« ただいま~♪ | トップページ | 平成筑豊鉄道で映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPR »

2010年2月25日 (木)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」大阪公演とトークショー

2月24日昼の追加公演に行ってきました~note

今回で5回目。。。行き過ぎ。。。sweat02

でも、会場が違うし、お客さんの雰囲気も違うし、今までと同じくまた新しい発見もあり、すごく面白かったです。

シアタードラマシティーって横幅が広いんですね。
音の響き方も本多劇場とは全然違ってて。
舞台にも奥行きがあって、同じ最前列でも見え方が違ってました。

お客さんの雰囲気ですが。。。
ほとんど一度も笑い声が聞こえてこなかったsweat02
東京公演で笑いが起こったシーンもことごとくシーンとしていました。
やっぱり関西の人の笑いのツボって違うのかな。。。もちろん同じ大阪でも、回によって違ったのかもしれないけど。

一緒に行った関西在住の友人(出身は九州)にそう聞いたら、「うん、違うんじゃない?どこで笑うの?」と言われました。「紙があらあらっていっぱい出るとことか、胎児の春巻きのとことか、中身はヘルシーとか、下着履かなきゃとかのとこ。」と答えたら、友人は、「光石さんの『おいてっちゃえよぉぉぉ』は面白かったけど。」との返事。
あ、でも光石さんのトコが面白かったんだsmileそれはよかったhappy02

今回私が見た感想は、「真智子」と、「男と女」が作者の脳内で戦ってる感じ?がしました。
生命力の強い「真智子」の勝ちみたいな。。。で新しい作品が誕生するというようなconfident
あとは、加納さん演じる梶原がところどころ大事なところでキーパーソンになってるなーとか。

さて、今回の光石さん。

後半の真智子とのラブシーン(?愛撫するとこ)が今までで一番色っぽかったlovely

あと、最後の方で野口に言う「今度の新作は面白くなるぞ」(だっけ?)というセリフの時の笑顔がキラキラ。。いやギラギラsign02してて輝いてましたshineちょっと怖さを含んだ笑みといいますか。

カテコは2回。光石さんは2回ともセンターでした。

上演終了後は10分間の休憩をはさんで、長塚圭史さん、池田鉄洋さん、山内圭哉さんのアフタートークがありました。

イケテツさんは元々映画やドラマで面白い役ばかりされているし、山内さんは「パコと魔法の絵本」の舞台挨拶で短時間ながら超面白いトークをされていたので、とっても楽しみにしていたんです。

司会に関西テレビの杉本なつみアナを迎えてのトークショー開始。

友人が、「あー!アナウンサーだよ、朝日放送かなんかの!(→関西テレビです)」と言ってて、ローカルでは馴染みの方らしい。しかも関西のアナって笑いのセンスもあるんですね~。すごく返しがお上手でした。あんまり関東にはいないかも。

舞台下手から杉本アナ、長塚さん、池田さん、山内さんの順に座られました。

イケテツさんのお洋服が可愛かった~heart04黒の中折れ帽、薄いブルーのシャツにグレーの丈短パンツ(裾がつぼまってるの)に、黒のスリッポン。めちゃめちゃオシャレ~。
ちなみに山中さんは黒地に白のプリントTシャツに迷彩パンツ、長塚さんはボーダーのトップスにGパンでした。

今回はあんまり真剣にメモったりしなかったので、面白かったところをざっくり書きますね。

・最初の紹介で「舞台・テレビ・映画で大活躍の。。。」と紹介されたイケテツさん、「大活躍はしていなんですけどね、そういう紹介文なんですね、ありがとうございます」(笑)
今回の役は普段の役どころとちがって、「笑わせないイケテツ」と言われ、複雑な心境。笑いが一切ない舞台で、毎日ウツウツとしていて、「早く終わりたい」(笑)そう。

・最初の紹介での山内さん、「(司会の)杉本さんデカっ」「ニューハーフかなと思いました」(笑)など、まずは杉本さんに失礼発言連発smile杉本さんも「よく言われます」とさらっと返してました。
今回の追加公演についても、「ホームの大阪で追加公演出たから、えらいもんやなーと思ってたら、ガラガラでしたねぇ」(爆笑)お客さんの入りは確かに16列目以降は結構あいてました。
「昨日もいっぱいで、今日の夜も結構いっぱいらしいのに、追加したらこのザマですよ」(笑)
ここで杉本さん、「今日は(オリンピックの)フィギュアがありましたからね。」 あー、そうだったflairで、山内さん「今日来てくださってる皆さんは、ちょっとアホですね。」(爆笑)

・杉本さんが「長塚さんの留学後初の舞台で期待されていたファンの方も。。。」と切り出すと、山内さん「期待されてた割に。。。ガラガラですけどね」(笑)

・長塚さんの留学前後のビフォーアフター
山内さん「老けたな~」(笑)
池田「穏やかになった。前は芝居でミスしてもちゃんと怒られたけど、今回は『こらっ』(可愛く)って言われましたね」(笑)

・長塚さんが今のお芝居がすごく楽しいという話に対して、山内さん「こんな芝居作っといて、オマエが楽しないってことないやろ」(爆笑)「俺らは今日もやりながら、どーゆー意味やろ?って」(笑)

・(その話を受けて池田さん)長塚さんがある日公演を終えた後に「今日は面白かった!」、に対して、「役者、ポカーン」って感じでしたね。(笑)

・長塚さん、この作品はお客さんが脳内参加できるような芝居にしたかったとのこと。

・池田さん「お客さんがすごい静かに見てて、咳払いするのもためらうような。。だからちょっと声の大きいシーンの時にみんなゴホゴホ咳したりして、チャーンスとばかりに」(笑) 私もそうでした~smile

・池田さんより、長塚さん留学を終えて、演出の時のジェスチャーがより大きくなったという話。やってると「ちっちゃい声で(手振り付きで)『もっと感じて』」とか言ってる(笑)

・途中で帰るお客さんがいて、話の途中でそのお客さんに向かって池田さんと山内さんが「お疲れ様でしたー」(笑)

・稽古前のワークショップの話。山内さん「ぼく、行きませんでしたけど。ぼく、ワークショップとか嫌いなんですよ」(笑)「名前鬼とかやるんですけど、(しばし名前鬼の説明)しんどい以上の何モンでもない」(笑)

・長塚さん留学中の阿佐スパメンバーについて山内さん、「伊達くんが非常に社会性をもってきましたね」(笑)

・山内さん「中山さん、最近さらに子供返りが激しくなった」「今は起きてから30分くらいダダこねてから来るらしいですよ。『行きたくないよぉ』とか」(笑)池田さん曰く妹さんといるから妹さんがなだめてるんじゃないですか?とのこと。

・長塚さんから見て、2人はどんな存在かという話で、山内さんには相談にのってもらってるというと、山内さん「(留学から帰ってきて)結婚しろよって言ってたら、3日後のヤフートピックスに『長塚圭史結婚!』って、『俺のせいか?』って。」(笑)ちなみに当日は結婚に関する話題はNGだったらしいです。

そんな感じでした。読み返すと全部(笑)ってついてるhappy02本当にお芝居とは打って変わって笑いの絶えないトークショーでした。

トークショーで長塚さんがおっしゃってたことで印象に残ったのは、「ただ物語を語るという作品ではなく、お客さんも見て考えるという観客が参加できる作品にしたかった」というお話。

これ、先日映画「パレード」の舞台挨拶で行定監督がおっしゃってたことと似てるな~と妙に納得したのでした。確かに最近わかりやすい作品が多くて、だんだんそれにも飽きてきたんで、これからはもっと考えさせられる(=難解sign02)作品も増えてくるかもしれませんね。

そういえば、観劇後友人と飲みながらお芝居の話をしてて、友人が「真智子は人形だったんだよね?」と言うので、びっくりしたんですが、ホントに人のとらえ方ってそれぞれなんだな~と実感。私はそう思ったことが一度もなかったけど、そういえば植物状態の真智子は人形みたいだったな~とも思ったり。
行定監督も仰ってましたが、誰かと作品を見た後で、意見交換するのも視野が広がっていいですよね。

ま、その時々で何も考えず単純に楽しめる作品も見たいけど。たまには頭をつかって動かして見る作品も見たいな~と思いました。

さて、私は今回で最後の観劇となりましたが、公演はこの後2月27・28日が札幌、3月3・4日が新潟、3月6日が名古屋千秋楽と続きます。

光石さん、主役で出ずっぱり、長セリフで本当に大変だと思いますが残りの公演も無事につとめられますように。。。
そして、本当にこの2カ月は私にとって「超特大ミツケン祭り」状態で本当に幸せでした。ありがとうございました。その分、今はひと夏終えた甲子園球児のような気分です。

でも、燃え尽きてる場合じゃないのだsign03
土曜日からいよいよ「猿ロック THE MOVIE」公開ですsign03
初日に行きますよーーwink

|

« ただいま~♪ | トップページ | 平成筑豊鉄道で映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPR »

光石研さん」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
遠征おつかれさまでした。
大阪レポ、楽しく拝読させていただきました!
いかにもあの3人らしくて笑えるトーク内容に、ニヤニヤしてしまいました(笑)詳しく書いてくださってありがとうございます(^_^)
そして、猿ロックもすごいことになっているようで、見に行くのがとっても楽しみです!
ではでは、失礼致しました~。

投稿: ざわざわ | 2010年2月28日 (日) 17時40分

>ざわざわさん

コメありがとうございます!!

レポも楽しんでいただいたようでヨカッタです♪

ざわざわさんの予想通りホントに楽しいトークショーで、大阪まで遠征したかいがありました。

山内さんはやっぱり面白いですね~。4月のpiperの本公演も行ってみようと思います。

「猿ロック」、ざわざわさんの感想も楽しみにしてます。またブログにオジャマさせていただきますね~♪

投稿: よしぎゅう | 2010年2月28日 (日) 19時47分

こんばんは。
レポ拝見しました。
とても丁寧に観られていて
わかりやすいレポ、ありがとうございました。
あの日のことを思い出して嬉しくなりました。
山内さんは本当に面白い方です。
Piper公演では、また全く違う山内さんを見られると思いますので
ぜひぜひ観に行ってください。

それと
某所では失礼なことを書いてしまい、、、
本当に申し訳ありませんでした。

投稿: さと吉 | 2010年3月 1日 (月) 20時19分

>さと吉さん

ご覧いただき、またコメントまでありがとうございますsign03
こちらこそ当日は本当に失礼いたしました。

先ほど、その某所にもまた書かせていただいたのですが、4月のpiperの本公演に行くつもりなんです。「アンチ~」の山内さんは普段のお芝居と比べると意外な感じなんですよね?

本来の山内さんのお芝居、ぜひ拝見したいと思っています。

では、名古屋千秋楽も楽しんできてくださいねnote

投稿: よしぎゅう | 2010年3月 1日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/33527984

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」大阪公演とトークショー:

« ただいま~♪ | トップページ | 平成筑豊鉄道で映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPR »