« 映画「カケラ」初日舞台挨拶レポート | トップページ | 「ゲゲゲの女房」撮影見学 »

2010年4月16日 (金)

いよいよ本日!!

今年の1月下旬から3月上旬にかけて上演された光石研さんご出演の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」が、本日テレビ放映されますsign03

CSプレミアムチャンネル フジテレビNEXTにて、夜8時から放送です。

先日、この放送に先駆けて、フジテレビONE、TWOで放送されている「男おばさん+#93」で作・演出の長塚圭史さんをゲストに迎えての特集が放送され、今回の舞台の映像がちょっと映ったんですけど。。

舞台のテレビ放映って、ずっと俯瞰で映っているのかと思っていたら、

光石さんのアップとかあったしhappy02

このテレビ版について、長塚さんご本人も「近くで見られたり、新しい発見がある」と仰っていましたし、番組MCの笠井アナウンサーも「セリフを捉えやすい」と仰っていました。

「男おばさん+#93」での長塚さんのお話も面白かったので、少しご紹介。

笠井さん「(帰国後に上演する)話を作っていたのに、帰国する直前に物語をずいぶん変えたんですって?すごいプロデューサーの人が困ってたって。。」
長塚さん(苦笑い)
軽部さん「それはかなり大きな所を変えた?」
長塚さん「大きな所どころじゃないんですよ。ものすごいストーリーのある、ヨーロッパのある歴史的事件を題材にしたストーリーを作ろうとしてたんです。ところが向こうにいて、ヨーロッパを題材にした芝居を作ることに抵抗が生じてしまって。」
笠井さん「きっかけは?」
長塚さん「それは。。ひとつ夢見たっていう。。。だから夢なのか現実なのかわからない話になってるんです。」

その夢は、

長塚さんが飲み屋である人に大いに批判されていて、これ以上いたらケンカになると思い店を出ようとすると、1人の女性に「見てます」などと声をかけられて、少し話をしていたら、さっき文句を言っていた人が追いかけてきて、「そんな女と話をしているからお前の芝居はつまらないんだ」とからまれ、制止しようとえいっと押したらその人が階段から落ちてしまった。。。

というストーリーだったそうです。

同じだ。。。sweat02

それから光石さん演じる作家は長塚さんご本人を投影しているというお話でした(ま、それはそうですよねconfident)。

公演中しつこいくらい何度も観に行きましたが、劇場で観るのとはまた違った見方ができそうで楽しみですnote

録画して、梨池さんを永久保存版にするぞdash

|

« 映画「カケラ」初日舞台挨拶レポート | トップページ | 「ゲゲゲの女房」撮影見学 »

光石研さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/34249976

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ本日!!:

« 映画「カケラ」初日舞台挨拶レポート | トップページ | 「ゲゲゲの女房」撮影見学 »