« 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」観劇(3回目) | トップページ | 映画『パレード』ヒット祈願パレード »

2010年2月14日 (日)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」東京公演千秋楽!!

本日、光石研さんご出演中の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」の東京公演が千秋楽を迎えました~note

で、昨夜に引き続き、私もしつこく観に行って参りましたよhappy02

開演までの間、恒例の(sign02)客席チェックeye

後ろを振り返ってE~F列辺りを見るなり、荒川良々さんを発見sign03
ニット帽を被って、背中を丸めてパンフをご覧になってました。時々ペットボトルのお茶を飲んだりして。。。良々さんは、いつどこで見ても、画面で見ても生で見ても、お芝居で見てもプライベートで見ても全く印象が変わらない。。。(←誉めてます。)

しばらくすると、その後ろくらいに1人の女性が入ってこられて。。。わー松たか子さんsign03
目立たない格好をされてるけど、オーラ出てました。

その後なんと、その2人飛んだ並びに黒いニット帽の顔が小さい男性が入ってこられて、じーっと見てみたら、堤真一さんsign03しかも、堤さん、松さんに気付いて間の2人のお客さん越し手を伸ばし、松さんをトントン。松さんが気づいて、わーーーsign03って感じで2人で盛り上がってました。

とりあえず、堤ファンのママダチにメール。そういえば以前に映画撮影中の堤さんを偶然お見かけしたことがあったり、何気に堤さん遭遇率が高い。

帰り際には小池栄子さんともすれ違いましたが、めちゃめちゃキレイだった~heart04お顔、テレビで見るより全然小さくてスタイル抜群up

千秋楽とあってか、すっごい豪華な顔ぶれでした。

さて、お芝居の話。

4回目の観劇にしてようやく私なりに納得する解釈ができました。

作家(長塚さんご本人?)の頭の中を覗いている感じ?作家の方ってこんな風に物語を作り上げていくのかな?と思いました。

部分的には本当に起こったことが含まれているのかもしれないけれど、どこが本当でどこが創作なのか。経験とそこから生まれた物語がうずまいている。作風も変わる。昔の作品と新しい作品の間で悩む。

梨池と悦世と満智子の物語は新しい小説の中心人物、男と女、そして刑事たちは以前の作風の作品の登場人物?新しい物語を生み出す過程で、以前の登場人物たちは作家の頭中からだんだんに薄れていく。そんな感じかな。

でも、その消えゆく登場人物たちが感情を持たせて、消えていくことに抵抗したりする姿が描かれているのが、可愛いくて哀しい。
自分たちが見られていることに気がついたりするのも面白い。

新しい作品の構想が完成した時、昔の作品の主人公たちは消えていく。

でも、新しい作品ができたときの頭の中はとてもすっきりしている。

そんな物語なんだと思いました。今まで4回観たのに、今日が一番面白く感じました。

あと、これは最初からですが、一つの舞台の上にいくつもの場面が共存したり、しかも違う時間場所で起こっているのに、時々そのいくつかが繋がったりする構成がホントに面白かったです。

そうそう、今回初めて2列目の上手側の席だったのですが、角度が変わると違うものが見えて面白いですね。光石さんの吐いてる顔とかよく見えました(え、それ?)。

希緒のスカートの中が見えちゃうんじゃないかとドキドキしたり。それは大丈夫でしたがcoldsweats01

さて、今日の光石さん。

イケテツさん演じる野口とバーで飲んでいるシーンで、車で来ている野口にお酒を飲ませようとして言うセリフ、

「(車を)置いてっちゃえよぉぉぉぉup」のテンションが今までで一番高くて笑えたsmile

そういえば、昨夜さちさんに言われて気づいたけど、野口さんって光石さんのマネージャーさん?それでイケテツさんの役名が野口なのかな~?※「2クール」の「同窓会」で野口さんと電話してる(ふり?の)光石さんが見られます。

今日は千秋楽ということで、カーテンコールに長塚さんがご登場されました。

1回目はキャストだけ、2回目にキャストが登場された後、突然下手側客席の通路から舞台に向かって小走りしてくる長塚さん。そのまま壇上に上がられお辞儀。ご登場されて嬉しいheart04

今まで2回で終わっていたので、これで終わりかと思っていましたら(帰り始める方もチラホラ)、拍手は鳴りやまず、3回目のカーテンコールとなりました。

山内さんと馬渕さんがちょっとジャレてて可愛かった。

光石さんは最初センター、2回目は一番下手側っていうパターンが多かったけど、今回は1回目の後、上手側にはけられたので、「お?」と思ったら2回目から上手寄りにご登場されました。最後に近くで見送れてよかったぁheart04

プレビュー公演の時は、カテコの時の光石さん、梨池のままな気がしたんですが、昨夜・今日は笑顔も見られて「あ、ちょっと光石さんになってる」って思いました。ちょっとはそういう所も見られるとファンとしては嬉しいですnotes

はぁ~dash東京は終わっちゃいましたね。。。早かったぁ。。。

光石さん、キャスト・スタッフの皆さま本当にお疲れ様でした。
光石さんのお芝居を何度も間近で見られて幸せでしたheart04

引き続き地方公演も無事に全公演つとめられますよう心よりお祈り申し上げます。

そして、私は2月24日、大阪弾丸ツアー決行予定ですdash
がんばりまーすsign03

|

« 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」観劇(3回目) | トップページ | 映画『パレード』ヒット祈願パレード »

光石研さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/33378519

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」東京公演千秋楽!!:

« 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」観劇(3回目) | トップページ | 映画『パレード』ヒット祈願パレード »