25:35~
■福井
福井放送 FBC 9月9日 木 26:35~
■大阪
読売テレビ YTV 9月6日 木 26:08~
■広島
広島テレビ HTV 9月13日 月 26:34~
■岡山・香川
西日本放送 RNC 9月9日 木 24:38~
■島根・鳥取
日本海テレビ NKT 9月6日 月 25:44~
■山口
山口放送 KRY 9月8日 水 24:59~
■愛媛
愛媛朝日放送 EAT 9月4日 土 15:55~
■高知
テレビ高知 KUTV 9月5日 日 15:00~
■福岡
テレビ西日本 TNC 9/11 土 26:40~
■佐賀
サガテレビ STS 9/5 日 16:00~
■長崎
長崎文化放送 NCC 9/5 日 16:55~
■熊本
テレビ熊本 TKU 9/5 日 15:00~
■大分
テレビ大分 TOS 9/4 土 16:15~
■宮崎
宮崎放送 MRT 9/5 日 13:30~
■鹿児島
鹿児島テレビ KTS 9/5 日 13:00~
■沖縄
沖縄テレビ OTV 9月4日 土 10:30~

ご覧になれる地区の方はぜひチェックしてみてくださいね~note
んで、もし光石さんが映っていたら教えていただけると嬉しいです。

●映画「十三人の刺客」世界進出SP 世界と戦う男たち13人

■テレビ朝日
9/24(金) 午前11:00-午前11:55
9/24(金) 午後03:40-午後04:30
9/28(火) 午前09:25-午前10:15
9/29(水) 午前10:40-午前11:30
9/29(水) 午後05:00-午後05:55
9/30(木) 午後02:50-午後03:40

●映画「十三人の刺客」ヴェネチア国際映画祭密着SP サムライムービーが世界に挑む!

■テレビ朝日
9/20(月) 午前11:35-ひる00:00
9/30(木) よる11:00-よる11:30

光石さんのインタビューなんて高望みはしませんから、せめて役柄紹介とか、劇中のお姿だけでも映っていることを期待してshine見てみますdash

ちなみに「十三人の刺客」はテレビ朝日系列ですので、その他「やじうま」「スマステ」「徹子の部屋」「ぷっすま」なんかでも特集や関連ゲストのご出演があるかな~と。「悪人」はテレビ局が出資してないんですよね。珍しい。。。各局まんべんなくチェックしてみます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

「CINAMA SQUARE」永山絢斗くんのインタビュー

「マザーウォーター」公式サイトには、まだメディア情報が上がってないのですが、ボチボチ色んな雑誌等で「マザーウォーター」絡みの記事が掲載され始めている今日この頃。。。

今日も書店に寄ったついでにあれこれチェックしてまいりました。

そんな中、「悪人」の妻夫木聡さんと李相日監督のインタビュー目当てで手に取った雑誌「CINAMA SQUARE」に、「マザーウォーター」にご出演の永山絢斗くんのインタビューが掲載されていました。

そちらによりますと、今回がっつり共演された光石研さんについて、

「光石さんは色んな作品に出られてて、いいなぁと思っていたのですが、正直"怖い人かな?"と(笑)。でも全然そんなことはなくて、素敵な方でしたね。京都の町でバッタリ会って、ご飯に連れて行ってもらったりしました。」

とのこと。

「素敵な方shine

でしょでしょ~lovely

でも、今回の共演者で誰にいちばん魅力を感じたか?の問いには、

「もたいさんsign03」(即答)

だそうです。

sweat02そこは、光石さんじゃないのねcoldsweats01

その他、光石さん演じるオトメさんと絢斗くん演じるジンの関係性が、映画の中で最後まではっきり明言されていないことに対して、「ちゃんと設定はあるけど、言わない方がいいと思う。」というお話とか。

今回の現場は女性が強くて男性陣はやや肩身が狭かった(男子チームだけで飲んだこともあったそう)というお話とか。

映画の中のお料理(またまた担当は飯島奈美さん)が美味しかったというお話では、どうやら劇中で光石さんと親子丼を食べているらしいことが書いてあったり(しかもめちゃくちゃ美味しかったらしい)。

ちなみに、自分の出演していないシーンで聡美さんと加瀬くんが食べているビーフカツレツも、現場を見学に行った時食べて美味しかったそうです。
このシリーズ、お料理も楽しみなんですよねnote

これからますますこの手の記事が色んなところに掲載されると思うので、チェックしていききますねーshine

もし光石さん関連の記事をご覧になった方がいらっしゃいましたら、教えていただけると嬉しいですnoteよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »