« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

この写真、すごくないですか?

先日の「カイジ」完成披露試写会の時の記事で、こんなんありましたけど。。↓

藤原竜也、人生の転機は15歳

この記事で、この写真。。。珍しい。。。そして、なぜにこのキメポーズ?

嬉しいのに、なんか不思議な気分なのはなぜでしょうcoldsweats01

慣れていないからかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」公演スケジュール発表

先日お伝えした、光石研さんご出演の舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」の公演スケジュールが公式発表されましたsign03

阿佐ヶ谷スパイダースの公式サイトにてハッケンsign03

阿佐ヶ谷スパイダース PRESENTS『アンチクロックワイズ・ワンダーランド』

うひょ〜happy02これでいよいよ現実味が沸いてきました。楽しみ〜note

何回観に行こうかな〜heart02

「カイジ」の初日舞台挨拶にご登壇がないガッカリ感から、一気にテンションUPupです。

チケット取れるといいなnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「カイジ」「ヴィヨンの妻」初日舞台挨拶決定!!

TOHOシネマズのHPにて、光石研さんご出演の映画「カイジ」と「ヴィヨンの妻」の初日舞台挨拶の詳細が発表されていました。

が、

どちらにも光石研さんのご登壇はなし。。。残念sweat02映画の撮影でお忙しいんでしょうか。。。

で、舞台挨拶情報の詳細はこちら↓

TOHOシネマズ 舞台挨拶・イベント

ちなみに「カイジ」のご登壇者は、藤原竜也さん、天海祐希さん、香川照之さん、佐藤東弥監督。。とここまでは完成披露の時と同じメンバーで、それに加えて山本太郎さんがいらっしゃるとのこと。

「ヴィヨンの妻」の方は、松たか子さん、浅野忠信さん、室井滋さん、伊武雅刀さん、広末涼子さん、妻夫木聡さん、堤真一さん、根岸吉太郎監督。。と超豪華メンバーshine

初日は「ヴィヨン…」行きたかったなぁぁぁ。。。娘の運動会さえなければ。。。

でもこれだけ豪華だとチケットは争奪戦必死でしょうねぇ。

チケットの発売はどちらも10月2日(金)24:00~(=10月3日(土)0:00~)からTOHOシネマズのHPで発売されます↓

有楽町・日比谷 (日劇/有楽座/スカラ座・みゆき座/シャンテ) 上映スケジュール

こんな豪華なイベントが2つもある日に運動会なんてツイてなすぎcrying(しつこい)
私は運動会が終わったら「ヴィヨンの妻」観に行こうかな~。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月28日 (月)

ドラマ「ママは昔パパだった」最終回

昨夜、光石研さんがご出演されたWOWOWドラマ「ママは昔パパだった」が最終回でした。

光石さん扮する菊池弁護士、最終回では国会内で行われる性同一性障害に関する勉強会のシーンに多くご登場されたのですが、長台詞も多くてご活躍でしたshine
連ドラでこんなにセリフが多いのは久しぶりかも~flairスーツ姿で議員達を説得する姿はとっても素敵でした~heart04

で、お話の方はといいますと。。。ちょっと意外な展開と言いましょうか。。。

法改正については、主人公・仁美(戸田恵子さん)の運動によって、性同一性障害で戸籍上の性別を変えられる条件が「子どもがいないこと」から、「未成年の子どもがいないこと」まで緩和されることになりました。

現時点での仁美は性別を変更できないので満足な結果とは言えないものの、いずれ変更できるということ、法改正についても半歩前進したということ、そして世間に「性同一性障害」についての知識を広めたことで、希望の持てる展開でした。

ただ、仁美と有馬(吉田栄作さん)の関係が。。。

仁美から告白してせっかく結ばれたのに、有馬にプロポーズされたら断っちゃうんです。本当は好きなのに。。。失恋した夜、元妻(余貴美子さん)に泣きついてる仁美の姿は切なかったな~。

そもそも有馬さんの気持ちは何かつかみどころがない感じで、仁美のことがそんなに好きだったのかもよくわからなかったし、なんで急にプロポーズしてるのかもいまいちピンとこなかったのです。

菊池弁護士の最後の登場シーンで、お酒を飲みながら、有馬が菊池に「男ってなんだろうな?」「女ってなんだろうな?」「わかんねぇよな~」と相談するシーンがあるんですけど、これが本音なんでしょうね。私にも元々男性だった女性と結ばれるって想像もつかないし、戸惑うだろうな~と。

仁美が泣いている時に「無理して(自分と結婚して)ほしくない」って言ってたんですけど、有馬のそういう気持ちが仁美には見えちゃったということでしょうか。。。

ハッピーエンドでなくて残念といえば残念なのですが、これが現実味のある展開なのかな~という気もしました。想像がつかない分、すごく考えさせられましたよ。

ちなみに。。。私的ミツケン萌えのシーンベスト1

栄ちゃんの「男ってなんだろな?」の問いに対して、無言で水割りを飲む光石さんlovely

ですhappy01

これで光石さんがご出演の夏ドラマもすべて終了ですね。。。寂しい~weep

今のところ秋ドラマのレギュラー出演はないみたいですが。。。

ご出演映画が来月から毎月公開なので、そっちを追いかけまーすwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」

きゃーーーーーnote来年早々にも生・光石さんを観るチャンスがsign03

長塚圭史さんが主催する演劇ユニット・阿佐ヶ谷スパイダースの新作舞台「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」に光石研さんがご出演されるそうですsign03

この舞台にご出演される山内圭哉さんが所属するPiperのHPで発見。

詳細は下記↓

阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS
「アンチクロックワイズ・ワンダーランド」

【作・演出】長塚圭史
【出演】池田鉄洋・内田亜希子・加納幸和・小島 聖・伊達 暁
    中山祐一朗・馬渕英俚可・光石 研・村岡希美・山内圭哉

【東京公演】
 2010年1月21日(木)~2月14日(日) 本多劇場
【広島公演】
 2010年2月16日(火) アステールプラザ大ホール
【福岡公演】
 2010年2月19日(金) ももちパレス
【大阪公演】
 2010年2月23日(火)・24日(水) シアター・ドラマシティ
【札幌公演】
 2010年2月27日(土)・28日(日) 道新ホール
【新潟公演】
 2010年3月3日(水)・4日(木) りゅーとぴあ劇場
【名古屋公演】
 2010年3月6日(土) 愛知県勤労会館

【料金】東京公演 5,000円(指定席・税込)
【チケット発売日】東京公演 2009年11月21日(土)


劇団サイト→http://asagayaspiders.net/

本多劇場のラインナップにもまだ掲載されていませんので、また詳しい情報が入り次第こちらでもお知らせしますね~good

私事で恐縮ですが。。。

私の誕生日が1月24日でして。。。

もし誕生日当日に光石さんの舞台を見られたら。。なんて考えると鼻血ブーですpig

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

映画「カイジ」特番 放送決定!!

10月10日(土)公開、光石研さんご出演の映画「カイジ」の宣伝特番の放送が決定しましたsign03

放送日時はこちら↓

「『カイジ~人生逆転ゲーム~』公開記念!人生は変えられるSP 」

日本テレビ 10月3日(土)14:00~14:55

です。

約1時間あるし、少なくともキャスト紹介はあるでしょうけど、

光石さんのインタビューが見たい。。。

たまには。。。

日テレさん、お願いshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!!48歳 \(^O^)/

本日、9月26日は

光石研さんのお誕生日でーーーすsign03

わーい、めでたいnotes

去年は(事務所の)メールにお祝いメッセージをお送りしたのですが、あれから1年。。。

こうして、日々光石さんのご出演作を観て、ウキウキして過ごせるのも、光石さんが俳優のお仕事を続けて、がんばってくださってるおかげであります。

本当に感謝感謝です。

また、1つ年を重ねて益々魅力的な光石さんをスクリーンやTVや舞台で拝見できるのを楽しみにしていますnote

光石さん、お誕生日おめでとうございます。素敵なお誕生日をお過ごしくださいheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

明後日「ママは昔パパだった」最終回です!!

光石研さんご出演のドラマ「ママは昔パパだった」が、早くも今度の日曜日で最終回です。

さ、寂しい~sweat02

ドラマの方は、法改正に向けて活動してきた性同一性障害の主人公、仁美(戸田恵子さん)の訴えが、最終回で国に受け入れられるのか?という佳境に入りました。

光石さんは、その法改正に尽力する弁護士役でご活躍されてます。今回はかなりイイ人役ですね~noteスーツ姿もビシッと決まっててカッコいいっすheart04

で、今回のドラマですごく気になったのは、第4話の最後から登場した窪田正孝くん。

仁美と同じ性同一性障害で悩む青年(?)役だったのですが、4話ではほんの少しの出演だったにも関わらず、すごく存在感がありました。最初は目を真っ赤にして今にも泣きそうな様子で悩みを相談しようと仁美を訪ねるシーンだったのですが、ほんとに繊細で儚げで。。。こっちももらい泣きweep

5話では、性別適合手術を反対していた祖父(津川雅彦さん)の理解を得て、身体も女性になり生き生きとした姿が印象的でした。

このドラマで見るまで窪田くんのことを存じなかったのですが、今度はなんと光石さんもご出演でお馴染み(?)「十三人の刺客」にご出演されているそうです。しかも十三人の内の1人みたいで。。。メインじゃないですか!!

いやー、「十三人の刺客」、ますます楽しみになりましたよ~note

で、その前に「ママは昔パパだった」の最終回をお見逃しなく。

放送は、WOWOWにて9月27日夜10時からですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月に観た映画

意外と9月は映画三昧で。。。

一つ一つ感想を書く時間もなかったので、まとめてUPしまーす。

「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」
※ちょっとネタばれありです。

一応、「ともだち」の正体はわかるし、なぜ1人の同級生が「ともだち」の様になってしまったかわかるようにはなっていますが、若干物足りなさが残りました。
3部作で長いとは言え、やはり原作漫画22巻分のエピソードをすべて詰め込むのは無理ですし、かなり省略してると思うのであれが精一杯なのだろうとは思いますが、もうちょっと詳しく描いてほしかった部分も多くあります。

別に光石さん贔屓で言うわけではないんですが、例えば、蝶野がヤマさんに「あなたが祖父を殺した」って問い詰めるシーンも、蝶野がどうしてそれを知ったかという部分には触れてないんです。たぶん原作ではそういうエピソードもしっかり描かれているんだと思うのですが。。。

ともだちがなぜあのような怪物に変貌したかについてももう少し深く描いて欲しかった気がします。

あとは、印象に残ったシーンをいくつか。。。

丸山智己さんの地球防衛軍姿はコスプレっぽくてカッコよかった。

オッチョがヤン坊かマー坊のどっちかに会うシーンで、1人しかいないのに「ヤン坊マー坊!」って両方の名前で呼ぶのが可笑しかった。どっちかわからないんだ?っていう。。。smile

13番を演じているARATAくん、実際はすごーーくオシャレでかっこいいのに、モデルもデザイナーもやってたのに、裏原系のカリスマなのに(←情報古い?)、あの風貌。。。すごい変身ぶりで、マイッタ~。登場キャラの中で一番好きかも。最後はいい人?だったし。すごいちょっとの登場なのに存在感あった~。

ちなみに、「ともだち」を演じてる方は、第1章のライブのシーンに出てきたハットリくんのお面の姿などを見て、髪型や背恰好で佐々木蔵之介さんっぽいな~って思ってたので当たりでした。

あと、最後のキーになる「ともだち」の中学生時代も、エンドクレジットを目で追ってて、「神木隆之介」って書いてあって、「あれ~どこに出てたっけ?。。。あ、もしや最後の10分に出てくる?。。。ってことは、神木くんが『ともだち』か?」とこれまたなんとなくわかっちゃいました。

あとは光石さんのシーンが1シーンで悲しかったcrying

「プール」

舞台挨拶レポはしましたが、感想はまだだったので、少しだけ。。。

説明的なセリフやナレーションはなく、セリフも少ないので、その中で自分で何かを感じ取る映画でした。

そして、とにかくチェンマイの風景が美しくて癒されました。加瀬亮さんがこれまたその美しい風景に溶け込んでいて、とっても素敵でしたshineカセファンにとってはそれだけでも見る価値あり。

ストーリーは、自分を捨てて好きなことをする母に多少反感をもつ娘が、チェンマイに住む母を訪ねるというもの。
初めは異国で自分の知らない人たちと暮らす母に戸惑う娘が、滞在するうちに、気持ちに変化が起こり、最後は母を理解して帰国する姿がすごく印象的でした。

特にラストで、母親役の小林聡美さんが車窓からの風景を眺めて「きれいね」と言うと、伽奈さん扮する娘が「うん」と答えるのですが、そのシーンで初めて、反発していた娘が母に共感した姿を見てジーンときてしまいました。

あとは「自分の好きなことをして生きる」ということと、「人の気持ちを考える」ということの両立って難しいけれど、両方を持つことができるっていうのは素敵だな。。。と思いました。

それから「プール」は「めがね」に似てます。

例えば、主人公が旅先で初めて出される料理が「ちらしずし」。しかも主人公はその最初の食事を食べない。。というのも一緒。

最後、小林聡美さんが手作りしたもの(「めがね」では手編みのストール、「プール」では刺繍のストール)をプレゼントする。。というのも一緒。

2つの映画を比べてみるのも楽しいと思いますnote

「カイジ」

公開前なので、公開後にUPします。

「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」

2回目なので省略。

「ココ・アヴァン・シャネル」

久々の洋画。
大好きな映画「アメリ」のオドレイ・トトゥ主演で、お洋服大好きな私としては見逃せない映画でした。

黒いドレスやボーダー柄、ジャージー素材の服など、シャネルが初めて女性のファッションに取り入れた物は数知れず。。。シャネルを愛用するセレブではなくても、知らず知らずの内にシャネルの影響を受けたファッションを私たちも普段からしているんですよね。

ただ映画に関しては期待が大きすぎたのと、私が見たい所とトピックがずれてたので残念な感じ。

私はもっとお洋服作りのことを中心に観たかったのです。

孤児院で育ち、田舎のナイトクラブで歌っていたシャネルが、何にインスパイアされ、どのようにして世界的デザイナーになったのか、すごく気になっていたのですが、話題の中心は割とシャネルの男女関係だったような。。。もちろん、それもシャネルの人生の軸なんですが。ちょっと物足りなかったです。

ただ、シャネルはファッションに関してだけでなく、その当時の女性の生き方としても相当な反逆児であり、革命児であったことは間違いありません。

そういう意味では本当にカッコいい女性。憧れます。最後のシーンで、ショーの後、シャネルの自信に満ちた笑顔が印象的でした。

。。。てな感じです。
来月も「カイジ」に「ヴィヨンの妻」に、小日向さん主演の「サイドウェイズ」など観たい映画が沢山あるのでしばらくは映画強化月間になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

ドラマ「アンタッチャブル」初回放送日決定!

来月からテレビ朝日で放送開始の新ドラマ「アンタッチャブル」の初回放送日が決定しました。

10月16日(金)の夜9時~

とのこと。

ただ、この番組に関しての光石研さん、PRスポットに登場されているということ以外は謎です。。。ゲスト出演といったところでしょうか。

また放送日が近くなって何か情報が入りましたらこちらでもお知らせしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シルバーウィーク その2 映画「シンケンジャー」舞台挨拶

連休2日目。

これまた前日にディズニーシーで一緒だったお友達母子と映画「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」の舞台挨拶付き上映を観にユナイテッド・シネマ豊洲まで行って来ました。

この舞台挨拶、金曜日のチケット発売当日の朝に突然発見して急遽行くことに。。。
既に映画は観たし、前日のディズニーシーで疲れてるのはわかっているのに、生の戦隊見たさに思わずチケットを取ってしまった私たち(←母親たちの方ねsweat02)。。。子供より夢中になってどうする?

で、一応これも舞台挨拶なんでレポしちゃおうと思いますcoldsweats01

ちなみにウチの子達はこれが舞台挨拶観覧デビューshineミーハーな母を持ったばっかりに。。。早いねっsweat01

<映画「侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」舞台挨拶 ユナイテッド・シネマ豊洲 9月20日13:45上映終了後>

上映終了後、まずは司会の方がご登壇。
この司会の女性、普段観る舞台挨拶の方とは違い、キャストを呼ぶ時に異常に高いテンションで叫んでました。。。

司会の方の絶叫にも近い紹介の後、シンケンゴールドの相馬圭祐さん、ピンクの高梨臨さん、グリーンの鈴木勝吾さん、レッドの松坂桃李さん、ブルーの相葉弘樹さん、イエローの森田涼花さんの順にご登壇。

登場されると客席から黄色い声援が。。。よくよく周りを見れば、家族連れの他に若い女の子2人組が沢山~flairなるほど~。

彼女達が誰ファンなのかジッと観察してみたんですが、どうもグリーンとレッド目当ての子が多い感じ。私もグリーン好きよsmile

まずはご挨拶。役名の後に自分の本名を名乗るのは皆一緒なので省略。。。

レッド「只今戻りましたー!」(会場から「おかえりー!」の声援)
「今日は皆さんに会えてとっても嬉しいです。メンバーも楽しみにしてきたので、今日は楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。」

ブルー「みなさん、こーんにちはー!」(会場「こんにちはー!」)
「今日はお越しいただきありがとうございます。楽しんでいってください。お願いします。」

ピンク「みなさんこんにちはー!」(会場「こんにちはー!」)
「入った瞬間こんなに広くてビックリしましたー。シルバーウィークの連休の中で来てくださってありがとうございます。」

グリーン「みなさん、こんにちは!」(会場「かわいーーー」の声援。グリーン人気?!)
「久々にみなさんに会うことができて、とっても嬉しいです!みなさん楽しんでいきましょー!」

イエロー「みなさん、こんにちはー!」(会場「こんにちはー!」)
「こうやってみなさんにお会いすることができて嬉しいです。楽しい時間を一緒に過ごしたいと思います。よろしくお願いしまーす。」

ゴールド「みなさん、こんにちはー!」(会場「こんにちはー!」)
「全国をシンケンジャーとして回って参りましたが、再び生きて東京の地に帰ってこれたこと、これもひとえに皆様の支えがあってこそと思っております。ありがとうございます。」

司会「この映画は、歴代スーパー戦隊史上初の映画興行ランキング1位を獲得しましたが、出演者の皆さんとしては、どうですか?この大ヒット。」

レッド「こんなに沢山の方たちに観ていただけるとは思わなかったので、しかも(上映時間が)こんなちょっと。。。10分くらいなのに。。(他のキャストに「20分だよ」と突っ込まれる)。。ありがとうございます。」

司会「今日は名古屋からいらっしゃったんですよね?名古屋はいかがでしたか?美味しいものとか。」

イエロー「あー、美味しかったですよ!手羽先となんとかおにぎりたべたんですけど」

ブルー「天むす?」

イエロー「あーはい、天むすおにぎり食べたんですけど、すごい美味しかったです。駅弁?でそれがあって。。」

司会「名古屋の熱気はどうでしたか?」

イエロー「熱気?」

司会「名古屋のファンの熱さはどうでしたか?」

イエロー「あ、暖かかったです、まだ。秋に近い。。。」(会場爆笑)

他メンバー「え、気温的に?」「気温的な意味で?」(会場笑)

司会「舞台挨拶で、森田さん(イエロー)に神が降りてくる瞬間でございます」

レッド「わかんねぇ、どう処理していいかわかんねぇ。。」(会場笑)

イエロー「なんでなん?普通に言ってるんですけど。」。。。(会場拍手)
「なんかー、わかんないけど、がんばるわ。」

司会「お休みが取れたらしたいことはありますか?」

ピンク「ぷよぷよをしたいです。」

司会「他の皆さんも何かハマっていることはありますか?」

ブルー「僕もぷよぷよを。。。臨ちゃん(ピンク)ほどはやってないけど。」

レッド「人のこと言えないよ、一日の上限回数超えてるじゃん。」

ブルー「一日の上限回数っていうのは、携帯サイトで1日40回って決まってるんですよ。。。ってなんでこんな説明しないといけないんだ。。」

司会「これからチャレンジしてみたいことはありますか?」

ゴールド「今、ジムに通ってて、肉体改造にチャレンジしてます。」

司会「最後に殿(レッド)に締めていただきたいと思います。」

レッド「今日は僕たちシンケンジャーの元気な姿を見せることができて本当にうれしいです。またこれからも(放送は)後半戦がまだまだあるので応援よろしくお願いします。」
「それで観終わったということで、僕が「一件」っと言ったら。。」

ゴールド「ちょーっと待ったぁ!!!」
「その前に勝利の一本締めだー!皆さんお手を拝借。。」

ここで。。。

ゴールドにジャマされて泣くマネをするレッドをグリーンが慰めるようにハグすると、
客席の女子達が「キャーーーーーーーー!!」と絶叫。す、すごい。。

ゴールド「オレ、ほんとこれやると悪役になるんすよね」(会場笑)
「行きますよ、お手を拝借。。。ヨォーッ」(会場paperを叩く)
「ありがとうございますっ」

レッド「こーぅねっ、さらっとまたバトンを渡される感がね。。。」
「じゃ、行きますよ、「これにて」って言ったら「一件落着」ね、せーのっ、これにて」(会場「一件落着!」)
「ありがとうございましたー!」

司会「ありがとうございましたー。」

で、キャストの皆さんが退場。

退場途中にゴールドが客席を振り返って「一貫献上!」(変身の時に言うセリフ)と言ったら、

レッドも負けずに「一筆奏上!」と言ってました。

皆自分の質問以外の時は、ずっと声援に応えて、客席に手を振ってくれたりして、ファンサービスたっぷり。チーと友達も手を振ってたら、グリーンが振り返してくれてました。優し~noteそんな感じで、キャストとふれ合えた感がすごくあって楽しい舞台挨拶でした。

それにしても。

司会の女性と若いギャルたちの熱気がすごかった。。。あれには負ける。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

シルバーウィーク その1 東京ディズニーシー

終わっちゃいましたね~。シルバーウィーク。

幼稚園のお友達で計画的なお家はGWくらいから既に旅行の予約を取っていたらしいのですが、我が家は私もオットもあんまり色んな事に気付かないタイプでして。。。coldsweats01
今年9月に5連休があることも夏休みの終わり頃に知ったくらいで、なーんにも計画してませんでしたcoldsweats01

んで、連休初日。

たまたまこの時期限定の割引チケットが手に入ったので、幼稚園のお友達母子達とディズニーシーに行って来ました。母子3組で総勢8名。しかも、子供達は各自ポップコーンバケツとダッフィーのぬいぐるみ持参という大荷物。うちの7人乗りの車にギュウギュウで。。sweat02ちなみにパパたちはお留守番。

今年はディズニーシーで初めてハロウィーンのイベントをやるということで、それを目当てに行ったのですが、ハロウィーン関連のショーやイベントはどれも激混みで全滅状態でした。
まずはハロウィーンの衣装を着たダッフィーと写真を取れるという場所に行ってみると、長蛇の列ができており、最後尾で係りの方に聞いてみると、なんと

「3時間程の待ち時間でご案内しておりまーす」

あ、ありえねぇ。。。

さらにハロウィーンのメインショー「ミステリアス・マスカレード」を鑑賞エリアで見るには事前に抽選をするのですが、それにもハズレcrying

さらにサブショーの「マスカレード・ダンス」は朝からずーっとその場で陣取っている方がほとんどで、行った時には場所取りすらできない状態。。。crying

と、残念ながらディズニーシーでのハロウィーンを満喫することはできず。。。
キャンディーウィッチからハロウィーンのキャンディーをもらったり、ハロウィーンの可愛いデコレーションの前で写真を撮るなどして、ごまかす母達。。。coldsweats01

ところが、その他のアトラクションは待ち時間も少なく、どれも15分~30分で乗ることができました。子供が小さいので絶叫系マシーンは乗ることができませんでしたが、「タワーオブテラー」ですら、40分待ちでしたよ~。

それと嬉しいことが1つsign03

10月1日からオープンのNEWアトラクション「タートルトーク」がリハーサルオープンしていて、一足早く観ることができました。しかも20分待ちでnote

このアトラクション、S.S.コロンビア号の海底展望室で、映画「ファインディング・ニモ」に登場するウミガメのクラッシュとお話ができるというものです。

行くまで全くどんなものかわからなかったのですが、ベンチシートが並ぶ部屋に入ると前に大きなスクリーンがあり、そこにクラッシュが登場、観客と会話をするというアトラクションでした。

って言うと、あまり面白くなさそうsign02ですが、このクラッシュのトークがめちゃくちゃ上手くて超面白いんですsign03リアルタイムでちゃんと客席を見て話してるんですよ。(どこから?)

面白さをうまく伝えられずもどかしいのですが、子供も親も大爆笑でした。

ただ、先日3歳になったばかりで未だ「魔の2歳児」を引きずっている次女フーの反応はイマイチ。。。

事前に別室でアトラクションの説明をしてくれるガイドさんに「どこから来たの~?」と聞かれて、フンっと横を向いて怒りに震えて涙ぐんでましたwobbly意味不明。。。
そういえば、キャンディーウィッチに飴をもらうときに「トリックオアトリート」って言わないといけないんですけど、それを言う時も嫌がって同じ反応をしてたな。。。極度の人見知りsign02

まぁそれはさておき、乗り物には沢山乗れたし、大好きなキャラクター達にも沢山会えたし、開園後すぐから閉園時間近くまで遊び続けたので子供達は大満足でした。

しかも、チーとフーにせがまれてこんなもん買わされたcrying

ダッフィーのハロウィーン用衣装×2
20090923112121_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月19日 (土)

「カイジ」完成披露試写会レポートが

東宝WEB SITEに完全版(?!)でUPされていましたよ~。

藤原竜也が熱烈アピール!「カイジ 人生逆転ゲーム」完成披露試写会舞台挨拶

私が書けなかった香川さんのお話や、監督・原作の福本先生のお話もバッチリ出てますgood

私が必死こいてレポする必要はなかったかもsweat02(爆)

それにしても、最近光石さんのご出演作って東宝系が多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ウルルの森の物語」公式サイトリニューアルで

12月19日(土)全国東宝系にて公開の映画「ウルルの森の物語」の公式サイトがリニューアルされていました。

そして早くも、光石研さんの役名が判明note

野生動物保護協会の分子生体学者 長谷部(はせべ)役

だそうです。なんか難しい肩書。。。coldsweats01

しかも、特報2と予告動画で光石さんご登場ですheart04

これを見る限り、主演の船越英一郎さんを責めたり、子どもたちからウルル(オオカミの子)を取り上げたり、今回は若干憎まれ役sign02な雰囲気です。ま、お得意分野ですもんねsmile楽しみ~note

ちなみに「カイジ」の公式サイトもリニューアルされていて、作品情報のCHARACTERとCASTの項で光石さんが見られますよ~note

それから佐藤東弥監督のブログも開始していました。

そろそろ初日舞台挨拶の情報もリリースされるかな~。告知があったら、こちらでもお知らせしますね~good

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月17日 (木)

「カイジ」完成披露試写会のニュースをチェック

昨日、結局ズームイン以外の番組ではスルーされてたんでsweat02
ネットのニュース記事をチェックしてみました。

写真が充実しているのは、@ぴあの記事で、こちら↓

藤原竜也が語る「“人生逆転”の瞬間」とは?

内容が充実しているのは(あ、あくまでもミツケンファン目線で。ですcoldsweats01)、CinemaCafe.netで、光石さんのコメントもありました↓

天海祐希、“結婚”に関する問いを力技で封印? 「逆転など必要ない!」

私も佐藤監督の「ドラクエです」の即答がかなりウケましたsmile

あとは「カイジ」の公式サイトに完成披露試写会のレポートが上がってました。こちらは写真も全員勢ぞろいのショットで、コメントも全員分あるのでかなり満足な内容ですheart04
当ブログの左側に公式サイトのリンクがありますので、そちらから最新情報の項をご覧くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

今朝のズームイン!!

昨夜の「カイジ」舞台挨拶から興奮覚めやらぬ朝を迎えました。

今朝は恒例の(?)OAチェックであります。

まずはおひざ元の日本テレビ、「ズームイン!!SUPER」。
もちろん、昨日の様子は放送されましたが。。。

まず6時台。
なぜ、そこで切る??

竜也くんを中心に左に香川さん、右に天海さんで、その3人のショットが中心crying
カ、カメラ、も、もうちょっと右側をプリーズ。。。

というわけで光石さん、いつものチラ見せで終了crying

7時台は舞台挨拶後の竜也くん(単独)が中心で、じゃんけんが得意な(?)竜也くんとディレクターがじゃんけん勝負というものでした。

なんと、竜也くん、3連敗。

超笑えたsmile

それで一言。「俺、あっちむいてホイが強いんだって~」。。可愛いheart04

しかも、恒例「ズームイン!」の後に「ダブルイン!」のオマケ付き。しかしそれは、ゲッツ!とも言う。。。sweat02

これはこれでよかったheart01保存版に決定。

ちなみに他局、めざましテレビは完全にスルーでした。

後で「スッキリ!!」や「おもいっきりDON!」もチェックしてみます。

ふと気づきましたが、最近大抵の邦画は公開前に宣伝番組を放送するじゃないですか?

あれって、よく完成披露試写会の後にキャストのインタビューとか撮ってますよね?
ということは、今回の「カイジ」の宣伝番組は、期待できるんじゃないでしょうか?あ、もちろんミツケンさんのインタビュー。チラ見せでもいいから!お願い!<必死

それに日テレだと、公開前によくキャイ~ンさん映画番組「シネマガ」(金曜深夜)で特集したりするんで、今回それもありそうだし。。。

また公開近くなったら調べてお知らせしますね~note

ほんっとに「カイジ」オススメなんでnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カイジ」完成披露試写会 舞台挨拶レポート

光石研さんがご出演の映画「カイジ」の完成披露試写会が9月15日(火)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、私も行って参りました~note今回は、ミツケンファンのお友達、フクチャンさんにお付き合いいただきました。

上映前にキャスト・スタッフによる舞台挨拶があるということは告知がありましたが、どなたがご登壇かという情報は事前に公表されていなかったので、当然光石さんがいらっしゃるかも不明。。。

でもでも、この映画、久しぶりに光石さんがガッツリ取り組まれた作品のようでしたし、主演の藤原竜也くんもファンですし、それと何より、

公開初日の10月10日が、

ウチの娘の運動会shock

のため、初日舞台挨拶には行けそうにないので、この機会を逃すまい。。。というわけで行ってきたのであります。

では、記憶の新しいうちに舞台挨拶の模様を。。。

<「カイジ」完成披露試写会 TOHOシネマズ六本木ヒルズ18:30上映前>

ご登壇者:佐藤東弥監督、藤原竜也さん、香川照之さん、天海祐希さん、光石研さん、原作の福本伸行さん

司会は日本テレビのアナウンサー、山下美穂子さん。

司会の方の諸注意の後、下手側の舞台袖より、佐藤監督、光石さん、天海さん、藤原さん、香川さん、福本先生の順でご登壇されました。

光石さんが2人目に見えた瞬間、フクチャンさんと私、絶叫ーーーーsign03
がんばって来てよかった。。。weep

今日の光石さん、黒のスーツ、黒の皮靴、黒メガネ、シャツが先日の「LOVE LETTERS」の1部の時と同じ?白×ピンクのギンガムチェックシャツでした。ちょっとお髭が伸びててかっこいいっすheart04写真、ありました↓

藤原竜也が語る「“人生逆転”の瞬間」とは?

竜也くん、司会の方に名前を呼ばれて、開口一番大きな声で「よろしくお願いしまっすsign03」気合い入ってますdash

<まずは最初のご挨拶>

藤「本日は、皆さま大変長らくお待たせいたしまして、こんな残暑厳しく蒸し暑い中、多くの人にお集りいただきましてありがとうございます。伊藤開司を演じさせていただきました藤原竜也です。よろしくお願いします。」

天「こんばんはー。天海です。今日はお忙しい中ありがとうございます。ようやく見ていただける形になって私も楽しみにしています。どうぞ楽しんでいってください。よろしくお願いします。」

香「今日は大勢お越しいただきありがとうございます。利根川という、カイジの中で一番メッセージのこめられた役をやらせていただいて。。。ほんっと大変でした。Eカードだけで、10日間以上撮影しました。楽しんでいってください。ありがとうございました。」

光「こんばんは。光石です。今日はありがとうございます。楽しんで帰ってください。」(一呼吸おいて、会場笑。普通の挨拶なのに、なぜか笑いが起こる。。。それが光石マジックsmileそして、また顔を赤らめる光石さん。)

その後監督、福本先生と続きます。佐藤監督、これがなんと映画初監督作品だそうです。「ごくせん」の方が後に撮影したってことですね?

<この映画の「人生逆転ゲーム」というサブタイトルにちなんで、皆さんの人生逆転劇のエピソードがあれば教えてください>

藤「僕は15歳で、この演劇の世界に引っ張られてきて、そうでなければ埼玉県秩父市の山奥で細々と畑仕事したり、ホルモン屋さんに通いつめたり、ダメな生活をしてたと思うんですけど。。。何を話してんのかわかんないですけど、自分でも。。。今こうして香川さん、天海さん、光石さんと皆さんの前に立ってることを考えると、逆転というか、その15歳が人生の転機だったんだなぁと思います。。。。「カイジ」よろしくお願いしますっsign03

天「転機ということなら、私も16歳くらいだったんですけど、今の人生、私、逆転しなきゃいけないと思うことなど何一つございませんsign03」(会場笑&拍手)
「あと、もう一つの答えとしては、まだまだ途中で。。いつかまた大逆転狙いたいかなと。。。ううん、しなくても全然」(会場笑)
「カイジよろしくお願いしますsign03

香川さんのお話、ちょっと長くて覚え&書き取れきれませんでしたsweat02
内容は、昔まだコンピュータが普及していなかった頃にコンピュータが得意だった地味な友人が、今では、自分たちが知らずに利用していたmixiの同窓会名簿を立ち上げたすごい人になっていたというお話でした。
「カイジ、観てくださいsign03どうぞよろしくお願いしますsign03

そして、ようやく光石さん
「僕も皆さんと同じく16歳、17になる歳にこの世界に入って、それが転機と言えば転機なんですが、さっきからずっと子供の話が出て、僕も大逆転と言えるかわからないのですが、面白い話もできないので、まぁちょっと(会場クスクス)。。。」
「こどもの日に並んでお餅をもらうっていうのが、小学校の時にありまして、ハズレた人は飴玉なんですね。で、クジを引くんですけど、僕はとても率の低い飴玉の方だったんですね。(会場クスクス)皆割とお餅だったんですけど(会場笑)、それであらあらと思ってウチに帰って、次の日学校行きますと、お餅食べた人が皆アタったっていう。。。多少逆転したかなって」(会場笑)「思った思い出が、大逆転でもなんでもないっていう。。。あの、ちょっと、すみませんでした」
(声を大にして)「そんなことより、カイジをよろしくお願いしますsign03」(会場笑)

しっかり笑いを取った光石さんでした。

その後、監督、福本先生と続きます。
監督は「カイジ」の長い原作を2時間の映画にするためにスタッフと考え、話の順番を変えたりしてどうにかこの映画ができたこと、福本先生はデビューした後ずっと売れなくて、初めて大手出版社での連載を勝ち取ったのがこの「カイジ」だったというお話でした。

<皆さんの得意なゲームがあったら教えてください>

藤「じゃんけんです。ほんとはあっちむいてほいです。」

天「香川さんは王様ゲームだって言ってました。きれいなお姉さんたちと一緒にやるって。」(笑)

司会「天海さんは?」

天「ございませんsign03」(キッパリ。会場笑)

司会「光石さんは?」

光「いっさい、ございません。」

司会「監督は?」

監督「ドラクエです」(即答)

司会「福本先生は?」

福「子供の頃は、神経衰弱。でも最近子供達とやったら、全然覚えてない。」

司会「記憶力が?」(会場笑)

以上で一旦終了。マスコミ向けのフォトセッションに移ります。キャストの方たちは一旦退場され、準備へ。

会場の私たちも事前に「ざわ。。。」と書いた紙を配布されていたので、それを使って撮影するとのこと。これがその写真↓

http://news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=200909150007&imageCd=10

今回、私、前から5列目のE列だったんですが、F列とG列の間の通路に台を置いて、そこにキャスト・スタッフの方が立たれての撮影だったので、撮影中、すごく近くて後ろをガン見でした。かなり近いんだけど、手前に香川さんと竜也くんで、奥の方に光石さんがいて、しかも皆じゃんけんのグーとかパーとかチョキとかのプラカード(?)を持ってたので(光石さんはパーでした)、それがかぶってて光石さんが時々見えなかったのが悲しsweat02

キャストの皆さんが台に上がる時に香川さんと竜也くんがなぜか「光石さんが、光石さんが」って仰ってて気になった~bearing

ムービーの時は、竜也くんの掛け声で皆一緒に「ジャンケンポン」と言ったり、「ジャンケンざわ。。」と言ったりしました。で、撮影終了。

<最後に竜也くんから締めのご挨拶>

藤「やれるかどうかじゃないっ、やらなきゃだめなんだsign03」(会場拍手。劇中のセリフです。)
「ほんとに、強烈に仕事を一緒にしてみたかった、共演者の方々と監督とほんとに楽しい映画が撮れたと思います。皆さんしっかりと見ていただいて、より多くの方に宣伝していただければと思っております。10月10日公開ですので、皆さんよろしくお願いします。ありがとうございました。」

そして、また上手側の出入り口へ退場されました。

いい席だったんですけど上手寄りだったので、反対側ならさらに近くで見られたな~shineでも、光石さんがいらっしゃっただけでも大満足です。

映画の方は、久しぶりに気合いの入ったアツい映画を観たって感じで、ほんっとにヨカッタです。今年の光石さんご出演の映画では一番でした。他の映画と比べても一番かな。。

しかも、この映画ミツケンファンが「おぉぉぉっ」と唸るシーンが結構あるんですよ~sign03

一つは以前光石さんがご出演された、とある映画と同じシーンを同じ女優さん(これまた光石さんと仲良しの方)が演じてらっしゃいます。
さらに、やはり以前とある映画で光石さんの娘さん役をされた女優さんが、この映画でも娘役を演じていらっしゃいます。

これ見ちゃったら、ミツケンファンに対するサービスとしか思えなかったんですけど、私。

それと、3日前に観た「プール」も「カイジ」も同じ大森美香さんが脚本を担当されています。

それにしても雰囲気が真逆だ。大森さん、すごすぎる。
「プール」はとっても心地よい映画だったんですけど、「カイジ」は心落ち着く暇がない激しい映画でした。

その他、書きたいことが山ほどあるんですけど、公開前にあまりネタバレしちゃう感想書いてもアレなんで、公開後にまたちゃんとお金払って観に行って書きますね~。

あと。。。

お恥ずかしながら、映画館を出た所で、カメラに向かって、

「カイジ、サイコーsign03」なんて、言わされちゃいました、私。よくCM見て、「あーいうの、やーねー」なんて言ってたくせに。がぼーーーーんshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

速報!「カイジ」完成披露試写会舞台挨拶

今日の映画「カイジ」完成披露試写会の舞台挨拶に、

光石研さんが、

キターーーーーsign03

というわけで、今年3回目の生・光石shineいただきましたーsign03ありがとうございますsign03

後日、しっかりレポしたいと思ってますので、どうぞお楽しみにnote

ちなみに今夜のご登壇者は光石さんの他、藤原竜也さん、天海祐希さん、香川照之さん、佐藤監督、原作者の福本先生でした。

明日のズームインは要チェックですsign03光石さん、ジャンケンのパーpaper持ってますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月14日 (月)

藤原竜也くんのインタビュー その2

「プール」舞台挨拶の帰りに書店に立ち寄って、映画雑誌を何冊かチェックしてきました。

その中で、「Cinema☆Cinema」に映画「カイジ」について藤原竜也くんのインタビューがあったんですけど、最初の見出しに

「光石さんがいたから過酷な現場も乗り越えられた」

って書いてあるーーーsign03「光石さん」って、あの光石さんsign02きゃーーーsign03

大好きな竜也くんが大好きな光石さんのことをお話してるなんて、鼻血ブーpigなので、即行買って帰りました。

ウチでニヤニヤしながら読んでみましたら、「カイジ」撮影中の光石さんについて書いてありましたよ~heart04以下抜粋。。。

あの(鉄骨渡りの)シーンでは、松山ケンイチ君と光石研さんと10日間、ほぼ毎日ずっと一緒にいたんです。たくさん映画の話もできたし、ふざけながら芝居以外の話もしたりして、すごくいい時間を過ごせました。…(中略)…光石さんとは初共演だったんですけど、大ベテランなのに僕とマツケンの遊びに付き合ってくれて(笑)。
ほかの俳優さんだったら怒るような失礼なことをわざとすると、光石さんが面白がって乗ってくれるんですよ。
例えば、「おい、光石。お茶」って言ってくれたら「はいはい」って持ってきてくれたり(笑)。「俺は本来、こういうキャラじゃねぇのにな」って言いながら、ものすごく僕らをかまってくれました。
もうね、3人でコントみたいなことをずっとしてた。光石さんがいたから過酷な現場も乗り越えられたなって思いますね。
僕と光石さんは、作品の中でいいコンビとして描かれてますけど、その空気がうまく画面に出てるんじゃないかと思います。…(以下略)

だってheart04

「カイジ」観るのがますます楽しみになりましたnote

それにしても、いつも撮影現場での光石さん、共演者の方々と楽しそうに遊んでる(sign02)って話をよく聞きますね。

先日も、大泉洋さんがラジオで「(「赤鼻」の撮影の時)今日は光石さんとずっと遊んでたな~」っておっしゃってたみたいですし。。。

光石さんが現場で楽しく過ごされているのは、ファンとしても嬉しい限りであります。また楽しい現場のお話、どこかで聞けるといいな~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月13日 (日)

「プール」初日舞台挨拶レポート 新宿ピカデリー

昨日、加瀬亮さんご出演の映画「プール」の初日舞台挨拶に行って参りました。

20090912124235_2 当日舞台挨拶が行われた銀座、新宿、川崎の上映館のうち、私が行ったのは新宿ピカデリー。お恥ずかしながら、改装してから初めてオジャマしたので、ビックリしました。すごくキレイな映画館ですね~shineちょっとしたオノボリさん気分。

それはさておき、記憶の新しいうちに舞台挨拶のレポートを。。。

<映画「プール」初日舞台挨拶 新宿ピカデリー13:00の回上映終了後>

ご登壇者:小林聡美さん、加瀬亮さん、伽奈さん、もたいまさこさん、大森美香監督

上映終了後、まずは司会者の柴田玲さんからご挨拶と諸注意の後、キャスト・監督が上手側の舞台袖からご登壇されました。

小林さん、加瀬さん、伽奈さん、もたいさん、大森監督の順で呼ばれて入られたのですが、なぜか並び順は下手より、監督、加瀬さん、小林さん、伽奈さん、もたいさんだったので、監督は最後に右から左へダッシュしてました、大変っcoldsweats01

今日のカセクン、お洋服はグレー×白×黒のチェックシャツに紺のニットorカットソーを重ねて袖をロールアップ、下はルーズな感じのジーパンでした。似合うheart01

司会「まずは初日を迎えられてのお気持ちをお聞かせいただけますか?」

小林「皆さんこんにちは。小林聡美です。」会場、小さく拍手。。。で、小林さん「ぱちぱち」と囁くと、会場大きな拍手&笑
「今日は天気がよくないんですけど、こんなに沢山きていただいてありがとうございます。ほんとに最高の初日になりました。」

加瀬「今日は足を運んでくださってありがとうございます。」「楽しんでいただけましたでしょうか?」(会場拍手。カセクン、いつもコレ聞くねsmile
「あっ、ありがとうございます。短い時間ですけど、よろしくお願いします。」

伽奈「は、はじめまして。伽奈です。足もとの悪い中きていただきありがとうございます。」(かなり緊張気味)

もたい「(のんびりした口調で)みなさま、こんにちは~。今日はよくいらっしゃいまして、ありがとうございます。こういう映画になりました~。」
「ちょっと、観終わった後で、何も言えない気分だと。。。私たちもどう対処していいか。。。ちょっとドキドキしてます。今日はほんとにありがとうございました。」(会場、もたいさんの一言ずつに(笑)一瞬で会場もほんわかムードなるのは、さすがhappy01

監督「大森と申します。沢山の方に来ていただいてうれしいです。今年の2月にチェンマイで撮影して、ようやく今日が来たなと感じています。ありがとうございました。」

司会「ゲストハウスはどういう場所ですか?」

小林「真中にプールがあって、ゲストハウスが4棟あるらしいんですけど。町から30分くらいのところにありまして、これを見て軽い気持ちで『あそこに行きたい』と思ってもなかなか難しいかもしれない(笑)。。食材を買っていかないと周りに何もなくて。そこがいいところでもあるんですけど。」
「朝晩は涼しいんですけど、日中は暑くて35度から40度くらい。あのプールの周りは灼熱地獄で。。。(笑)」

司会「もたいさんは、たくさんの動物とたわむれてらっしゃいましたけど。。。」

もたい「あれはわざわざ来てもらったんじゃなくて、あそこに元々住んでる動物たちなので。ほんとに動物好きには堪えられないところでしたね。」

その後、監督から動物とビー君(劇中に登場する男の子)のお話が少し。ビー君は現地でオーディションをして選ばれ、演技は初めてというお話の後、

司会「初めてと言えば、伽奈さんも映画にご出演は初めてで、ビー君とわかりあえたり、交流はありましたか?」

伽奈「はじめは彼もおとなしかったんですけど、だんだん打ち解けて、最後に一緒に歌を歌ってあれでほんとにホッとしました。」

司会「初めての映画現場はいかがでしたか?」

「(しばらく間が空いて)。。もうやるしかないって、やるしかないって感じでした。楽しかったです。」

司会「加瀬さんはチェンマイの雰囲気にすごくとけこんでいらっしゃいましたが、撮影でずっといらして、ここに住めそうだなとか感じられましたか?」

加瀬「ボク、パクチーが食べれないんで、そういう意味ではアレなんですげと、ほんとにチェンマイは移り住みたいって思う程、心地よかった」

司会「現地に長く滞在してご自身に何か変化はありましたか?」

加瀬「変化?。。。」

司会「周りの皆さんはいかがですか?」

もたい「加瀬さんはなんかよくわかんなかったですねぇ。毎夜毎夜一人でどこか出かけて。いつもすっごい大きいリュックしょって、それに何か入ってて、何を買ってるのかな~って。」

司会「何を?」

加瀬「いや、プライベートなことなんでちょっと。」(会場笑)

司会「一番思い出されることはなんですか?」

小林「やっぱり食べ物がおいしかったですね。揚げバナナっていうのが出てたんですけど、ほんとに美味しくて。」

伽奈「豚がものすごくデカかった」(会場笑)

そのあと、豚のお話がしばし。
劇中で2匹の豚が出てきて、もたいさんが「こっちだけこんなに大きくなっちゃって」というセリフがあるが、スクリーンで見るとどっちも大きくて、同じに見えるという話で会場笑。
監督曰く、ロケハンの時は大きさに差があったとか、撮影の時は遠近感で同じ大きさに見えるとか。。。

もたい「技術スタッフはほとんどタイの方なんで、言葉も通じないのに日が経つにつれて仲良くなって楽しい現場でした。」

小林「コムロイ(空に飛ばす灯篭のようなもの)を上げるところがほんとに面白かったです。撮影を忘れて真剣に空気を集めるっていう。。」

司会「代表して小林さん、観る側としてこの映画から受けた物は何ですか?」

小林「セリフが少ないので、説明されていない部分がたくさんあって、観ていただく方が色々考えてもらえる部分だと思うんですけど、自分らしく生きるっていうことと、人のために生きるってことを考えていくっていうことも、自分の中にあるっていう生き方が素敵だなって思いました。。。なんかいい話になっちゃいましたけど。」(会場笑)

司会「最後に監督から一言お願いします。」

監督「素敵な役者さんと素敵な場所に恵まれて素敵な映画になったと思います。観ていただいて何か一つ思い出を持ってこの映画のことを記憶にとめていただけたら嬉しいです。ありがとうございました。」

で終了となりました。

終了して、外に出るとフロントガラスの上部に「プール」と書いてあるバスが出発する所に遭遇しました。窓にはカーテンがかかっていて中はあまり見えなかったのですが、司会の方や監督は普通に見えたので、もしや!と思ってよくよく覗いたら、いました~カセクンがsign03

慌てて携帯を出しましたが、撮れたのはコレcoldsweats0120090912151129_2 

「この後は川崎ですね。。いってらっしゃい」と心の中で見送る私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

映画「ウルルの森の物語」

「赤鼻のセンセイ」が最終回を迎え、「20世紀少年最終章」では1シーンのみのご出演で、寂しさ漂う今日この頃。。。

って思ってたら、早速新作情報が飛び込んできましたnote

12月19日(土)全国東宝系にて公開の

「ウルルの森の物語」に光石研さんがご出演でーーすheart01

公式サイトはこちら↓キャスト欄に光石さんのお名前がflair

ウルルの森の物語

まだ劇場版の特報くらいしかUPされていないので、詳しいことは不明ですが、なんでも「『マリと子犬の物語』のスタッフが贈る、オオカミの子と家族の絆を描いた感動物語」ということです。

主演は「マリと子犬…」にもご出演されていた船越英一郎さん。でも、実質はオオカミがメイン。。。といったところでしょうか。

動物モノを観るのは、カセクンの「犬と私の10の約束」以来になると思うのですが、「泣かせようとして作ってるでしょ?」とは思っていても、確実に泣いてしまう。
と思うcryingいい年こいて。

来月から毎月ミツケン出演作が公開で忙しいですが、嬉しい2009年秋冬になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

「赤鼻のセンセイ」最終回と大泉さんのブログ

昨夜、ドラマ「赤鼻のセンセイ」の最終話が放送されました。

期待していた通り、ワダッチは回復、院内学級も存続とハッピーエンドでこのドラマにふさわしい最後でした。

私の気になっていた、遠野先生とナースの滝川さんも無事カップル成立したみたいでムフフ。。。deliciousってひそかにニヤニヤしちゃいました。

そして、我らが光石研さん扮する権田先生。

卒業式は紋付き袴姿で1人過剰にバッチリな姿で決めてて、最初はいつもの如く「ブッ」と吹き出してしまったんですけど(やはり出オチな権ちゃん)、見てるうちにそのレアな袴姿がカッコよく見えてきて、結局萌え~な私heart04

最後は、ウザい長話もちゃんと(?)聞いてくれる院長というパートナーも得て、水を得た魚のごとく美術論を展開してて、こちらもハッピーエンドsign02

卒業式のシーンでは、ヤエッチに涙crying

初めは全く笑わず、何のために生きてるかわからないと言っていたヤエッチが、笑顔で「人は笑うために生きてる。。。んだよね。」と言った時は、涙がドーーーーcrying

最後は、院内学級の存続が決まって、参太朗と田川先生が抱き合うシーンは意外でビックリしましたが、なんかホロッときてしまいました。

最近あんまり映画やドラマで泣けない私ですが(←「余命一ヶ月…」で泣けなかったヒト)、このベタな展開(すみません)でも泣けちゃいましたね~。それだけこのドラマに思い入れが強かったのかもしれません。

さて、先日もこちらで紹介した大泉洋さんのブログ、またまた光石研さんがご登場でした。

あの紋付き袴姿で大泉さんとのツーショット。大泉さん曰く「どこぞの親分風」な顔とポーズで写ってますsmileその写真と共に光石さんについて「光石さんはめちゃめちゃ面白くて最高」「光石さんにはたくさんの笑いと癒しを頂きました」などのコメント書いてくださっています。

光石さん以外にも医師・ナースの皆さん、一膳飯のお2人、院内学級の先生たちの1人ずつと大泉さんがツーショットで写っている写真が、大泉さんのコメント付きで紹介されていて、楽しく拝見しましたnote

前回こちらでちゃんとアクセス方法をご紹介せず失礼しました。

この大泉さんのブログは、大泉さんが所属されているオフィスキューの公式モバイルサイト内の「CUE PHOTO DIARY」というもので、大泉さんだけでなくオフィスキューに所属タレントさん達が写真付きのブログを書いていらっしゃいます。月額315円でマイメニュー登録すると見ることができます。詳しくはこちら↓

CREATIVE OFFICE CUE

トップページ右下にモバイルサイトのQRコードがあります。その他携帯からのアクセス方法は、こちら↓

CUE FAN MOBILE

大泉ファンならずとも「赤鼻のセンセイ」ファンでしたら一見の価値ありですよ。

終わっちゃって寂しいですけど。。。
キャスト・スタッフの皆様、3ヶ月間素敵なドラマをありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

「ヴィヨンの妻」が最優秀監督賞受賞

10月10日公開、光石研さんもご出演の映画「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」の根岸吉太郎監督が、第33回モントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞されました~sign03めでたい~shine

公開前にすごく話題になるし、きっと映画もヒット間違いなしですね~shine

今朝のめざましテレビで、根岸監督と浅野忠信さんの現地での様子が映ってましたけど、監督はもちろん、浅野さんもすっごく嬉しそうな笑顔で素敵でした。

しかも軽部さんの独占電話インタビュー付で、監督と浅野さんのお話も少し聞くことができました。

浅野さんが、根岸監督はあれこれ言葉で演技を指示するのではなく、演者さんから面白いものが出てくるのを粘り強く待ってくれる方だとおっしゃっていたのが印象的でした。

その後、浅野さんへのインタビューは10分以上続き、その横で監督はグラス片手に祝杯をあげるのをお待ちになっていたとか。。。こんな所でまさかの軽部待ちsweat02

インタビューの後、すでに映画をご覧になった大塚範一さんが「色んな勝手な男たちが登場する」とか「女性は強いな~と思った」などとおっしゃってました。松さんの演技も素晴らしいとのこと。

それにしても、浅野さん(の役)以外にも勝手な男が出てくるんだ。。。誰だ?堤さんか?気になるぅ。。。

公式サイトでキャスト欄から光石さんのお名前が消えsweat02、若干テンションが下がっていた私でしたが、この受賞でとっても楽しみになってきました。

気になると言えば、

鈍牛さんのサイト内、光石さんの映画情報で「ヴィヨンの妻」のタイトルが

「ヴィヨンの妻 桜桃タンポポ」になってるのが気になってしょうがない。。。sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「カイジ」予告篇にミツケン登場!!

ここのところ、ネタがたまってるのに投稿する時間がなかなか取れなかったので、今朝はできる限りUPしたいと思ってますdash

昨夜、「20世紀少年最終章」を観に行った時に「カイジ」の予告篇が流れて、光石研さんが映ってましたsign03今までの予告には出てこなかったのに。。。ムフフheart04

で、もしや。。。と思い、「カイジ」公式サイトの予告をチェックしてみたら、昨夜観たのと同じものに更新されてました。

光石さん、3回くらい映ってます。しかも1回はセリフ付sign01やったぁ~up

映画館に行ったついでにチラシもゲッツgoodこれにも光石さん出てま~すnote

あ、あと今見て気づいたんですけど、丸山智己さんも映ってませんか?昨夜観た「20世紀少年最終章」にも出てらっしゃいましたよ~。ビックリ~sign03私、丸山さんのブログのファンなんですhappy01

なんか「カイジ」には期待が高まる私。。。

完成披露試写会、たぶんハズレてるとは思うけど、翌日16日のズームインはしっかりチェックしようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊池弁護士登場!!

9月6日(日)放送のWOWOWドラマ「ママは昔パパだった」第3話に光石研さん扮する菊池弁護士が初登場でした~note

最近のご出演された他のドラマと比べると出演シーンもセリフも多いし、人権弁護士で主人公をサポートするという役どころも好感があるし、ビシっとスーツで決めててカッコいいしで、ミツケンファン的にもすごく満足な内容でした。

お話の方も、次回からいよいよ戸田恵子さん扮する主人公が、子どもがいても戸籍上の性別を変えられるように国に法改正を求めて戦うという場面に突入するようで、見逃せない展開となっています。

次回も菊池弁護士の活躍に期待しつつ、放送を楽しみたいと思いますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||

本日、幼稚園のお迎えから家に帰っていつものようにポストを見ましたら、珍しく手書きのハガキが入っていました。

「おっflair珍しい~note」と思って見てみたら、見覚えのある字体で

光石研

きゃああああああああああああああああああああああああああup

と絶叫と涙が溢れそうになりましたが、娘2人以外に娘のお友達2人を連れていたので、そこで取り乱すわけにもいかず、グッとこらえて冷静を装い、子どもたちをエレベーターに乗せて(あ、マンションなのでsweat02)とりあえず我が家へ。

エレベーター内で内容を読んでみると、

「ブログも拝見させて頂いて。。。」

◎※×△□○※☆◎||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||

もちろんファン冥利につきるというか、予想もしなかったことに超感激なのですが、それを100倍以上上回るくらい恥ずかしくて、

動揺typhoon

そして手が震え、足がガクガクして、生まれたての小鹿のような歩みで、なんとか家にたどりつきました。

一人になってその感激にジックリ浸りたいのに、お友達が遊びに来てるわけで、それもできず。。。

その後ママ達も到着し、夕方までその感激に浸るのはお預けになりました。はぁdash長かった。

皆の帰宅後、夕飯の支度をしながらハガキを眺めては眼がウルウル、包丁を持つ手はワナワナしてかなりデンジャーなクッキング(ルー大柴か)でありました。

さて、私の動揺ぶりはこの辺にしておいて、光石さんが教えてくださった情報をお知らせしますね。

こちらのブログで以前少し書きましたが、三池崇史監督の新作「十三人の刺客」に光石さんもご出演されるそうです。もう撮影は終えられたみたいです。
暑い中の撮影ホントにお疲れ様でした。

そして、秋からは数本映画のお仕事をされるみたいです。

今年に入って、光石さんがガッツリ出てる映画が全然なくて、スクリーンでの光石さんをもっと拝見したいな~と思っていたところだったので、すごーーーく嬉しいですnote

たまたま先ほど「20世紀少年最終章」を観てきたんですが、ミツケンさんのシーン、

なんと

1シーン

かなり寂しかったdownので、今後に期待したいですheart04

余談ですか、頂いたハガキ、テキスタイルデザイナーの脇阪克二さんのイラストのモノでした。

偶然といいますか、私がマリメッコ好きで、長女チーが赤ちゃんの頃使っていたランチョンマットやエプロンが脇坂さんデザインのBO BOO柄だったんです。
しかも、当時フィンランド在住の友人がお祝いに贈ってくれたロンパースもBO BOO柄で、女の子なのになぜか車の柄に囲まれた赤ちゃんだったのでした。

そんな偶然もあったりして、嬉しさ倍増してますsweat01

光石さん、ほんとにほんとにありがとうございました。ものすごく元気出ました。
これからも変わらず応援がんばります。

あ、これこれ↓マリメッコのエプロンとランチョンマット。チー1歳。。。それよりこの写真、家の中が大荒れで愕然凹[◎凸◎;]凹

158

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

大泉洋さんのBlogでミツケンハッケン♪

ドラマ「赤鼻のセンセイ」で共演中の大泉洋さんのブログに、光石研さんが写ってる写真が掲載されていました~note

なんでも、昨日「赤鼻のセンセイ」撮影現場で大泉さん主催のスープカレーパーティーを開催したそうなんです。

その様子を大泉さんがブログに写真付きでUPされていて、大泉さんと須賀健太くんがカレーを作っている様子など色々あって、最後に「やっとみんなで食べました」という記事の写真に共演の皆さんがそれぞれカレーを持って写っているんですけど、そのセンターに例のあずき色ジャージ姿のミツケンさんが。。。笑顔が素敵っすshine

また、このブログによりますと、

本日で「赤鼻のセンセイ」、全てのシーンの撮影が終了するとのこと。

そぉかぁ~、今日でオールアップなんですね、お疲れ様でした~dash
打ち上げの様子なんかもブログにアップしていただけたら嬉しいケド。。。

明後日の最終話が楽しみですnote
権ちゃんの「神社の境内で。。。」の件はオチが聞けるんかいな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

新ドラマ「アンタッチャブル」でミツケンハッケン♪

キターーーーーー!!

2009年10月期、テレビ朝日の新ドラマ「アンタッチャブル」のPRスポットに光石研さんが映ってますsign03

ドラマ「アンタッチャブル」公式サイト

このドラマ、仲間由紀恵さんが主演で、三流雑誌の女性記者を演じるサスペンスだそうで、共演の方々が豪華なので見たいな~とは思っていたんですよ。

例えば、ライダー出身(?!)の佐藤智仁くん。映画「少年メリケンサック」やドラマ「ヴォイス」ですごくよかったので、また佐藤くんの演技が見たくて。
それに田中哲司さん、田中要次さん、寺島進さん、酒井敏也さんなど大好きなオジサン系キャストが多数ご出演ですlovely
特に田中要次さんはご自身のブログにこのドラマの撮影について書かれているので、ちょくちょくチェックさせていただいてマス。

でも、キャスト欄に光石さんのお名前はどこにもなかったんですよ。

ところが先にPRスポットでお目見えで。。。ゲスト出演かなsign02たぶん。。。

とりあえず初回放送から見逃せないですね~。

新ドラマ「アンタッチャブル」は、10月より毎週金曜夜9時放送です。
初回放送日が決定したら、またこちらでもお知らせしますね~note

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 4日 (金)

よっしゃ~!!

心配していた映画「プール」の初日舞台挨拶のチケット、まずは新宿ピカデリー分ですが意外とあっけなく取れましたdash

朝から発売時間の10時に備えて、久しぶりにドキドキして臨みましたが、サイトにつながらない等のトラブルもなくアッサリ。というわけで、ホッと一息cafe

確かにセンター前方のブロックや、ご登壇者が入場される下手側前方の席は速攻でうまったみたいでしたが。

逆にそれを踏まえて最初から後ろ目のブロックを狙ったおかげかなsign02って、じゃあ後ろの方なんじゃんっていう。。。coldsweats01
でも、後ろのブロックの中では前の方なんで私的には「おっ、イイ席じゃん」っ感じでした。

ぴあのプレリザーブだと、当選した喜びに勇んで席を確認するとがっくしcrying。。。ってことが多いから、今回の席は上出来です。

そおそお、昨日の宣伝番組のご報告。

期待しすぎたせいか、ちょっとガッカリな内容でした。半分くらいは「赤鼻のセンセイ」のダイジェストで、あとは映画「プール」の映像。

未公開映像やインタビュー、トークはやや少なめでした。

ほんの少し、カセクンの撮影裏話もありましたが、特に目新しいものはなく。。。

光石さんにいたっては、光石の「み」の字も出て来ませんでした。うっっweep

トークで、もたいさんが何かと「須賀健太くんは?」と聞いていたのが印象的でした。健太くんファンには面白いお話が結構あったかも。ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

このコラボ、たまらん!!

先ほど、本日の朝刊のテレビ欄をチェックしていましたら、素晴らしい番組を発見flair

本日(9/3)午後3時55分から日本テレビにて、

「『赤鼻のセンセイ』最終回直前!&映画『プール』公開直前!SP」

という番組が放送されるそうですsign03

ご出演は、大泉洋さん、小林聡美さん、もたいまさこさんで、内容は映画のキャンペーンで北海道にやってきた小林さんともたいさんを、地元の大泉さんが案内する、というものらしいです。

しかもsign03

「プール」「赤鼻のセンセイ」の共演者インタビューやダイジェストも満載でお届けsign03ですって~happy02

ミツケン&カセファンの私にとっては鼻血ブーな内容。。。heart04

早速録画予約完了しました。

たぁ~のしみ~note

話は変わりますが、来週で「赤鼻のセンセイ」も最終回ですね。寂しいweep

最終話の撮影は、9月1日から始まってるらしいんですが、光石さんもそろそろクランクアップかなぁ~sign02スタッフブログにお知らせあるかと思って、日々チェックする私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

9月に入りました。

9月と言えば、

26日は、光石研さんのお誕生日でーすnote

わーい、めでたいshine

ご存知かとは思いますが、プレゼントやファンレターの宛先はこちらですよー。

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-10-15 JPL6F
有限会社鈍牛倶楽部

光石研さん 宛

というわけで、

プレゼントは何にしようかとか、

カードにナニ書こうかとか、

ぼちぼち考え始める私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »