« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

ひな祭り

Img_7660

今日は義父母がひな祭りのお祝いに遊びに来てくれました。

我が家は娘2人だから、これが毎年恒例の行事になっています。

私は日曜だというのに朝から普段の家事+片づけ・掃除に食事の準備で大慌て。

今日のメニュー

ちらし寿司とお赤飯、煮物は毎年義母が作って持ってきてくれるので、私が作ったのは、定番のはまぐりのお吸い物、菜の花のおひたし、茶碗蒸し。それに加えて子供の好きな手羽元の甘辛煮、サラダ、酒のつまみをちょこちょこと。

みんなでお昼を食べて、お雛様と写真を撮ったり、子供たちのビデオを観たり、これまたおみやげのイチゴを食べたりして過ごす。

ウチは私の母は亡くなっているし、父も実家に弟たちを残し1人で田舎暮らしなので、子供の行事にちょくちょく顔を出してくれるのは、義父母の方。いつも来るたびに大荷物で子供たちの好物を持ってきてくれたり、季節の変わり目には子供服を送ってくれたりありがたい限り。ま、なかなか顔を合わせるとちゃんと感謝の気持ちを伝えられないんですが。

夕方2人が帰ると、大阪遠征からびっしり予定が入っていたせいか急に疲れがどっと出て、次女と一緒に久々に昼寝してしまいました。

夕飯は昼の残りで済ませ、今は義母がなぜか大量に持ってきてくれたゆで卵を、昼の手羽元の煮汁で煮て、煮玉子を作る。明日の昼はこれをラーメンにのせて食べよう。。。

ちょっと早いけどおやすみさい。

明日こそ、「猿ロック」舞台挨拶のレポあげるぞgood

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

「猿ロック THE MOVIE」の光石さん

本日2月27日より、光石研さんご出演の映画「猿ロック THE MOVIE」が公開になりましたnote

もーーー予告映像での光石さんを拝見して以来、あまりのカッチョ良さに、ずーーーっと楽しみにしてたんです、この映画lovely
楽しみにしすぎて、このザマ↓

その1 今週明けの我が家の夫婦の会話。

夫「今週末って。。。」
私「『猿ロック』公開sign03
夫「えーー、フーの一日入園でしょう?」
私「はっflair忘れてたっsweat01」←母親失格

続きまして。。。その2 一昨日娘のスイミングスクールでのママダチとの会話

友「あ!フーちゃん、明後日だよね?」
私「え?」
友「え?一日入園じゃなかった?」
私「あ。。。そうでしたsweat02(心は「猿ロック」一色)」←もはや人間失格

てな具合。

ま、それはさておき。

本日公開初日、早速観てまいりました~happy02

市原隼人さんと前田哲監督の舞台挨拶付き上映に行ったんですが、レポは後ほどにするとして、まずは「猿ロック」の光石さん。

裏社会とも通ずるが、表向きはスポーツジムの経営者・藤山という役柄で、柄シャツに柄ベスト、柄ネクタイ、ファー付きコートなど衣装もハデハデ、ピアスや指輪を身につけるなど、なかなか今までに見られないスタイルでご出演されています。

口数が少なく(セリフも少ない)、いつも伏し目がちで無表情、冷静沈着で感情を出さない役どころでした。

そして期待を裏切らず、いや期待以上に

カッコ良すぎheart01

ご出演シーンもそれぞれ短いシーンではありますが、映画が始まって間もなくから、ラストの手前まで、まんべんなくご登場でした。顔のアップのカットとかも結構ありますsign03

最初のご登場シーンで既にトロけてましたが、私。

極めつけはラス前の比嘉愛未さん演じるマユミとの絡みのシーンsign03マユミにお別れのセリフを言って、その後なんですが、

光石さんて。。。

こんな色気も出せちゃうんですねsign02

まぢで鼻血ブーpigです。

これ、詳しく内容書いちゃっていいかな?やめとく?(すみません、ちょっと暴走モード)

全体としては、内容はちょっとピンと来なくて(あんまり結論がすっきりしてない)、うsign04んという感じでしたが、市原隼人くんのプロモーションビデオかと思うくらい、とにかく市原くんが素敵に映っているシーンが長くて、市原くんを観るための映画=イッチーファンのための映画だなぁという印象。

でも個人的には光石さんがすごくカッコ良く映っていたので、ミツケンファン(特に女子)のための映画だと言っちゃってもいいかも(ホント?)。ま、それにしては出演シーンが短いけど、それには

慣れてますcoldsweats01

前田監督に感謝しましたshine

パンフレットにも光石さんの大きいお写真ありますよ~note

とにかく、ミツケンファンの女子は映画館へ急ぎましょうdashsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

平成筑豊鉄道で映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPR

平成筑豊鉄道で、光石研さんがご出演された映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」のPRをしているそうです。

詳細はこちら↓

映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」について

これによりますと、、『へいちく浪漫号』や『炭都物語号』の車内で、予告編やメイキング映像の上映やスチール写真の展示があるそうnote(運行状況などは上記リンクからご確認をsign03

いいな~乗ってみたいshine予告映像も見たい。。

さすがに遠くて私は断念しますが、地元の方は是非sign03

映画「信さん・炭坑町のセレナーデ」は、メインロケ地の田川市と志免町、原作者辻内智貴さんの出身地の飯塚市で3~4月に行われる特別上映会を経て、5月に福岡先行ロードショーです。

全国公開はどうなるのか気になるところですね。情報が入りましたらまたこちらでもお知らせしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」大阪公演とトークショー

2月24日昼の追加公演に行ってきました~note

今回で5回目。。。行き過ぎ。。。sweat02

でも、会場が違うし、お客さんの雰囲気も違うし、今までと同じくまた新しい発見もあり、すごく面白かったです。

シアタードラマシティーって横幅が広いんですね。
音の響き方も本多劇場とは全然違ってて。
舞台にも奥行きがあって、同じ最前列でも見え方が違ってました。

お客さんの雰囲気ですが。。。
ほとんど一度も笑い声が聞こえてこなかったsweat02
東京公演で笑いが起こったシーンもことごとくシーンとしていました。
やっぱり関西の人の笑いのツボって違うのかな。。。もちろん同じ大阪でも、回によって違ったのかもしれないけど。

一緒に行った関西在住の友人(出身は九州)にそう聞いたら、「うん、違うんじゃない?どこで笑うの?」と言われました。「紙があらあらっていっぱい出るとことか、胎児の春巻きのとことか、中身はヘルシーとか、下着履かなきゃとかのとこ。」と答えたら、友人は、「光石さんの『おいてっちゃえよぉぉぉ』は面白かったけど。」との返事。
あ、でも光石さんのトコが面白かったんだsmileそれはよかったhappy02

今回私が見た感想は、「真智子」と、「男と女」が作者の脳内で戦ってる感じ?がしました。
生命力の強い「真智子」の勝ちみたいな。。。で新しい作品が誕生するというようなconfident
あとは、加納さん演じる梶原がところどころ大事なところでキーパーソンになってるなーとか。

さて、今回の光石さん。

後半の真智子とのラブシーン(?愛撫するとこ)が今までで一番色っぽかったlovely

あと、最後の方で野口に言う「今度の新作は面白くなるぞ」(だっけ?)というセリフの時の笑顔がキラキラ。。いやギラギラsign02してて輝いてましたshineちょっと怖さを含んだ笑みといいますか。

カテコは2回。光石さんは2回ともセンターでした。

上演終了後は10分間の休憩をはさんで、長塚圭史さん、池田鉄洋さん、山内圭哉さんのアフタートークがありました。

イケテツさんは元々映画やドラマで面白い役ばかりされているし、山内さんは「パコと魔法の絵本」の舞台挨拶で短時間ながら超面白いトークをされていたので、とっても楽しみにしていたんです。

司会に関西テレビの杉本なつみアナを迎えてのトークショー開始。

友人が、「あー!アナウンサーだよ、朝日放送かなんかの!(→関西テレビです)」と言ってて、ローカルでは馴染みの方らしい。しかも関西のアナって笑いのセンスもあるんですね~。すごく返しがお上手でした。あんまり関東にはいないかも。

舞台下手から杉本アナ、長塚さん、池田さん、山内さんの順に座られました。

イケテツさんのお洋服が可愛かった~heart04黒の中折れ帽、薄いブルーのシャツにグレーの丈短パンツ(裾がつぼまってるの)に、黒のスリッポン。めちゃめちゃオシャレ~。
ちなみに山中さんは黒地に白のプリントTシャツに迷彩パンツ、長塚さんはボーダーのトップスにGパンでした。

今回はあんまり真剣にメモったりしなかったので、面白かったところをざっくり書きますね。

・最初の紹介で「舞台・テレビ・映画で大活躍の。。。」と紹介されたイケテツさん、「大活躍はしていなんですけどね、そういう紹介文なんですね、ありがとうございます」(笑)
今回の役は普段の役どころとちがって、「笑わせないイケテツ」と言われ、複雑な心境。笑いが一切ない舞台で、毎日ウツウツとしていて、「早く終わりたい」(笑)そう。

・最初の紹介での山内さん、「(司会の)杉本さんデカっ」「ニューハーフかなと思いました」(笑)など、まずは杉本さんに失礼発言連発smile杉本さんも「よく言われます」とさらっと返してました。
今回の追加公演についても、「ホームの大阪で追加公演出たから、えらいもんやなーと思ってたら、ガラガラでしたねぇ」(爆笑)お客さんの入りは確かに16列目以降は結構あいてました。
「昨日もいっぱいで、今日の夜も結構いっぱいらしいのに、追加したらこのザマですよ」(笑)
ここで杉本さん、「今日は(オリンピックの)フィギュアがありましたからね。」 あー、そうだったflairで、山内さん「今日来てくださってる皆さんは、ちょっとアホですね。」(爆笑)

・杉本さんが「長塚さんの留学後初の舞台で期待されていたファンの方も。。。」と切り出すと、山内さん「期待されてた割に。。。ガラガラですけどね」(笑)

・長塚さんの留学前後のビフォーアフター
山内さん「老けたな~」(笑)
池田「穏やかになった。前は芝居でミスしてもちゃんと怒られたけど、今回は『こらっ』(可愛く)って言われましたね」(笑)

・長塚さんが今のお芝居がすごく楽しいという話に対して、山内さん「こんな芝居作っといて、オマエが楽しないってことないやろ」(爆笑)「俺らは今日もやりながら、どーゆー意味やろ?って」(笑)

・(その話を受けて池田さん)長塚さんがある日公演を終えた後に「今日は面白かった!」、に対して、「役者、ポカーン」って感じでしたね。(笑)

・長塚さん、この作品はお客さんが脳内参加できるような芝居にしたかったとのこと。

・池田さん「お客さんがすごい静かに見てて、咳払いするのもためらうような。。だからちょっと声の大きいシーンの時にみんなゴホゴホ咳したりして、チャーンスとばかりに」(笑) 私もそうでした~smile

・池田さんより、長塚さん留学を終えて、演出の時のジェスチャーがより大きくなったという話。やってると「ちっちゃい声で(手振り付きで)『もっと感じて』」とか言ってる(笑)

・途中で帰るお客さんがいて、話の途中でそのお客さんに向かって池田さんと山内さんが「お疲れ様でしたー」(笑)

・稽古前のワークショップの話。山内さん「ぼく、行きませんでしたけど。ぼく、ワークショップとか嫌いなんですよ」(笑)「名前鬼とかやるんですけど、(しばし名前鬼の説明)しんどい以上の何モンでもない」(笑)

・長塚さん留学中の阿佐スパメンバーについて山内さん、「伊達くんが非常に社会性をもってきましたね」(笑)

・山内さん「中山さん、最近さらに子供返りが激しくなった」「今は起きてから30分くらいダダこねてから来るらしいですよ。『行きたくないよぉ』とか」(笑)池田さん曰く妹さんといるから妹さんがなだめてるんじゃないですか?とのこと。

・長塚さんから見て、2人はどんな存在かという話で、山内さんには相談にのってもらってるというと、山内さん「(留学から帰ってきて)結婚しろよって言ってたら、3日後のヤフートピックスに『長塚圭史結婚!』って、『俺のせいか?』って。」(笑)ちなみに当日は結婚に関する話題はNGだったらしいです。

そんな感じでした。読み返すと全部(笑)ってついてるhappy02本当にお芝居とは打って変わって笑いの絶えないトークショーでした。

トークショーで長塚さんがおっしゃってたことで印象に残ったのは、「ただ物語を語るという作品ではなく、お客さんも見て考えるという観客が参加できる作品にしたかった」というお話。

これ、先日映画「パレード」の舞台挨拶で行定監督がおっしゃってたことと似てるな~と妙に納得したのでした。確かに最近わかりやすい作品が多くて、だんだんそれにも飽きてきたんで、これからはもっと考えさせられる(=難解sign02)作品も増えてくるかもしれませんね。

そういえば、観劇後友人と飲みながらお芝居の話をしてて、友人が「真智子は人形だったんだよね?」と言うので、びっくりしたんですが、ホントに人のとらえ方ってそれぞれなんだな~と実感。私はそう思ったことが一度もなかったけど、そういえば植物状態の真智子は人形みたいだったな~とも思ったり。
行定監督も仰ってましたが、誰かと作品を見た後で、意見交換するのも視野が広がっていいですよね。

ま、その時々で何も考えず単純に楽しめる作品も見たいけど。たまには頭をつかって動かして見る作品も見たいな~と思いました。

さて、私は今回で最後の観劇となりましたが、公演はこの後2月27・28日が札幌、3月3・4日が新潟、3月6日が名古屋千秋楽と続きます。

光石さん、主役で出ずっぱり、長セリフで本当に大変だと思いますが残りの公演も無事につとめられますように。。。
そして、本当にこの2カ月は私にとって「超特大ミツケン祭り」状態で本当に幸せでした。ありがとうございました。その分、今はひと夏終えた甲子園球児のような気分です。

でも、燃え尽きてる場合じゃないのだsign03
土曜日からいよいよ「猿ロック THE MOVIE」公開ですsign03
初日に行きますよーーwink

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ただいま~♪

20100224235131_2

12時ちょうどに家に着きました。すっかり寝静まって、月とマンションの外灯が明るかった。

今日は本当に充実して楽しくて幸せな1日でした。
今日お世話になった皆さまありがとうございましたheart04
おやすみなさいsleepy

はっ、観劇とトークショーレポはまた後日。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイバイ大阪

結局、駅の近くにあるカフェバー(そんなオシャレな店じゃなくて東京でいうところのPRONTOのような店)で、ビールと梅酒ロックを飲みました。もっと飲みたい気分だけど、新幹線の時間もせまっているので我慢。

7時半には大阪を出発して、新大阪へ。

Img_7639

8時過ぎの新幹線で帰りました。
ホームでの待ち時間、「じゃがりこ」のたこ焼き味を子供のお土産用に買ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷宮入り

飲み屋を求めて、新梅田食道街をウロウロ。

ここって、細い通路があちこちに張り巡ってて、
Img_7638_2

ラビリンス。。。(この写真だとイマイチ伝わらないけどcoldsweats01

ずーっとぐるぐる歩いたけど、立ち飲み屋か、お客が誰もいない店が多くて、我々にはハードルが高くて断念sweat02ちょっと入ってみたかったけどcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観劇の後は。。。

大阪名物、インディアンカレーに行ってみました。

Img_7636_2

甘くてピリピリ辛かった。
すっごい美味しいというよりは、また食べたくなりそうな味。

お腹いっぱいだけど、飲みたかったのでこの後飲み屋街をウロウロします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着!!

観劇後は時間があまりないので、先に阪急でお土産を買う。

「堂島ロール」で有名なモンシュシュの、堂島ロールでなくバームクーヘンとかsweat02
あとは、京都っぽく、ちりめん山椒や塩こんぶのようなご飯の友など。。。あ、ここ大阪だったflair
一日持ち歩くから生モノが買えないのが残念sweat02

それでようやく、1時半。
やってきましたよ。シアタードラマシティ。
20100224132649_4  

2時開演です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルタイム更新が

できなかったsweat02無念の携帯充電切れwobbly

というわけで、帰宅後にまとめてUP。今日の大阪日帰り旅行記です。

とりあえず、「やまもと」のねぎ焼き
20100224114747

ねぎ焼きの「いか」とお好み焼きの「デラックス」を注文。
生地はふわふわ、ソースが違うsign03美味し~heart04

食べ終わって、12時過ぎ。

次はお土産。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

今日のお昼

今日のお昼
ねぎ焼きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HEP FIVE

HEP FIVE
ここで、京都在住の友人と待ち合わせ。

前日、その友人と電話で打ち合わせ。

私「待ち合わせどうしようか?」
友「じゃあ、ヘッ×ファイブ前に11時ね!」
私「え?ヘッズ?ヘック?…何?」
友「ヘップ!PだよP!」
私「え?なにそれ?」
友「渋谷のマルキューみたいな、オシャレなギャルが集うファッションビルだよ。そこの前ね!ずっと前に江頭2:50のポスターが張ってあったから、その前!」
私「そのポスター張ってあったっていつの話?」
友「んー、去年の12月くらい…じゃ、そういうことで!」
ブチっ…ツーツーツー…

え?…全然会える気しないんですけどsweat01

でも、あっさり会えました。
次はお昼ご飯!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

到着!

到着!
劇場周辺まであと一駅!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪弾丸ツアー!!

大阪弾丸ツアー!!
いよいよ出発!

寝不足なので、過ごしたらどーしよーかと思ったけど、新大阪行きだったflair安心して寝られるsmile

いってきま〜すhappy01paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

映画「パレード」初日舞台挨拶レポート

昨日公開の映画「パレード」の初日舞台挨拶付き上映に行ってまいりました。

昨年の「カイジ」以来、久々の生・竜也くん、しかもキャパの小さい上映館だったので、後ろの方の席でもよく見え満足~heart04

では、早速当日の模様を。。。
上映後の舞台挨拶のため、ネタバレしている部分がありますのでご注意ください。

<映画「パレード」初日舞台挨拶 シネ・リーブル池袋 2月20日15:50~上映後>

登壇者:行定勲監督、藤原竜也さん、香里奈さん、林遣都さん

司会は映画パーソナリティの伊藤さとりさん。

上映終了後、ご登壇者は下手側中央の入り口から客席の横を通られてご登壇。並びは上手から行定監督、竜也くん、香里奈さん、遣都くんの順でした。

この池袋が、渋谷、新宿と続いた舞台挨拶の最後の回だったのですが、衣装は1回目から同じだったみたいです。写真はこちら↓

藤原竜也「自由にさせてくれた監督の力量」 ベルリン批評家連盟賞受賞の喜び(cinemacafe.net)

<初日を迎えた感想>

「えーと。。。どんよりしてますか?」 (してます、してますsmile)
「どんよりしていただいて全然結構な映画なんですけど。今日は朝からお客さんの反応を見ながら、この映画が広まっていくのが嬉しく思います。この映画は7年前からやりたいと思っていた企画です。吉田修一さんの素晴らしい原作を元に、いつかやりたいと思っていたのが、めぐりめぐって7年後にやっと監督ができた。7年前にやっていたら、きっとこういう風にはならなかったと思います。5人の素晴らしい俳優が2009年だったから、こういうキャスティングができたっていう。みなさん、いかがだったでしょうか?もし感じるものがあればまた劇場に足を運んでください。」

「最後の舞台挨拶ということで、ここ池袋にも多くの方にお集まりいただき感謝しております。撮影は1年くらい前になるんですけれども、この瞬間、このタイミングで、この人たちとこの作品に出会えたことは、非常に意味のあることだと思っています。どっしりとした日本映画ができたと思っております。みなさん宣伝よろしくお願いします。」

「お集まりいただきありがとうございます。みなさんこの映画を観ていろんなことを思ったと思うんですが、私もこういう感じってあるような気がするな、とか、こういうふうだったら怖いなとか思いながら、自然に出てくるものを大切にしながら、演じました。みなさんもこの映画を観て怖いと思った方は、友人関係などを改めてみてはいかがでしょうか。」(笑)
「1回ではなく、2回3回と観ても面白い映画だと思うので、また劇場に足を運んでください。ありがとうございました。」

「こんにちは。サトル役の林遣都です。撮影は1年ほど前ですが、僕はこのお話を今になってもずっと考え続けて、まだまだ新しい発見がいっぱいあって。皆さんにも考えて考えて、また新たな楽しみ方、またもう一回見て。。(笑)。。色んな感想を聞きたい気持でいっぱいです。今回は”ラストパレード”ということで(笑)参加できて幸せでした。ありがとうございました。」

ここで、司会の方からこの作品が第60回ベルリン国際映画祭の国際映画批評家連盟賞を受賞したというお知らせがあり、受賞についてのお話。

「運が良かったかな。」(笑)
「まあ、評価はご褒美みたいなもんなんで。今、邦画っていうのがね、どんどんわかりやすく作られていくんですよ。でも、それって観客を見くびってるなって僕は思うんです。観客の意識って、この「パレード」を気に入らない人もいるだろうし、気に入る人もいるだろうし、そこで議論を戦わせて、他の観客にも広がっていくんですね、視野が。わかりやすい映画って誰が観ても感情移入できて、泣けて、笑えて。。もちろんそれを作るのも大変なんですけど。でも、複雑なものを作るっていうことに取り組む。その取り組みに対して賞をいただいたんだと思います。沢山の人にこの映画を観るきっかけを与えるために賞をいただいたんだと思います。これを機に沢山の人に観てもらいたいと思います。」 (うんうん、すごい納得~confident)

<撮影について>

「比較的順撮りですね。そういう意味では台本と大幅に変わった部分もある。それはすごく大きなことでしたね。バラすと、竜也くんの殺戮シーンは、ホントはああじゃなかったっていう」(会場「ほぉぉぉ」)「建設的に色んな事を考えて。。。藤原竜也のテンションとか気分とか、サトルの気分。当日まで2人に聞いてましたからね。で、「やっちゃおうか?」ってやっちゃいましたね。やるはずじゃなかったんですけど、やっちゃいましたね。俳優と一緒にその判断ができて、通じ合うものがあったからできたと思いますね。」

<監督の話を受けて>

「そうですね、色々決まっていることもあれば、その場の雰囲気で、役者のテンションとか、スタッフのコンディションとか。それがうまくはまらない時もあると思うし、奇跡的なものを生むこともあるし。それは映画の面白さでもあるし。。監督と話しながらやらせてもらいました。」

<最初の抑えた演技から、最後爆発する時のテンションの持っていき方は?>

「ほんとにこれは僕のコントロールというか、監督の指導・演出なんですよね。僕としては流れるままに演じていました。」

<林さんはそのシーンの撮影のことを覚えてますか?>

「覚えてます。映画作りっていうものに自分が参加してるっていう実感があったことも嬉しかったですし、役作りっていうのが面白いんだっていうのは、行定さんの前ですごい感じましたね。」

<あのシーンは一発でOKだったんですか?>

「もちろん何度もやったシーンもありますし、カットもありますし、一発で決まったシーンもあります。」

<メリーゴーランドのシーンについて>

「閉演した花やしきで撮ったんですけど、ちょっと怖いけど面白いなと思って。ジェットコースターの横に民家があって、洗濯物干してあったりして、すごいなと思って(笑)。メリーゴーランドの電気がついて、あの中にいると不思議な空間でしたね。」

<林さんとのご一緒のシーンでしたが?>

「少年と話しているような感じでした。私には弟がいないんですけど、弟のような。横で寝てるじゃないですか。可愛らしい弟だなっていう感じでした。」

<林さんはいかがでしたか?>

「あのシーンはすごく好きなんですけど、すごい不思議な空間だったんですね。ボク、なんか。。さっきも言いましたけど、すごい大人の映画作りに参加してるんだな~って感じで(笑)。あのシーンで香里奈さんと兄弟みたいだって言われてすごく嬉しかったんですけど、あのシーンではホントに兄弟みたいな関係性だったと思うんですよね。」

<監督は役者さんのコンディションを見ながら撮られたようですが>

「いや、自分の撮りたいように」(笑)
「僕は基本的に俳優に期待してるんです。可能性みたいなものがあるんで。決めて作りたくないんですよ。台本は自分で書いてるものだから、いくらでも書き直せるんで。俳優に合ったそれぞれの。。香里奈さんだったら、香里奈さんの未来があるだろうし。遣都だったら、遣都のサトルが。特に重要なのは、竜也が演じた役っていうのはこの映画を象徴してるっていうか。ある種、拘束された今の社会の暗部を全部担ってるっていうか。それぞれがうまくいくかどうかっていうのは僕は見てるだけ。それを上手くつないだのがこの映画の形っいうことだと思います。」

<最後に皆さんから一言ずつ>

「無事に初日を迎えて、お客さん来てくれて、最後の舞台挨拶で、少しの寂しさと大きな喜びを感じるんですけど、ホントに1人1人の方に支えられて、物づくりって成立してるんだな~と改めて実感しました。今日はどうもありがとうございました。」

「今日初日を迎えて、撮影したのは1年前だったんですけど、私たちにとってはこれがまた再スタートなので、沢山の皆さまに観ていただいてホントに嬉しかったです。また最後まで1人でも多くの皆さんに観ていただけるように自分でも宣伝したいと思いますし、皆さんも見何か思うことがあれば、周りの人と話し合っていただけたらと思います。またぜひ劇場で会いましょう。」

「今日はホントにありがとうございました。僕にとってこの作品はホントに難しくて、行定監督や竜也くんにも香里奈さんに会うのも自分だけ年下なんですごく焦ってしまうんですよね。そういうことから、この作品のことをもっと知ろうと思って考えたり、昨日の夜も眠れず考えたり。そういうことで自分を成長させてくれた作品でした。。。なんかよくわかんない話ですけど。。(笑)。。この年でこんな濃い体験ができてホント幸せでした。皆さんホントにありがとうございました。」

「すみません、よくわかんない話で。。。」(笑)「そういう意味じゃないと思うんですけどね、遣都が言ったのは。」
「まぁ、よくわからないというか。。。僕はホントは答えを導き出すのは観客だと思ってるんですよね。特にこの映画っていうのは、そういうものに直面して、考えるように。。。元の吉田さんの小説もそういうものだったと思うんです。色んな仕掛けがしてあって。それをうまく観客が見つけ出す作業っていうのがある上での、映画を楽しむっていう鑑賞の方法だと思うんですね。色んな人と話し合って違う解釈に出会ったときに、見つかるものがあると思います。ぜひ応援していただければ嬉しいです。今日はどうもありがとうございました。」

以上で終了となりました。

もうちょっと竜也くんと遣都くんの面白い絡みを期待していたのですが、竜也くん、ちょっとお疲れだったかな~sign02ちょっとテンション低いようにお見受けしました(「カイジ」の完成披露の時と比べるとね)。香里奈ちゃんはテレビで見た印象のままだけど、堂々としてらしてカッコよかったです。遣都くんは1人元気で楽しそうでした。やっぱり顔小さい、色白い、足細かった~shine

個人的には、行定監督の話が興味深くて、しかも沢山お話が聞けたので、貴重な体験でした。

映画の感想はまた別途。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「十三人の刺客」情報

光石研さんもご出演の映画「十三人の刺客」ですが、2月18日に初号試写があったようですね。

十三人の1人、小倉庄次郎役の窪田正孝くんや、スタントコーディネートを担当された辻井啓伺さんのブログにお話が少し。

どちらを読んでも、「とにかくなんか凄そう。。。」っていうのが伝わってきましたsign03

三池監督の作品だから、私が想像するような時代劇とは遥かにかけ離れてるんだろうなぁ。。shine楽しみ~notes

東宝のサイトでは今秋公開となっていますが、窪田くんのブログによると10月公開みたいですね。

10月は、幼稚園の行事が忙しい時期sweat02
しかも今年は「悪人」と「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」も秋公開なので、忙しくなりそうdashでも、がんばるsign01(←何をだよ。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

「シネマガ」猿ロック特集

2月26日26:10から日本テレビにて放送の「シネマガ」は「映画『猿ロック』特集」だそうですnotes

光石研さん演じる「ヤクザのボス」藤山の姿が見られるかもhappy02あとは、キャスト紹介くらいにはご登場されるかな。

ただ、いつも特集の場合30分くらいに時間を拡大して放送するのに、この回はいつも通り(現時点では)15分のままらしいので、あまり多くは期待できなそうsweat02
日テレ映画はたいてい公開日に特番を放送するのに、今回はその予定もないみたいだし。。。ドラマの制作が読売テレビだから扱いが違うんでしょうか。

初日舞台挨拶は、また午前に娘の幼稚園の行事が入ったのでwobbly、午後イチの池袋に行きますsign03市原くんと前田監督のみのご登壇ですが、前田監督のお話聞きたいし。。。

何より映画そのものが楽しみなので。。。だって「猿ロック」の光石さん、超カッコイイんだもーんheart04

映画「猿ロック THE MOVIE」は来週2月27日(土)より全国ロードショーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

昨日放送のドラマ2本

昨日はミツケンドラマ祭sign03

6時から「監査法人」の再放送で、9時から「ニュース速報は流れた」の6話が放送でした。

「監査法人」では、塚本高史さん演じる会計士・若杉の上司、田代役。

若杉が、不良企業は切り捨て、いかなる不正も認めないという「厳格監査」派の会計士であるのに対し、田代は、不況に苦しむ企業を救うためには、多少の粉飾も見逃そうという「ぬるま湯監査」派の会計士で、ドラマ自体もこの2つのタイプの意見対立がテーマになっています。

ま、これだけ聞くとまたもや「敵役」的な役柄に感じられるかもしれませんが、田代は古いタイプの上層部と若杉たち「厳格監査」派の会計士の板挟みで、ちょっと可哀そうな部分もある人でした。
光石さんて、敵役とか嫌われ役でも、ちょっと弱い部分がある人ってお得意分野な気がするので、ハマリ役。

劇中、建設会社との接待ゴルフのシーンがあって、見事にスイングを決めてらっしゃいました。これは初見smileナイスショット~golf

ドラマ自体もすごく面白くて、これは毎週楽しめそうです。
松下奈緒さんが強気な会計士さんを演じられているのが、ちょっと意外で印象的でした。

さて、いつまでたっても光石さんがご登場されないフジテレビNEXT他の「ニュース速報は流れた」ですが、昨夜放送の6話にも、7話の予告にも光石さんのお姿はなしcrying

ただようやく話が急展開してきました。昨夜も新たなキャストの方々が初お目見えeye

オジサマ系名脇役・中丸新将さん、
「SCANDAL」で光石さんとも共演された加藤虎ノ介さんなど。

次回が楽しみ。。。なんですが、このドラマって隔週放送なので、次見るときに前回の話を忘れてたりしますsweat02毎週にしてホシイ。

というわけで、実は”祭”でもなかったsweat02という話でした。すみません。
次回をお楽しみに。。。note

あ!

余談ですが。。。

今年の舞台公演開始後ぐらいから「光石研」とか「光石研 ブログ」とかの検索ワードでこちらに来てくださる方が増えてきましたnotesもしや主演舞台のおかげでファン急増中?嬉しぃぃheart04

で、そんな光石さんご本人は16日に広島公演を終えられて、今日・明日が福岡公演ですね。地元福岡楽しまれているのかな~?舞台も地元のお客さんたちの温かい声援に包まれるのでしょうねぇ。。shine陰ながら応援しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

デザイン変更しました

ふと気付くと、ブログを始めてから一度もデザインを変更していなかったし、

いい年してあまりにファンシーなのもどーなの?とか思って、

デザインを変更してみましたsign03

が、結局可愛いのを選んでしまった。。。大人になりきれないアラフォー女子な管理人ですsweat02すみません。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

冬ドラマは何を見てる?

秋冬と2クール続いて、光石さんご出演の連続ドラマがない割には、毎日のようにドラマを見ている私。。。sweat02

冬ドラマもほぼ毎日見ております。

月 コードブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd Season
火 泣かないと決めた日
水 曲げられない女
木 不毛地帯
金 は見てなくて、
土 ブラッディ・マンディ
日 もなし。

「コードブルー」と「ブラマン」は前シリーズから大好きなので見逃せないし、「不毛地帯」はキャストが名脇役系&オジサン祭り状態で私にとっては涙モノのキャスティングだし、後半に入ってストーリー展開も面白くなってきました。特に里井副社長と鮫島ーーーsign03面白過ぎです。男の人ってこんなに嫉妬に狂うものなんですかsign02
「泣かないと決めた日」は見てるのが辛いんだけど、栄倉奈々ちゃんが幸せになるまで見届けないと後味悪いし、杏ちゃんがトラウマになりそうな程怖いです(「スマイル」の小栗旬くんに負けないくらいの怖さ)。
「曲げられない女」は、日テレ10時の菅野美穂ちゃんってハズレがないからみ始めたんですが、ちょっと話の展開が”?”な感じで今までのよりはちょっと。。。でも見続けています。永作博美さんが可愛いいし、グッときます。

で、なんと、この5本中、4本のドラマにご出演されている名脇役系のオジサマがいらっしゃいます。

お気づきの方はかなりのオジサマ通。。。中原丈雄さんです。

サードアイ最高責任者ですよ。あの「ブラマン」の苑麻さんがですよ、土曜の放送の後、

月曜は、新垣結衣ちゃんのお父さんで、

火曜は栄倉奈々ちゃんの会社の統括本部長だったので、「すごーい毎日出てるーーflair」って感激してましたら、

木曜に財務本部長ーーーーーsign03

出過ぎです。嬉しいです。

以前、松重豊さんのブログに中原さんについてのお話があって、絵がお上手な上にギターもお弾きになると知り、「なんて素敵なオジサマなんだshine」とエラく感動しました。

それにしても「不毛地帯」はスゴイ。先々週もイケテツさんが突如現れて歓喜しました。

なんでこれ、光石さん出ないんだろう。。。ってやっぱそれかcoldsweats01
出る余地いっぱいあるのになぁ~と毎週のように思う木曜日なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

映画『パレード』ヒット祈願パレード

という、素敵なイベントがあったのですよ、バレンタインデーに。

あ、「カイジ」以来久しぶりに竜也くんネタです。

ご登壇者は、藤原竜也さん、林遣都さん、香里奈さん、貫地谷しほりさん、小出恵介さんという豪華メンバー。

なんと、この5人が日比谷パティオでレッドカーペットを歩いてステージで挨拶をされたんですって。

事前に情報は知っていたものの、私は当日観劇だったので行かれなかったのですが、すでに映画の公式ブログにレポがUPされていましたnote

映画『パレード』公式ブログ

これを読むと竜也くん、どうも遣都くんのことをかなりイジッてる感じで楽しそう。。。smile

で、行きますsign03

2月20日(土)映画『パレード』の初日舞台挨拶happy02

ぴあのプレリザーブで全敗し、一般発売の日は下北行きの準備で大忙しで(留守の間の食事の準備とか色々ねsweat02)、ふと気付くと発売時間の10時過ぎてて。。。sweat01
でも、あきらめがつかずオークションでゲッツ。致し方ない。。。

キャスト勢揃いのシネクイントもいいけど、竜也くんが見たいなら一番近所の池袋でもいいな~と思い、シネ・リーブル池袋にしてみました。その方が竜也くんのお話いっぱい聞けそうだし。しかも遣都くんも来るし。この2人の絡みが面白そうで楽しみ~note

遣都くんと言えば映画「DIVE!」で光石さんと共演されてますね。
そういえばね、「DIVE!」の初日舞台挨拶で、池松壮亮くんがおっしゃってたらしいんだけど、光石さんが主演の3人に、「どこに行っても『光石育ちの林』『光石育ちの池松』『光石育ちの溝端』って言えよ!」って言ってたらしいですよsmileでも、言ったのはその舞台挨拶が初めてだったらしいけどsmile

というわけで、「光石育ちの林くん」、生で見てきまーすnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」東京公演千秋楽!!

本日、光石研さんご出演中の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」の東京公演が千秋楽を迎えました~note

で、昨夜に引き続き、私もしつこく観に行って参りましたよhappy02

開演までの間、恒例の(sign02)客席チェックeye

後ろを振り返ってE~F列辺りを見るなり、荒川良々さんを発見sign03
ニット帽を被って、背中を丸めてパンフをご覧になってました。時々ペットボトルのお茶を飲んだりして。。。良々さんは、いつどこで見ても、画面で見ても生で見ても、お芝居で見てもプライベートで見ても全く印象が変わらない。。。(←誉めてます。)

しばらくすると、その後ろくらいに1人の女性が入ってこられて。。。わー松たか子さんsign03
目立たない格好をされてるけど、オーラ出てました。

その後なんと、その2人飛んだ並びに黒いニット帽の顔が小さい男性が入ってこられて、じーっと見てみたら、堤真一さんsign03しかも、堤さん、松さんに気付いて間の2人のお客さん越し手を伸ばし、松さんをトントン。松さんが気づいて、わーーーsign03って感じで2人で盛り上がってました。

とりあえず、堤ファンのママダチにメール。そういえば以前に映画撮影中の堤さんを偶然お見かけしたことがあったり、何気に堤さん遭遇率が高い。

帰り際には小池栄子さんともすれ違いましたが、めちゃめちゃキレイだった~heart04お顔、テレビで見るより全然小さくてスタイル抜群up

千秋楽とあってか、すっごい豪華な顔ぶれでした。

さて、お芝居の話。

4回目の観劇にしてようやく私なりに納得する解釈ができました。

作家(長塚さんご本人?)の頭の中を覗いている感じ?作家の方ってこんな風に物語を作り上げていくのかな?と思いました。

部分的には本当に起こったことが含まれているのかもしれないけれど、どこが本当でどこが創作なのか。経験とそこから生まれた物語がうずまいている。作風も変わる。昔の作品と新しい作品の間で悩む。

梨池と悦世と満智子の物語は新しい小説の中心人物、男と女、そして刑事たちは以前の作風の作品の登場人物?新しい物語を生み出す過程で、以前の登場人物たちは作家の頭中からだんだんに薄れていく。そんな感じかな。

でも、その消えゆく登場人物たちが感情を持たせて、消えていくことに抵抗したりする姿が描かれているのが、可愛いくて哀しい。
自分たちが見られていることに気がついたりするのも面白い。

新しい作品の構想が完成した時、昔の作品の主人公たちは消えていく。

でも、新しい作品ができたときの頭の中はとてもすっきりしている。

そんな物語なんだと思いました。今まで4回観たのに、今日が一番面白く感じました。

あと、これは最初からですが、一つの舞台の上にいくつもの場面が共存したり、しかも違う時間場所で起こっているのに、時々そのいくつかが繋がったりする構成がホントに面白かったです。

そうそう、今回初めて2列目の上手側の席だったのですが、角度が変わると違うものが見えて面白いですね。光石さんの吐いてる顔とかよく見えました(え、それ?)。

希緒のスカートの中が見えちゃうんじゃないかとドキドキしたり。それは大丈夫でしたがcoldsweats01

さて、今日の光石さん。

イケテツさん演じる野口とバーで飲んでいるシーンで、車で来ている野口にお酒を飲ませようとして言うセリフ、

「(車を)置いてっちゃえよぉぉぉぉup」のテンションが今までで一番高くて笑えたsmile

そういえば、昨夜さちさんに言われて気づいたけど、野口さんって光石さんのマネージャーさん?それでイケテツさんの役名が野口なのかな~?※「2クール」の「同窓会」で野口さんと電話してる(ふり?の)光石さんが見られます。

今日は千秋楽ということで、カーテンコールに長塚さんがご登場されました。

1回目はキャストだけ、2回目にキャストが登場された後、突然下手側客席の通路から舞台に向かって小走りしてくる長塚さん。そのまま壇上に上がられお辞儀。ご登場されて嬉しいheart04

今まで2回で終わっていたので、これで終わりかと思っていましたら(帰り始める方もチラホラ)、拍手は鳴りやまず、3回目のカーテンコールとなりました。

山内さんと馬渕さんがちょっとジャレてて可愛かった。

光石さんは最初センター、2回目は一番下手側っていうパターンが多かったけど、今回は1回目の後、上手側にはけられたので、「お?」と思ったら2回目から上手寄りにご登場されました。最後に近くで見送れてよかったぁheart04

プレビュー公演の時は、カテコの時の光石さん、梨池のままな気がしたんですが、昨夜・今日は笑顔も見られて「あ、ちょっと光石さんになってる」って思いました。ちょっとはそういう所も見られるとファンとしては嬉しいですnotes

はぁ~dash東京は終わっちゃいましたね。。。早かったぁ。。。

光石さん、キャスト・スタッフの皆さま本当にお疲れ様でした。
光石さんのお芝居を何度も間近で見られて幸せでしたheart04

引き続き地方公演も無事に全公演つとめられますよう心よりお祈り申し上げます。

そして、私は2月24日、大阪弾丸ツアー決行予定ですdash
がんばりまーすsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」観劇(3回目)

本日は、お初でソワレ。

ファン友達のさちさんとご一緒させていただいたので、早めに待ち合わせて夕食を食べてから観に行ってきました。

夕飯は、さちさんお勧めの広島風お好み焼き屋さん「HIROKI」で。
美味しい広島焼きをいただきながら、ミツケン談議に花が咲き(一部、田中哲司さん談議で盛り上がり)、日ごろ周りの友人にはなかなか理解してもらえない光石さんの魅力について沢山話せて楽しかったですnoteこれでビール飲めればよかったんだけどcoldsweats01観劇前なので我慢sweat01

さて、今回の公演。

今まで観た中で一番、演者さん達も熱演で、会場のお客さん達も盛り上がっていた気がします。

光石さん、最初の登場シーンで怒りの表現が以前よりパワーアップしてたし。

中山さんは、中山汁(sign02)がいっぱい飛んでました。

あと、これは前回も思ったのですが、小島さんが植物状態の時、全然瞬きしないのがスゴ過ぎですsign03

お客さんたちの笑い声も一番多かったです。

カーテンコールも2回ありました。
光石さん、2回目出る時、どこにでていいかわからなくなって、他の人とかぶっちゃって笑ってた。可愛~heart04

千秋楽を前に盛り上がってるのかな~。明日はさらに楽しみ~noteってまた行くのかい。。。

実は、明日娘の幼稚園の発表会があるから行かない予定だったんですが、発表の時間が朝一で、公演時間に間に合うとわかり、急遽チケット取りました~嬉し~千秋楽note

娘の「赤ずきん」を観劇(?)してから、下北に向かいますhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月13日放送「シネマガ」で

昨日深夜日本テレビにて放送の「シネマガ」で、光石研さんご出演の映画「猿ロック THE MOVIE」の紹介があったのですが、司会のキャイ~ンさんのお話の中で、光石さんのことが話題になってました~happy02

予告映像が流れ、キャイ~ンさんからあらすじ等の説明があった後、

天野くん「これも、日テレムービーの光石研さんが出てますからね。」(笑)
ウドさん「ウフフフフ。。日テレムービー=光石研さんになってんのsign02」(笑)
天野「今もう、『日テレムービー』と検索すると『光石研』って。。」(笑)
ウド「ほんと、お会いしたいですねぇ。。」

というお話でした。

しかも、画面下に光石さんのお写真と「主な日テレムービー出演作」までスーパーインポーズで入れてくださってました~noteこんな感じ↓

・ウルルの森の物語 ・なくもんか
・カイジ 人生逆転ゲーム
・20世紀少年 ・おっぱいバレー
・Sweet Rain 死神の精度 など

ウドちゃん、「お会いしたい」ってぜひお会いしちゃってインタビューとかして欲しいなぁshine

またそろそろ「シネマガ」でも「猿ロック」特集やりますかねぇsign02もし放送が決まったらこちらでもお知らせしますね~wink

そして、いよいよ今夜は3回目の観劇ですnoteドキドキheart02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」

久しぶりに光石研さんご出演の新ドラマ情報ですよ~notenotenoteテンション上がるぅぅぅup

3月29日(月)から放送開始のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」に光石さんがご出演されるようです。

NHKドラマスタッフブログにて発見sign03sign03sign03

ドラマスタッフブログ 「ゲゲゲの女房」は今! その47

↑2月9日付(一昨日ですねflair)の記事によりますと、

「スタジオでの収録では、今週から松坂慶子さん、佐々木すみ江さん、光石研さんなど、新たな方々が、撮影にご参加いただいております。」

だって~happy02

千秋楽前に、新ドラマの撮影に入られていたのですね~flair相変わらずお忙しいなぁ。。。
ただ、このドラマ、一応以前からチェックしていたのですが(ゲキレッド・鈴木裕樹くんが出てるので気になってたんですよsmile)、「主な出演者」欄には光石さんのお名前がなかったので、もしかしたら連続してご出演というわけではないかもしれませんね。

また、詳しい情報が入りましたらこちらでもお知らせしたいと思います。

ところで私、自慢じゃありませんが、NHK連続テレビ小説って全く見たことないんです。主婦なら毎日かかさず見てそうな定番番組なのに。。。だからこれが私にとっては朝ドラデビューです。これでついに私も立派な主婦ですねsign02

NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」は、3月29日(月)朝8時からスタートです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」観劇レポ(2回目)

2月7日(日)に光石研さんご出演中の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」を観に行って参りました。今回で2回目です。

以降、ネタばれしている部分もございますのでご了承くださいね。

前回観に行った時はプレビュー公演だったので、その時とは変わった所があるのかと思いましたが、特に気づきませんでした。後半の中山さんのシーンで笑えた箇所があったので、少し変わってるのかもしれませんが、その程度。
あと、カテコが1回だった。。。というのか、なかったというのか観劇経験が少ない私にはよくわかりませんが、前回はあったものがありませんでした。

感想も前回とそれほど変わらず。

ただ、以前観た時より確実に、「結局全部、梨池の頭の中のできごとだ」という印象が強かったです。

最初の方で、梨池がテーブルの真中にイスを置いて座り、その次下手側にイスを置き換えて座ります。そこから話が始まり、お芝居の最後のシーンで梨池が上手側に座るシーンを見て、結局その間に起こった頭の中のできごとなの?と思いました。

それから、今回初めて気づいた点をいくつか。

後半、希緒が人形であるとわかりますが、実は前半でそれを匂わせるセリフがありました。人形作りの先生・梶原が梨池の妻・悦世に「あの青年の人形は完成させないのか?彼女と対にしようと言っていた青年の人形。。」と言ったり、悦世が希緒に「男の人紹介してほしいんでしょ?」と言ったり。
前回観たときには、彼女=希緒だったり、青年の人形=希緒に紹介する男性とももちろん気づきませんでしたが、希緒が人形だとわかった上で観ると、「おーflair」って感じ。

それから前回に引き続き、伊達さんと馬渕さん演じる男女のシーンはイマイチよくわからなかったんですけど、2人の最後のシーンで、男と梨池のセリフがかぶったので、あーこの男は梨池なんだな~とは気づきました。

それで、今たまたま加納さんのブログを読んだら、

"「ありがとうだわ」彼女を生み出した作者にお礼を言いながら、『女』は死んで行く、作者の自己再生、蘇りの代償として"

と書いてあったので、"女"が過去の自分(梨池)で、"男"が自己再生後の自分なのかな~と思ってかなり納得したところです。

それと、前回は難解だという先入観がすごくて、とにかく理解しようとせず感じようと思って観たので、あまり細かくセリフに耳を傾けることがなかったんですけど、今回はちゃんと聞いてみたので、印象に残ったセリフもありました。

例えば、馬渕さん演じる女が伊達さん演じる男に向かって言う「殴って私と関わりなさいよ。」というセリフ。小島さん演じる満智子が梨池に向かって言う「あなたには怒ることが必要なの。」というセリフ。

どちらも、他人にも自分にも無関心で、人と関係があいまいなこの世の中にグサっとくるセリフでした。

あとは前回書かなかったそれぞれの俳優さんについて。

一番見入ってしまったのは、悦世役の村岡希美さん。
作家の夫を持つ妻の心労や、望んでいる子供ができない焦燥感など、ナーバスな表現がすっごくて、光石さんと一緒のシーンでも村上さんの方に目が行ってしまうことが何度もありました。

小島聖さんは、舞台に立つとすごく大きく見えて、存在感がすごい。
ハイヒール履いた時の足がめちゃめちゃキレイで、足に目が釘付けでした。

中山祐一朗さんは、舞台に立つと輝くんですねぇ。。ドラマ「深夜食堂」にご出演されてた時はそれほど目立たなかったけどcoldsweats01(役のせいか。。coldsweats01)中山さんのシーンもかなり見入っちゃいました。

さて、今回の光石さん。

箸が見えましたsign03

というわけで、次回観に行く時はどんな発見があるか楽しみですnote

あ、大阪追加公演のトークショーの出演者が決定しましたね。

長塚さん、イケテツさん、山内さんだそうです。

光石さん出ないんだぁsweat02
せめて、光石さんについてのお話プリーズ。

でも、この3人なら面白いトークになること請け合いですねsmile楽しみ~note←って行く人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

ドラマ「監査法人」再放送

2008年6月から7月にNHKで放送され、光石研さんがご出演されたドラマ「監査法人」がNHKhにて再放送されるそうです。

2月17日(水)から毎週水曜午後6時から放送で、全6回です。
※最終回のみ5時35分から

このドラマの光石さん、塚本高史さん演じる主人公が在籍するジャパン監査法人の先輩会計士・田代淳吾役とのこと。

ドラマについての情報は、まだ公式サイトが残っていました↓

NHKドラマ 監査法人

私も見逃していた番組だったので楽しみにしていますnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

「猿ロック THE MOVIE」初日舞台挨拶決定!!

2月27日公開、光石研さんご出演の映画「猿ロック THE MOVIE」の初日舞台挨拶が決定しました。

光石さんのご登壇はありませんが(光石さんは当日札幌公演中flair)、関連情報として一応お知らせしておきますね。

公開初日だけでなく、翌日もあるそうですよ~note

【新宿バルト9】 ★ぴあで販売 Pコード:556-220
日時:2月27日(土) 9:00の回上映終了後/11:50の回上映前
登壇者(予定):市原隼人、比嘉愛未、高岡蒼甫、芦名星、渡部豪太、小西真奈美、前田哲監督

【池袋HUMAXシネマズ】 ★ぴあで販売 Pコード:556-221
日時:2月27日(土) 12:20の回上映終了後
登壇者(予定):市原隼人、前田哲監督

【MOVIXさいたま】 ★ぴあで販売 Pコード:556-222
日時:2月27日(土) 14:40の回上映終了後
登壇者(予定):市原隼人、前田哲監督

【TOHOシネマズ川崎】 劇場公式HP、及び窓口にて販売
日時:2月28日(日) 12:00の回上映終了後
登壇者:市原隼人、前田哲監督
◆劇場HP 2月20日(土)24:00~販売開始
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/010/TNPI2000J01.do
◆劇場窓口 221日(日)劇場OPENに合わせて販売開始

【川崎チネチッタ】 ★ぴあで販売 Pコード:556-223
日時:2月28日(日) 13:30の回上映終了後
登壇者:市原隼人、前田哲監督
※登壇者は予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

____________________________________________________________________

チケットぴあ販売詳細 (★の劇場

◆料金
一般2000円、大高生1700円、中学生・小人(3歳~小学生)、シニア1200円
※お一人さま4枚まで購入可能。

◆先行プレリザーブ(WEB抽選)
2/13(土)11:00~2/19(金)11:00 ※抽選結果:2/19(金)夕方

◆一般発売 2/20(土)10:00~
・電話予約:0570-02-9999
・店頭直接購入:チケットぴあ店舗/ファミリーマート/サークルK・サンクス
・インターネット購入:電子チケットぴあ http://t.pia.jp/cinema/cinema.html
【チケット販売に関する問合せ】0570-02-9111

とのことです。

私はもちろん、ご登壇者の多いバルト9狙いでgood。。。って一番競争率高いですねsweat02
プレリで外れたら厳しいんだろうな~wobbly

プレリと言えば、20日の「パレード」も抽選申し込み中だけど。。。当たるといいけどな~dash久々の生・竜也くんheart04見たい~shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「カケラ」公開日決定~!!とCSドラマのその後

安藤モモ子さん第一回監督作品、光石研さんもご出演の映画「カケラ」の公開日が決定したようです。

東京では、渋谷ユーロスペースにて

4月3日(土)から公開sign03

「カケラ」の公式サイトにてUPされていました~note

その後全国順次ロードショーとなるそうです。

舞台が終わって、「猿ロック」観て、その次はこれかな~sign02楽しみです。

さて、しばらくお伝えしていなかったドラマ「ニュース速報は流れた」のその後ですが。。。

先週第5話の放送がありましたが、未だ光石さんのご出演はなし。。。

6話の予告でもまだご登場されませんでした。

ただ、しばらく動きのなかったストーリーが5話でようやく新展開で、6話の予告で新たな登場人物も出てきていましたので、もうしばらくの辛抱(sign02)かと。

このドラマ全11話ある上に、隔週放送なので先が長いんですよね。どうしよう~また最終話のみのご出演とかだったら。。。って、どっちにしても全部観るけどcoldsweats01

もし予告で光石さんがご登場されましたら、こちらでもお知らせしますね~wink

あぁぁ、あと、観劇2回目のレポもまだ書きかけなんです~。。。また後日shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

やっと出たぁ!

やっと出たぁ!
もう、今日はこれだけでゲッソリshock

午後、滑ったら帰りまーすsnowboard

| | コメント (3) | トラックバック (0)

だんだん

だんだん
正体が明らかに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだこれは?

なんだこれは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

ホワイトアウト

ホワイトアウト
今日の舞子、午前は晴れてたのに午後は暴風雪shock
そんな中、ゴンドラで山頂まで登り、5キロ超のコースを絶叫しながら滑りましたsnowboard

だって顔が痛いんだもん…
ネックウォーマーが凍りましたshock

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒みつ珈琲

黒みつ珈琲
上里SAの出店で発見。

コーヒーの上にホイップクリームと黒蜜がトッピングされていて、ちょっとずつ溶かして飲むと美味しheart01

黒蜜ってコーヒーに合うんだなflair

今日はこれから舞子で滑りますsnowboard

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

スーパー戦隊に思いを馳せる節分

今日は、チーの降園後に友達母子と映画「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!」を観に行って来たのですが。。。

面白かったぁ~happy02

久しぶりに笑いすぎてお腹痛かったsweat01

シンケンジャーのレッドって、お殿様でクールなキャラなんですけど(なんのこっちゃ)、そういえばゴーオンレッドはおバカキャラなんですよ。1年前の話なんですっかり忘れてましたsweat02

そのクールな殿とおバカキャラの温度差にまず笑い、ゴーオンレッドのおバカな暴走ぶりにまた笑い、極めつけはゴーオンジャケットsign03走輔。。。アンタまだそれ着てたのねsweat02で、お腹痛いし。

あとは、マニアックな話になりますが。

秘伝ディスクマンタンガンにセットできるんかいっsign02

ケガレシア、せっかく出てきたのに戦わないんかいっsign02

他突っ込みドコロ多数。

さらに、じい(水戸黄門の元・格さん、伊吹吾郎さんですよ)の立回りあり、ゴーオングリーン・イエローとシンケンブルーの天然トリオの絡みあり、軍平のおバカシーンや、計13人の変身シーンあり、相変わらず十臓が邪魔しに来て、次のスーパー戦隊が登場するなど見どころ満載でした。

で、一番盛り上がったのは、エンドロールに流れた「侍ファーストラップ」sign03
これは、ゴーオンジャーのエンディングテーマだった『炎神ラップ』のシンケンジャーバージョン。

『炎神ラップ』シリーズは、数バージョンあり、子供達とカラオケに行くと必ずしつこいくらい歌っていた人気ソング。だいたい映画は「シンケンジャー」メインなのに、最後の曲を「ゴーオンジャー」のにしちゃうんだから、人気の程が伺えます。

そもそも上映前、一緒に行ったママダチが「『炎神ラップ』やらないかな~」って言ってたのでした。

なので、その曲が侍バージョンとなり、しかもシンケンジャーの6人が合わせてダンスを踊る大サービス振りだったので、大興奮upな母達sweat02「きゃーhappy02とーりくんも千秋もばっちもダンス上手い~heart04」状態?sweat02本家ゴーオンジャーのダンスはグタグタだったのに。。。がんばったんだねshine

ママダチは「最後の侍ラップだけまた観たい~。DVD出たら観るdash」と言っていた。私にも貸してくれ。

それにしても、戦隊モノにこんな満足感を感じる私てsweat02などと疑問を感じつつ、映画の後はスーパーで恵方巻と豆を買って、一緒に行った友人母子と我が家で食事。

食事の後、子供達は豆をまき、大人たちはスーパー戦隊談義に花が咲く。

おかしなもので、最初は全く興味がなくても、子供と一緒に1年も見てると自然と愛着がわいてくるのがヒーローモノの魅力なのです。

さらに番組終了後も、出演していた俳優さん達のその後が気になり、

「銭ゲバ」を観ては、「あ!ゲキレッド!」

「スマイル」を観ては、「あ!ゴーオンゴールド!」

「カイジ」を観ては、「あ!ゲキチョッパー!」

などと、観た作品で見かけると、あ~活躍してるのね~などと安心したりします。完全に母親目線。

仮面ライダー出身の俳優さんたちは、その後も華々しい活躍をされてるんですが、

例えば直近の3人が、佐藤健くん、瀬戸康史くん、井上正大くん(←まだ知名度低い?ゼブラーマン2に出るらしいですよ。こないだananにも出てた!)だから、言わずもがなって感じでしょ。

対して、スーパー戦隊達のその後は結構細々やってる印象が強いので、応援したくなるのです。見つけると「がんばれ~」って思う。

今度の日曜で終わるシンケンジャー達も他の番組や映画で観られるといいな。。。

ちなみに、次期のスーパー戦隊は「ゴセイジャー」だって。

今度は"天使"がテーマらしい。衣装も白いタイツにボレロみたいな。武器も天使だからか弓矢とか。しかも変身グッズがモアイ?のような顔の口がガー開いてカード入れるみたいな。。。

カッコ悪sign03

まぁ、初めてシンケンジャー観た時も「顔に"火"とか書いてあるし」「烈火大斬刀、デカっ」とか違和感感じまくりだったのに、今じゃウソみたいに馴染んでるので、また1年後には慣れるのかな。。。ホント?

来年の同じ時期になったら今度は「ゴセイジャーVSシンケンジャー」観に行ってるかもねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月 3日 (水)

ステージ情報番組「プルミエール」

WOWOWにて放送されているステージ情報番組「プルミエール」で、光石研さんご出演中の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」の舞台映像と、阿佐ヶ谷スパイダースのインタビューが放映されるそうです。

残念ながら初回放送は終了してしまいましたが、まだリピート放送があります。

<ステージ情報番組「プルミエール」 #87 放送日程>

2月4日(木)15:40~
2月5日(金)8:00~

詳しくはこちら↓

WOWOWステージ情報番組「プルミエール」

光石さん演じる"葛河梨池"も観られるハズ~note

ちなみにこの番組、ノンスクランブル放送なので、BS放送がご覧になれる方ならどなたでもお楽しみいただけます。お見逃しなく~sign03

話は変わりますが、今回の公演も色んな有名人の方がご覧になってるみたいですね。

昨日久しぶりにtwitterをチェックしていたら、田辺誠一さんも一昨日ご覧になったとつぶやかれてました。とよた真帆さんも、旦那様で光石さんのお友達、青山真治監督とご一緒にご覧になったとご自身のブログに書いていらっしゃったし。
その他、プレビュー初日にまっちげさんがいらしていたとか、2日目にケラさんと宇梶さんと恵さんがいらしていたとか。。。目撃談多数。
そういえば、加納幸和さんもブログに渡辺謙さん&南果歩さん夫婦がいらしたと書いておられましたね。

私が前回行った時は全然目撃しなかったんだけどな~。最前列だと目に入らないんだろうか。。。今度行く時は誰かに遭遇するかなぁsign02ま、それも観劇に行く別の楽しみだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »