« 映画「マザーウォーター」公開日決定!! | トップページ | 舞台「LOVE LETTERS」パンフレット発売!! »

2010年6月22日 (火)

映画「ソフトボーイ」初日舞台挨拶レポート

6月19日(土)に映画「ソフトボーイ」の舞台挨拶付き上映に行って参りました。

なぜに「ソフトボーイ」かと申しますと。

現在放送中のドラマ「タンブリング」を毎週欠かさず見ている我が家、このドラマで娘2人と私がすっかり日暮里クンファンになってしまいまして。

娘たちは初めから「日暮里クン、面白いsign03」と言っていたのですが、そもそも瀬戸康史くん西島隆弘くん目当てで見始めた私ですら、賀来賢人くん演じる日暮里クンに目が行ってしまう程。

そして、たまたま「タンブリング」放送中に「ソフトボーイ」のCMが流れ、長女が「これ観たい~sign03」と切望、見るなら生・かっくんheart04ということで急遽チケットを取ったのでした。

こんな理由で観た「ソフトボーイ」でしたが、これが大当たりsign03すごく良かったです。
笑えるし、泣けるし、とにかく感動してしまいました。今年上半期観た映画の中で私的ベスト1といってもいいくらい。ま、かっくんファン目線でかなりひいき目でのベスト1ですがcoldsweats01子供と一緒に楽しめるという点でもよかったです。

ソフトボール部の顧問の先生役でご出演の大倉孝二さんもすごく面白かったし、堀部圭亮さんが2シーンだけ部員のお父さん役でご出演だったのですが、ヘアスタイルとその存在感でしっかり笑いを取ってました。堀部さん、最近めちゃくちゃ映画もドラマも出てますよねぇ。

永山絢斗くんは、「ライアーゲーム」の時はあまり存在感がなかったのですが、逆に今回はその存在感が合った役といいますか、賀来くんがカリスマ性のある役だったので、それに上手く対比していてよかったです。あと、兄ちゃんと声がそっくりsign03

賀来くんは、「タンブリング」でも後ろの方にちっちゃく映ってるだけでも目がそっちに行っちゃう存在感なのですが、この映画ではそれがさらに良く出ていてめちゃくちゃ魅力的でした。
最後の試合のシーンの決めセリフでは、涙がどーーーーっと出てしまった。こんなのは「川の底からこんにちは」の満島ひかりちゃんの時以来の感動だsign03(って、結構最近ぢゃんsweat02)
でもなんだろう、あのノグチの不屈の底力は。。。ホントに感動しました。とにかく賀来くんがすごく魅力的に映ってる作品。かっくん、今後の活躍にも超期待shine

あ、そうそう、賀来くんを知らないミツケンファンの皆さま、「Little DJ」で光石さんの息子役を演じているのが賀来くんなんですsign03しかもそれが映画デビュー作。って最近気付いたんですけど。そんなこともあって、かなりな入れ込んでる私coldsweats01

ということで(?)、舞台挨拶レポートです。

<映画「ソフトボーイ」初日舞台挨拶 バルト9 6月19日12:30の回上映後>

登壇者:永山絢斗さん、賀来賢人さん、加治将樹さん、中村織央さん、豊島圭介監督

上映終了後、まずは司会の方がご登壇。司会はお馴染、伊藤さとりさん。

マスコミの方のカメラテストや諸注意の後、上手側の舞台袖からキャストと監督がご登壇されました。やはり、客席からは黄色い声援が。。。かっくんファン率が高い気がしました。

並びは下手側から、豊島監督、加治くん、永山くん、賀来くん、中村くんの順。

お写真あります↓

永山絢斗 :剛腕・上野も特別出演 W杯戦士に「きずなで勝てる」 映画「ソフトボーイ」初日(まんたんウェブ)

この写真、実は管理人母子も写ってますsmile

<最初のご挨拶>

永山くん「こんにちは。オニツカ役の永山絢斗です。今日は予報とは違う。。晴れですね。うれしいですね。。(笑)ほんとにこの日を迎えられて嬉しいです。今日はありがとうございました。」

賀来くん「賀来賢人です。映画どうでしたでしょうか?」(会場拍手)「ありがとうございますsign03
「この映画は去年の夏、僕が完全燃焼したといえる作品で、ほんとに公開が待ち遠しくて、現場もすごく熱かったし、スタッフさんもすごく熱かったし、自信作と自信を持って言える作品です。今日は初日に来ていただいてホントに嬉しく思っております。ありがとうございます。」

加治くん「イシオカ役の加治です。こういう素晴らしいタイミングで皆さんと一緒にこの時間を共有できていることを梅雨で湿気が多いですけど、この映画観て、さわやかになっちゃったんじゃないですか?」(会場笑&拍手)「ありがとうございますsign03
「明日からも楽しく生きていきましょう。」(笑)

中村くん「マツモト役の中村織央です。やっと初日かなという感じで、ずっと撮影が終わってからも(キャストと)仲よくしてて、今回を迎えたって感じなんで。。すいません、言いたいことわかんなくなっちゃったんですけどsweat02
「初日にこんな大勢の方に来ていただいて感動しています。ありがとうございました。」

豊島監督「今日はありがとうございました。去年の9月に撮影して、今年の頭に完成しまして、色々宣伝等がんばってきたんですけど、やっと初日を迎えることができて感無量です。先ほど、舞台袖から(劇中の最後の)試合が始まる前くらいまで一緒に観てたんですけど、皆さん楽しそうに観ていただいて僕らが届けたかったものが届いてるんじゃないかなというのが実感できて感動しています。ありがとうございました。」

<キャスト同士とても仲が良いが、現場は?>

賀来「最初から最後まで、ずーっと仲がよかった。ふざけることはふざけて、シリアスなシーンは一言も発さないで集中してって、メリハリがあった現場だったので居心地がよかったです。」

司会「永山さんはどうでしたか?」

永山「えー。。。。そうですね。。。(しーーーん)」(笑)
「。。。かっくんが今言ったのが。。。言いたいことだったんですけど。。。」(笑)

加治「出たsign01マイペース」(笑)

永山「ホントに、いい緊張感があったし、仲よくなったし、いい現場でした。」

中村「僕はずっと3人の背中を見て演ってたかなっていう。。。この3人の背中見てれば間違いないって」(笑)「仲良くなった部分で助けらたこともあったんで、ほんとよかったです。」

加治「そうだね、まさにその通りだね。」(笑)

<監督に、この映画で伝えたかったことについて>

監督「動機は不純だったけれども、一生懸命夏の何ヶ月間かを本気で過ごしたという話だと思っていて、結果は1点も取れなかったりということもあると思うんですけど、何かに本気で取り組む時間があったら素敵じゃないですか?っいう映画を作りたかったんですけど、そういう映画になってるんじゃないかと思ってます。」(会場拍手)

<撮影中の苦労は?> ※このへんから内容だけざっくりで。

加治くんがボールを投げてストライクを入れるシーンで、12回NGを出したと監督が暴露。それに対して、加治くん「NG12回出してごめんなさいsign03

賀来くんは「僕はもうサラーっと。」(笑)ただ、ノグチのカリスマ性のあるキャラクターを演じるのは難しかったそう。

永山くんは、伊藤さんに聞かれたことに対して「そうですね。。」「普通ですね。。」とか口数少なく返されてました。大変だった点については、「全体的に大変だったんですけど。。」(会場笑)、撮影前からソフトボールの練習をしていたけれど、ボールをこぼすシーンの撮影で、こぼす練習はしていなかったと気づいて(笑)大変だった(sign02)らしい。

中村くんは、フェンスに当たるシーンを4、5回演って、肘に血豆ができたそう。監督から「松本理髪店」「わーっ」のシーンで、リハでは普通だったのに、本番で緊張して汗でビショビショになっていたと言われ、中村くん「あれは。。。ビックリ」。監督「いや、俺たちがビックリでしょ」(笑)でも、かっくんに助けられて「惚れる。。」だったそうです。

ここで、監督から今日のお客さんにスイカサイダーのプレゼントがあるというお知らせがあり、劇中にも出てきた佐賀の友枡飲料さんのスイカサイダーを帰りに1本ずついただけるということでした。他にもトマトやドリアンのサイダーもあるそうです。
監督が飲んだ感想は「スイカの味がしました」(笑)

続いて、映画にモリくん役で出演された坂口涼太郎くんが客席の通路にいらしていて、監督が紹介されていました。すごい個性的ないでたちで。。。かなり客席の笑いをとってました。気になって調べたらブログされてた↓こちらもかなり個性的smile

坂口涼太郎オフィシャルブログ「WELCOME TO GUCCHI'S PARTY!!」

監督曰く「この格好で来てたら、オーディション通ってなかったsmile

さらに、スペシャルゲストで、映画にもご出演されたオリンピック金メダリスト上野由岐子さんがご登場。

上野さん「本日は初日にお越しいただいてありがとうございます。私もこの日を楽しみにしていました。ソフトボールを取り上げていただいて、一選手として嬉しいです。見ていただいた方に『ソフトボーイ』とソフトボールを広めていただけたら嬉しいなと思います。」

上野さん、演技については試合よりも緊張したとのこと。監督から、「ナースルックも何の文句を言わずにやってくださってお世話になりました」。劇中の上野さん、大倉孝二さんのアドリブが入ったシーンではビックリして目が泳いでいるらしい。

最後はなぜか、当日行われるサッカーワールドカップの試合に出場するサムライ・ジャパンへ応援メッセージ。(伊藤さん、時々むちゃぶり的なことするな~。ま、メディアに取り上げられるようにするための作戦的なものもあるんだろうけどcoldsweats01)

上野「優勝候補のオランダとの対戦ですが、勝敗よりも、相手に気持ちで負けない、日本らしさ、きずなで勝てるのが日本だと思うので、そういう一面を見せてほしいと思います。」

伊藤さん「『ソフトボーイ』の代表として永山さんにも。。」(会場笑)

永山「そおですねぇ。。。試合も見ましたし、勝ちましたねえ。。。みんなそれで勇気をもらえたりすると思うから。。。。(会場笑)。。。。今日も頑張ってください」

これでインタビューは終了、最後に、キャストと監督がサイン入りのビニールボールを客席に投げるというプレゼントがありました。かっくんは黄色のボール。客席、超盛り上がりshine

後方の席だった私たちは最初からあきらめてましたが。。。こんなことなら発売日にチケット取っておくんだったなぁ。。。

この後、フォトセッション。今回は客席をバックに撮影とのこと。一旦ご登壇者は退場されて、準備完了後に客席の間の通路にキャスト陣が並んで撮影となりました。

お客さんも手を振って撮影に参加して、終了となりました。

かっくん、退場の際に客席に手を振ったり、最後まで残って客席におじきされてました。いい人だぁshine

出口の所でスイカサイダーをいただいて帰りました。

20100622172208

。。。と、先ほど公式サイトをチェックしたら、既に初日舞台挨拶レポートがUPされていましたsweat02うーーーん、このレポートの意味は?トホホ。。。

|

« 映画「マザーウォーター」公開日決定!! | トップページ | 舞台「LOVE LETTERS」パンフレット発売!! »

賀来賢人くん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/35412422

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソフトボーイ」初日舞台挨拶レポート:

» Nissy―西島隆弘ファースト写真集 |Honey Van & Baby [教えてください]
Nissy―西島隆弘ファースト写真集Honey Van & Baby主婦と生活社... [続きを読む]

受信: 2010年7月16日 (金) 18時53分

« 映画「マザーウォーター」公開日決定!! | トップページ | 舞台「LOVE LETTERS」パンフレット発売!! »