« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

「インスタント沼」舞台挨拶レポート

昨日、映画「インスタント沼」の舞台挨拶つき上映にテアトル新宿まで行って参りました。

上映は13:50からで、上映終了後に三木聡監督と加瀬亮さんの舞台挨拶が行われました。

上映終了後、まずは司会の八雲ふみねさんがご登壇。諸注意の後、舞台上手側の入口から、客席の横を通って三木監督と加瀬さんがご登壇されました。

そして。。。ムフフ。。。私、今回は前方右端の席だったので、カセクンが真横を通ったheart04近いぃぃぃhappy02でも、声はかけられずcoldsweats01

カセクン、今回のお洋服は、こげ茶のパンツにネイビー×ブルーのウィンドブレーカーで中が白のTシャツかなsign02アウトドアな感じのスタイルでした。超好みな格好~heart04

壇上では、向かって左から八雲さん、カセクン、三木監督という並びで、椅子に座ってのトークショー形式でした。

では、メモと記憶を頼りに舞台挨拶の内容を。。。(カセクン中心です、すみませんsweat01)

○最初のご挨拶

加瀬さん「カセです。今日は映画を見ていただいてありがとうございます。短い時間ですがよろしくおねがいします。」

監督からは、この映画のためにテアトル新宿が音響設備を変えたというお話があり、「テアトル新宿に拍手~」という監督の音頭で会場も皆拍手でした。

○撮影を振り返って

加瀬さん「すごい夏だったなという思い出があるんですけど、ひっちゃかめっちゃかで。」
「朝現場に行くと、スタッフが地面に転がってるんですね。徹夜で作業して寝てて。で、そんなになって作ったのがこれだと考えると、ものすごく面白くって」(笑)
「監督の好きな、ものすごい小さなギャグのためにものすごい大じかけをしてるわけですよ」(笑)

○モヒカン姿についてはどうでしたか?

加瀬さん「(モヒカンは)はじめてだったんで。。。困ったのは、撮影した横浜の小金町っていうのは怖い街で、簡単に言うとヤクザの多い街なんですけど。怖い車が通るたびに、ものすごいガンつけられて。。。車が通るたびに眼をそらしてました。」

監督のお話では、ガス役はカセクンの提案で、普通のパンクよりもガキっぽいイメージじゃないかということで、ドラゴンボールのTシャツを着たりしているそうです。そういう監督と役者のやり取りの中でキャラクターができあがったとのこと。
また、カセクンのことは元々アナーキーな印象があったとのことでした。

(その話を受けて)
加瀬さん「そういう意見を監督に言うたびに、久美ちゃん(主演の麻生さん)に『監督に意見してる人初めて見た。怖い監督で通ってるから』とビックリされました。」
監督「麻生さんは事を大げさに言う悪い癖があるな。。」(笑)

カセクン、麻生さんのこと「クミチャン」って呼ぶんですね~可愛い~heart04

○加瀬さんはナイーブな役がらが多いと思うのですが、今回の役はいつもと違って楽しかったんじゃないでしょうか?

加瀬さん「すごい楽しかったですね。だいたいナイーブな設定で葛藤してるとか、女性が描く男性像。。。自分のことを「オレ」とか言わないで「ボク」って言うような役が多いのですが、本当は自分と遠いので。ガスみたいなヤツの方が楽しく演じられましたね。」

「最初役が決まった時に、自分パンクスじゃないのでどうしようかと思って。事務所にたまたま浅野(忠信)さんがいて、バンクスと言えば浅野さんだと思って、『今度パンクスやるんですけど、どうしたらいいですかね?』と聞いたら、『何言ってんの?オマエパンクスじゃん』って言われて(笑)」
「え、でもモヒカンとかしたことないし。。って言ったら、『それはオマエ、ファッションパンクじゃないってだけだろ?』って言われて、それ聞いて、そのまんまでやろうかなと思いました。」

さすが浅野さんって感じのご意見ですね~。この話すごく面白かったnote

○ここで質問コーナー。会場のお客さんから「撮影中、一番しんどかったことは何ですか?」というご質問。

加瀬さん「外見的なことだけで、モヒカン作るのに2時間ぐらいかかるので、なんで俺が女優のクミチャンより先に現場入りするんだ?って。(笑)メイク中に寝るとモヒカンが曲がっちゃうので寝れないし。」
「皮ジャンも汗びっしょりで剣道の防具の臭いがしてきたし、着てるうちに裏地が破けて鋲が腕に当たって痛いし。監督がカットかけるたびに脱いでました。」

監督「ちなみに、ふせえりさん(監督の奥様です)に聞いたんですが、『釣りバカ日誌』の現場で『メイクお願いします』って言ったら、(両手で頭をなでるような手振りをして)これで終わりだったそうです」(会場爆笑)「これだけかよ~って。すごい現場だな~と思って。」

「沼を作るのが、意外と地面が水平じゃなくて。水平じゃないと水が斜めに流れちゃうので、水平を取るのが大変でした。それから柔らかさの調節が難しかった。水っぽいとしゃぶしゃぶになるし、堅いと沈まないし、適度なトロミを出すのに何時間もかかってるわけですよ。日本で、いや世界で一番いい沼を作れるスタッフになりました(笑)」

沼の話をしているときの監督の笑顔が輝いてましたshinesmile

○最後に、映画をもう一度観たくなるとびっきりの隠しネタを教えてください。

監督「スタッフが勝手に『忍者~ハットリ~』(~の所わかりませんでした、すみませんsweat01)っていうポスターを作ってどっかに貼ってるので、それを見つけてみてください。」

○加瀬さんから最後に一言

加瀬さん「今日はありがとうございます。くだらないことに命をかける大人がいるんだということを日頃の励みにしていただければ。。。と思います。」(笑)

おー素晴らしいご挨拶smile

以上で舞台挨拶は終了でした~。

やっぱり三木監督って面白いな~。私、元々三木監督が放送作家されてた時に手がけていらしたお笑い番組(「ごっつええ感じ」とか「笑う犬の生活」)が大好きだったので、この映画もカセクン目当てというだけでなく、観たかったのです。やっぱり、三木監督らしい、映画の随所に挟まれたギャグとか小ネタが笑えました~。

ストーリー自体も、女の子の前向きな感じのお話で観た後ちょっと元気出ました。

大好きな二人のお話が沢山聞けてとっても満足の舞台挨拶でしたnotes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

本日のおみや~♪

私が唯一リピートして食べているスイーツは、アンジェリーナのモンブランです。

一回食べると、「あ゛ーしばらくはいいわ~wobbly」ってなるんですけどcoldsweats01 (濃いからね)

しばらく経つと禁断症状のようにまた食べたくなります。

そんなわけで、新宿で「重力ピエロ」を観た帰りのおみやげは、アンジェリーナのモンブランnoteと心に決めて、新宿高島屋に向かいました。

高島屋に入った瞬間、ずいぶん雰囲気が変わったことに気付きました。そういえば、改装してから一回も来ていなかったかも。っていつからだよ~bearing

で、地下の食品フロアに行ってみると。。。

アンジェリーナがない~shock

なくなったのね。。。知らなかった。。。

そこで、他に何かないかとウロウロしていると、ショーケースに無数のケーキが並ぶお店を発見sign03

なんでも、「パティシェリア」といって、10数人の有名パティシエのケーキを購入できるケーキのセレクトショップだそうです。オープンして2年くらい経つらしいのに初めて知った私。。。

それにしても、ケーキのブティックといった感じでショーケースに美しく並べられたケーキを眺めているだけで、ワクワクしますnotes

せっかくなので、ここでケーキを買ってみることにしました。気分はモンブランだったのですが、パティシエ毎にさまざまなモンブランが並んでいて、悩む~bearing

結局、モンブランの中では一番人気らしい「カフェプラネッツ」のモンブランにしてみました。子供達は相変わらず「イチゴのケーキ~heart04」がいいらしいので、同じくカフェプラネッツのシャンティフレーズ(イチゴのショートケーキです)にしました。小ぶりで子供にちょうどよいサイズだったので。

20090523140212

ショートケーキでは、向かいのグラマシーニューヨークで数種類のフルーツの乗った大きなショートケーキにすごーく惹かれたんですが、子どもが一人で食べれるサイズじゃないので、今回はあきらめ。。。ここはフルーツを使ったスイーツが美味しそうですね~heart04かなり美味しそうなマンゴープリンもありましたが、先日のペニンシュラ東京のよりもさらにお高くて、700円近かったですsweat02

パティシェリアでは、自分でオーダー表に購入するケーキの個数を記入して買うシステムでした。改めてオーダー表を見てみたら、13人のパティシエが1人10点のケーキを出しているので、全部で130種類sign03

全部制覇する人とかいるんかいな。。。?

あ、あとで調べたら、新宿にアンジェリーナありました~flairルミネ1のB2だそうです。次回はリベンジpunch

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

映画「カイジ」でミツケンハッケン!!

うぅぅぅ。。。出遅れましたぁ~!

4月27日に発売されたヤングマガジンで、藤原竜也さん主演の映画「カイジ」のキャストが発表されたそうなんですが、な、なんと、その中に光石研さんのお名前がぁ~happy02

原作を読んでいないので全くわかりませんが、光石さんは石田役だそうです。すみません、これから勉強しますsweat02

私、竜也くんも結構前からファンで、「カイジ」についてはそれとなくチェックしていたのに、今まで気づきませんでしたsweat02不覚だ。。。

しかも、そのヤングマガジンには光石さんのお写真も掲載されていたようなんです。うsign04買っておきたかったですcryingこのあとamazonとかちょっと探してみようかな。。。と思っていたら、ヤンマガのHPでその記事見られました。↓こちらから「特別スクープ『カイジ』実写映画化!!紹介ページ」というPDFファイルを開いてくださいね。いやいやありがたい~heart01

映画『カイジ』は、10月10日(土)全国東宝系にて公開!!

ちなみにまだ「カイジ」の公式HPには光石さんのお名前はありません。今後の情報は要チェックですね。公式はトップページにリンクをはっておきますね。

映画「カイジ」は10月10日公開です。って~、「ヴィヨンの妻」と同じ日かぁぁぁいsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ハイビジョン特集「阿修羅 天平の謎を追う」

残念ながら、事後報告です。すみませんっっbearing

去る5月10日(日)にBShiで放送された「ハイビジョン特集『阿修羅 天平の謎を追う』」で、光石研さんがナレーションを担当されたようです。

NHK番組表で発見。↓
ハイビジョン特集「阿修羅 天平の謎を追う」

【語り】光石 研

相変わらず鈍牛さんでも事前告知ありませんでしたcrying声の出演はスルーされがちですね。でも、結構この手のお仕事もたくさんされてますよね~think光石さん、声も素敵だから。。ムフフlovely

ただハイビジョン特集自体は再放送の多い番組のようですので、今後もチェックしてみたいと思います。

声の出演と言えば。。。

先週土曜日から放送が開始された「MR.BRAIN」を見ていたら、光石さんがナレーションをされた「サントリーチューハイ ほろよい」のCMが流れましたheart04もう放映終了したのかと思っていたので嬉しかったです。

ちょっと話がそれますが、「MR.BRAIN」ご覧になりましたか?ストーリーとか設定が面白そうなので、見てみたんですが、豪華なキャストに仰天しましたよhappy02

大げさに言うと、どのシーンにも知らない人が出ていないsign03逆に知らない顔の人がいたら目立ってしまう程。今後も毎回沢山のゲスト出演者がいるみたいなのですごく楽しみです。

でね、

TBSの公式HPで、「MR.BRAIN」のゲスト出演者の要望っていうのを受け付けているんですsign03こちら↓

TBSドラマ「MR.BRAIN」公式HP BBS

もう何をしたらよいかおわかりですね。。。smile

皆で光石さんをリクエストしよう!!!

というわけで、私は既にリクエストしてきました。って世の中そんなに甘くないかな。。。

でも、光石さん、TBSのドラマよく出てるし、ゲスト出演で言えば「Tomorrow」にも8話だけ出てたし、犯罪ものとか刑事もの得意だし。「MR.BRAIN」、名脇役系のおじさん、結構出てるし。松重さんも出るみたいだし(?)。光石さんの入る余地、いっぱいあると思うんだけどな。。。

ちなみに。。。

エンドロールで「田口トモロヲ」って出てきて、全然気づかなかったので、何度も録画をチェックしたのに、それでも見つからなくて、yahoo!知恵袋で調べたら、最初のナレーションだけだった。。。crying

やっぱり声の出演って発見しづらいdashって今回はこんなオチで失礼いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

「重力ピエロ」初日舞台挨拶レポート

本日、加瀬亮さん主演の映画「重力ピエロ」の初日舞台挨拶に行って参りましたnote

なんと本日の舞台挨拶は3ヵ所で合計6回sign03。。。お、お疲れ様ですsweat01

その中で、私が行って来たのは初回と2回目が行われた新宿バルト9です。バルト9だけ、小日向文世さんと鈴木京香さんもいらっしゃるということで、どうしても新宿に行きたかったのです。こないだブログでも話題に触れたばかりのコヒさん、見たかったんですよぅ〜happy02

それにしても、映画、すごくよかったですshineカセクン、岡田将生くん、小日向さんの家族のシーンがすごくよくて泣けてしまいました。ま、感想は後にすることにして、忘れないうちに、舞台挨拶の様子を。。。あ、今回はカセクン、コヒさん中心でcoldsweats01

●新宿バルト9シアター9にて9:10から上映開始、上映後に舞台挨拶

今回の司会は映画パーソナリティの伊藤さとりさん。
諸注意の後、キャスト・監督の皆さんが舞台に向かって右側の舞台袖からご登壇です。並び順は、左から脚本の相沢友子さん、岡田義徳さん(事前告知なかったですよねsign02嬉しい〜heart01←と思っていたら、ちゃんと事前告知あったみたいです)、鈴木京香さん、岡田くん、カセクン、小日向さん、吉高由里子ちゃん、森淳一監督です。

カセクン、テレビでは既にちらっと見たのですが、髪が短い〜。そして珍しく黒っぽいスーツ姿。こういう舞台挨拶でTシャツにチェックシャツスタイルじゃないのは久しぶりかも〜。

今回は珍しく、まずは舞台挨拶の前に各メディアの方々向けにフォトセッションが行われました。ご登壇者がそれぞれ字の書いてあるパネルを持っての撮影でした。(その写真が出てます↓)

重力ピエロ:加瀬亮、吉高由里子にびっくり 新型インフル流行の中、初日舞台あいさつ

フォトセッションはサクッと終了。で、いよいよ舞台挨拶開始です。

○最初のご挨拶

加瀬さん「こんにちは。今日は豚インフルエンザが流行る中、命がけで。。。ありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします。」

岡田さん(声小さい〜かわい〜heart04)「岡田将生です。今日は朝早くからありがとうございます。よろしくお願いします。」

小日向さん「どーも小日向です。ほんと朝からありがとうございました。えー、ほんとにー、えーすいません、短い時間ですけど、こうしてお話できたらと思います。よろしくお願いします。」

その後、京香さん、吉高さん、岡田義徳さん、相沢さん、森監督と続きます。
森監督は学生時代、この映画館で「スタンド・バイ・ミー」を見て感化されて、翌日お友達と自転車で熱海に行かれたというエピソードを披露されてましたhappy01

○撮影やキャンペーン等で映画に関わっていくうちに見えてきたこの映画のテーマについて(ってまた答えにくそうな質問を。。。sweat02)

加瀬さん「はぁsweat02むずかしいことを。。色んな方とインタビューで話をするうちに、皆がそれぞれの視点を持っているなぁと感じました。ラストで僕たち兄弟が陽気に振舞っているその意味がどこまで伝わっているかという心配はあります。それがこの映画のテーマになっているので。」

○今だから言える撮影秘話や思い出

・加瀬さん

司会「こちらは。。。加瀬亮さんからお願いします。」
加瀬さん「え、また?(笑)」「現場で特にそんなになかった。。。気がします。もっと面白い話だったら、吉高とか岡田(義徳)くんとかに振っていただけると。。。」

(「吉高」って。。。名字で呼び捨てなんだ〜coldsweats01)

司会「共演者の方々との面白かった思い出とか、この人は本当はこういう人だったんだ〜とかは?」
加瀬さん「一番ビックリしたのは吉高ですかね。。。」
「カメラの前なのか外なのかわからない感じで面白かったです。」
「どこまで演技なのか演技じゃないのかわからない。自分が予想していた範囲を軽々飛び越えてやってくるので。」
「(女優さんとして)すごく面白いと思います。」

・岡田将生さん

岡田さん「そおですね。。。。うーん。。。。(シーン)。。。(カセクンをチラチラ見る)」(会場笑)
司会「加瀬さんをチラチラ見るのは?」
岡田さん「いやもう助けてほしくて。。。」(会場笑)

・小日向さん

小日向さん「今だから言えることですか?」
司会「はい。」
小日向さん「ボクは。。。今だから言えること、ヅラかぶってました」(会場大爆笑)
「ヅラを色々合わせていて、これでほんとに成立しているのか?と思ってたんですけど。
区役所のシーンの時、撮影の前に、ヅラかぶって役所の人の制服着て待っている所に、町長さんが挨拶にいらして、『京香さんっ』て名刺渡したんですよ。で、俺に名刺くれなくて、なんでくれないんだっ思ってたら、町長がボクの顔見て『なんで役所の奴が横にいるんだ』顔してて。。。それでヤッタゾ!ボクは変身してるんだ〜!きっとこの『重力ピエロ』は化けるだろうって思いました。」

司会「オチまでありがとうございます。」

・岡田義徳さん

岡田さん「撮影2日で終わってしまったので、観光気分で。」
「加瀬くんとずっと戦隊モノがやりたいねって話してて」(会場笑)
司会「戦隊モノやるとしたら、何色なんですか?」
岡田さん「ボク、みどり(笑)。。。っぽいってよく言われて」

ここで。。。私的予想、カセクンならブルーだなflairと思っていたところ、

加瀬さん「ブルーは譲れない」(笑)

当たりgood伊達に戦隊モノ毎週見てるわけではないのだ。。。(ってただ子供につき合わされてるだけsweat02)

岡田義徳くん、カセクンとは今回が初共演とのことですが、前からお知り合いのようで、仲良しっぽい雰囲気でとても楽しそうでしたnote

・吉高由里子さん

吉高さん「私もガッツリ仙台にいたわけではないので、行った時にはすでにチームワークができていて、完全にアウェイな感じで。。。仲良くなれずに(笑)」
「中休みがあった時に友達もいないし、場所もわからないしで、タクシーのおじさんと一緒に観光しました。。。もう必死(笑)」
「あと、必死つながりで加瀬さんのストイックぶりにはビックリしました。走るシーンがあって、加減をしてくれないんです、加瀬さんというものは。」(会場大笑)
「いいですか?加瀬さん、こんな感じで」

加瀬さん「すみませんでした」

○最後に小日向さんから皆さんにエールをお願いします。

(って、伊藤さん、コヒさんにそんなムチャぶりを。。。sweat01)

小日向さん「どうやってエールを送っていいのかわからないんですけどsweat02
「映画の最後のサーカスの所で、僕が楽しいことをしていれば重力なんて消してしまえるんだよって言うんですけど、ま、そんな簡単に消せないとは思うんですけど、笑っていればハッピーな事は近づいてくるんじゃないかと、ましてや豚インフルエンザなんか絶対にはね飛ばせるだろうということで、皆さんにエールを送りたいと思います。」

「皆さんいつも楽しくイェーイ」(会場爆笑&拍手)

「あ、吉高が一緒にやりたいみたいなんで…(吉高さんがやらないので)なんだよ〜?」

(あ、コヒさんも吉高って呼びすてなんですね。さすが喜多善男コンビhappy02)

司会「小日向さん、素敵なエールありがとうございました。」

○最後に加瀬さんから締めのご挨拶を

加瀬さん「(伊藤さんに向かって、まとめかたが)かなり強引ですよね?」
「今日は初日からうれしく思ってます。映画が面白かったかはわかりませんが、何か感じてくれた人がいたら、映画が広がっていく力添えをしていただけたらと思います。本当に今日はありがとうございました。」

で、終了ー。
ふと時計を見ると11時49分sign0311時50分から次の舞台挨拶なのにsweat01

1回目と2回目でシアターが変わるって今日映画館に着いてから気づきましたよ~sweat01慌てて移動してなんとか間に合いましたがdash

2回目は上映前の舞台挨拶ということもあり、サクッと終わりました。1回目にメディアが入ったので、2回目をレポートしようと思ったのですが、1回目が笑いの絶えないとても楽しい舞台挨拶だったので、こちらにしましたnote
ほんと小日向さんのトーク、最高でした~happy02吉高ちゃんもすごく面白かったし。

映画もよかったし、大満足でしたnotes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

今宵も。。。

ワンシーンでしたね、「BOSS」の光石さんcrying

あまりに物足りないので、先週の「BOSS」をまた見たりして。。。

今週に比べたら先週は結構映ってて、絵里子を怒鳴るシーンなんかは青筋立っててすごい熱演annoyそして、ラストの記者会見のシーンでは左手に指輪が光ってたね。。。丹波博久。

毎回ゲスト出演者が豪華な「BOSS」ですが。

今週の志田未来ちゃんと言えば「14才の母」を夢中で見ていたんですけど、その頃から比べるとすごいお姉ちゃんに成長したのね~。ご活躍されて。。。shine

ちなみに来週は富田靖子さんや麒麟のお二人がご出演されるみたいです。

メインもゲストも豪華で毎週楽しみなのですが、その分光石さんの出番が少ないのは悲しいsweat02

出番が少ないと言えば、絵里子の恋人役の丸山智己さん。いつも最後のワンシーンのみのご出演(しかも出ない週もあり)で、もったいな~いdashとか思ってしまう。絵里子との関係もまだイマイチ謎なので、ドラマの後半はもうちょっと出られますかねsign02丸山さん、かっこいいし、ブログがすごい面白いからすごく気になる俳優さんで、もうちょっとお芝居も見てみたいのに。。。

塩見さんといい、相島さんといい、名脇役をもったいない使い方してるよな~「BOSS」sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

小日向さんと光石さん

今朝、yahoo!ニュースの見出しにこんなのを発見sign01

「名脇役ナンバーワンは小日向文世!堺雅人は意外なランクイン」

お~sign01名脇役。。。

日本の名バイプレーヤー・光石研さんは一体何位かしらheart04。。。と期待して見てみたら。。。

ランク外crying

なんで?

TSUTAYA online 名脇役だと思う俳優ランキング

見てみたら、ほとんどメイン級の方々ばかりじゃないですかぁ~wobbly
特に2位と4位と8位~sign03主役やってるや~んsign03

ま、知名度ですよね。。。
私の周りもそうですが、光石さんって顔は知ってても名前を知らない人が多いし。それでか~dash
でも、私の周囲には徐々に「ミツケン」が浸透しつつありますので、今後もその方向で(sign02)普及させたいと思います。

で、1位の小日向文世さん。私も大好きです。

初めて見たのはたぶん「HERO」あたりだと思うのですが、好きになったのは断然「木更津キャッツアイ」sign03岡田准一さん扮するぶっさんのお父さん役、あーいう優くてちょっと情けない感じというかダメ感がある役をされてる小日向さんが好きです。「救命病棟24時」の第2シリーズの神林先生もよかったし。

で、そんな優しい雰囲気の印象がずーっとあったので、「それでもボクはやってない」の裁判官役を見た時はちょっとショックでしたwobbly超嫌なヤツ~!!!で。ちなみにそこで光石さんと共演のシーンを初めて見たのかな。。。

それとなぜか印象に残っているのは草なぎ君のドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」。最初の登場シーンでなんか妙に仕事人間な雰囲気で怖かったのを強烈に覚えてます。「あしたの、喜多善男」も見てましたし。

ま、そんな感じでずーっと好きな俳優さんではありましたが、去年の秋ドラマで光石さんと2本同時に共演されて、それでますます気になる俳優さんになりました。

「七瀬ふたたび」では七瀬を守ろうとするお父さん(小日向さん) VS 七瀬を利用しようとする組織のトップ(光石さん)

「SCANDAL」では刑事(小日向さん) VS 容疑者(正確には任意同行coldsweats01光石さん)

同時期にお2人の直接対決的なシーンがあるドラマが2本sign03で見ごたえがありました~。

で、その頃「七瀬~」の番宣で光石さんが「スタジオパークからこんにちは」にご出演された時に、お2人が古くからのお知り合いだということを初めて知りました。

光石さんが二十代の頃に3ヶ月程お芝居の勉強に行った劇団に小日向さんがいらっしゃって、その時からのお付き合いだそうです。

番組では小日向さんから光石さんへのメッセージが読まれる一幕も。
「七瀬ふたたび」の収録直前に昔話で盛り上がって笑っていたのに、本番で敵対する役で向き合うのが可笑しかったというエピソードや、今度は仲のいい兄弟役や、仲のいい商店街のお隣さん役で共演したいというお話も。

ちなみに「SCANDAL」のウェブサイトでのインタビューでも、小日向さんは光石さんの事に触れられています(以下抜粋)。

「男性陣では雄一役の光石研くんとのシーンが多かったけど、実は彼とは古い付き合いで。最近は、雄一みたいな冷たい男の役が多いみたいですが、本人はむちゃくちゃ面白い人なんですよ。共演することが多いので、今回も楽しく仕事できましたね。」

というわけで(?)、また光石さんと小日向さんの共演が見たいな~と切に願っておりますshineその時は仲のいい兄弟かお隣さんで、ぜひ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

「余命1ヶ月の花嫁」感想

公開初日に観てきた「余命1ヶ月の花嫁」、舞台挨拶の様子は先にレポートしましたが、映画についてもちょっと感想を。。。

私は元々のドキュメンタリー番組も見ていて、内容もだいたいわかっていたので、「今回は思いっきり泣くぞsign03」と意気込んでsign02映画館に向かいました。大きめのタオルもちゃんとバッグに入れてたしcoldsweats01

映画館に着いてすぐパンフレットを買って、上映開始までの待ち時間に読んでいたのですが、その時点ですでに泣きそうになってしまい、とりあえず読むのは中断bearingこれはヤバイ。。。すごく泣いてしまいそうだ。。。と思いつつ上映開始。

映画前半は、2人の出会いから交際を始めて楽しそうな姿が、ドキュメンタリータッチというか、過度な演出は加えずに映し出されていました。それがかえっていい感じで。

映画全般を通してなんですが、題材的にもドラマチックな内容なのでやろうと思えばいっくらでもお涙ちょうだい的な演出もできると思うのですが、その辺はずいぶん抑えられてたと思います。
とはいえ、千恵さん(榮倉奈々ちゃん)のガンが発覚してからは、淡々と撮ってたとしても涙なくしては見れないシーンが続出。。。映画館の女子達、総大号泣状態。

ところが。

えー、

私、

全然泣けませんでした。

ちょっと自分の人格疑っちゃいました。私、性格ゆがんでるsign02

周りの人達のすすり泣きが聞こえてくるわ、前方の女子達が両手でハンカチ持って涙や鼻をおさえる姿は目に入るわ、すごい状態になってたんですが、でもそんな状況がかえって「やばっみんな泣いてんじゃん」とか私を冷静にさせたりして。。。

もちろん

映画はすごくよかったんですよ。千恵さんの伝えたかったメッセージはしかと受け止めましたし、きっと皆もそうだったと思う。

私なりに泣かなかった理由を色々考えてみたんですが。

私、どっかで死ぬ覚悟みたいなのがあるんですけど、それでかな~?とか思いました。
学生時代に母とずっと同居していた祖母を続けて亡くした時、「人って突然死ぬんだ」ってわかっちゃって、それ以来どこかで自分や自分の大切な人が今日とか明日にでも死んじゃうかもしれないって思ってる所があるんです。死が身近に感じるというか。
別に毎日「死んじゃったらどうしよう。。。」とか思ってるわけではないんですがcoldsweats01、どこか覚悟ができてるっていうか、腹くくってるとこがあります。

だから一日一日が大切だと思うし、家族とケンカしてもちゃんと顔を合わせている間に仲直りしておこうとか、子供を叱ってもなるべくすぐフォローするとか、大したことではないんですが、無意識にそうしてるような所はあるんです。

千恵さんの「みなさんに 明日が来ることは奇跡です。・・・」というメッセージと同じようなことを(私が感じているのはこんなにキラキラして素敵なものではありませんがsweat02)、既に知っていたからかな~と思いました。

単に主人公が若いカップルだから共感できなかったって話もあるような、ないような。。。coldsweats01
今日もたまたまママダチと「最近ラブストーリー系のドラマはあまりハマらない」という話で盛り上がったくらいで、年のせいっていうのもやっぱりあるかもsad

それに映画本編よりも感動したのは、千恵さんの恋人の赤須太郎さんと千恵さんのお父さんが千恵さんの想いを伝えようと、乳がん早期発見のキャラバン等で積極的に活動されていることです。知らない人たちのために無償で活動される、その姿には私も涙。。。weep

月並みですが、私も乳がん検診はちゃんと行こうと思いました。マンモグラフィーって痛そうで敬遠ちゃってたのですが。。。bearing 皆様もぜひsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

は、犯人だったのね。。。

本日、光石研さんご出演のドラマ「遺品の声を聴く男」が放送されました~note

光石さんの役柄は刑事の佐伯猛。最初の登場シーンで、奥田瑛二さん演じる遺品整理屋の各務と親しげに話していたので、「おっ今回はいい人役sign02」といった印象。自分の携帯に娘と撮ったプリクラを貼るような子煩悩なパパの顔を持つ刑事さんで、各務と協力して事件を解決するのだと思ってました。

が、途中で佐伯の態度が豹変。各務に対して厳しい口調になってきて、その辺りからちょっと怪しい感じに。

皆さんがどの辺で犯人が誰かわかったのかわかりませんが。。。

話の中盤で、真犯人らしき人物が、事件の証拠となる特急券を少女の元に取りに来るシーン。その真犯人らしき人物は首から下しか映っておらず顔は隠れているので、「この人が犯人?いったい誰なの?」的なシーンになってるんですけど。

その人の腕と手を見たら、

「あ、ミツケン!」

ってわかっちゃいました。私。。。ははは。。。

光石さん、腕と手細いから。。。coldsweats01

光石さんが犯人とわかってからはナカナカ面白いシーンの連続で、

ミツケン、安達祐実を襲う!

ミツケン、安達祐実を追う!

ミツケン、安達祐実を人質に!

ミツケン、自殺未遂!

ミツケン、泣き崩れる。。。とミツケンの見どころ満載でした。

エンドクレジット、光石さんの名前が最後まで出てこないので、「お~トリかsign02」と思っていたら、光石さんの後に「渡辺えり子」って。。。そっちか~bearing

先日の月曜ゴールデンもそうでしたが、2時間ドラマの方が光石さんの出番が多くて嬉しいかも~notes

でも、犯人役だったら、このドラマがシリーズ化しても次からは出ないってことですね。。。sweat02とほほ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケット争奪戦!

5月23日公開、加瀬亮さん主演の映画「重力ピエロ」の初日舞台挨拶のチケットが本日発売になりました〜note

私にしては超珍しくプレリザーブに当選shineしてなんとか第2希望の回は確保できたのですが、やはり第1希望もあきらめきれず、10時からWebでの一般発売にもチャレンジしてみたのです。

テレビの時計を見つつ、10時になるかならないかの時にページの更新→つながらず→更新→つながらず→更新…を続けること数回…やっとつながったぁぁ〜happy02sign03っと思ったら、

予定枚数終了weep

時計を見ると、10時1分…weep

秒殺です…weep

たぶんプレリでほとんどなくなってたsign02

なので、あとはヤフオクでちょっと物色してみます。
あれだけ回数あるにも関わらず取れなかった方も沢山いらっしゃったみたいなので、オークションでも値上がりしちゃいますかねぇ…

余談ですが、先日松山ケンイチくんの「ウルトラミラクルラブストーリー」の舞台挨拶のチケット、ヤフオクで3万くらいまで値上がりしていて、松ケン人気を改めて思い知らされました。

カセクン人気も最近勢いを感じます…ドラマ効果なのかなsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

本日のおみや~♪

今回のお土産はちょっと気合いが入ってマスpunch

次に銀座、有楽町周辺で行われる舞台挨拶を観に行ったら、お土産はコレってずーっと前から決めていたのでしたwink

なぜならこれは予約しないとなかなか買えないから。舞台挨拶で有楽町に行くと決まってすぐに、近所のママダチにもオーダーを取って3日前に予約した、コレです。

じゃ~んshine

20090509150110_2 ザ・ペニンシュラ東京のペニンシュラブティック&カフェのマンゴープリンです。

ママダチのも含めて8コ買ったんですが、1つ1つグラスに入っているので、お、重い。。。

でも、楽しみにしていたので喜びの重みでありますsign02

ちなみに1個600円也。高いので、子どもには別のお土産にしましたcoldsweats01今回は私とパパの分だけね。

帰宅してすぐにいただきました。

うーん、とっても美味しいけど想像のつくマンゴープリンの味。

食感はなめらかプリン系で、味はすごく乳製品系のコクがあります。上のマンゴーはそのものの味でフレッシュで美味しい。

とっても美味しいけど、特別珍しい味ではありませんでした。クセがないというか。

もしかしたら予約などの手間かけて、600円出さなくてもこういうのどこかになかったかな~sign02どうだったかな~sign02

とはいえ、パパにも、ねだられたので何口かあげたチーにも大好評でしたnotes

なんかどっちつかずなコメントですが。。。美味しかったけど、期待が大きすぎたのかもって感じですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「余命1ヶ月の花嫁」初日舞台挨拶レポート

20090509090130_2 5月9日(土)、TOHOシネマズ日劇にて行われた映画「余命1ヶ月の花嫁」の初日舞台挨拶に行って参りました。

今回は生・瑛太くん見たさと、田口トモロヲさんが映画にご出演されているので、観に行ってきたのですが、トモロヲさんの出演シーン、1シーンだしすっごく短かかったcrying短すぎてビックリ。なぜあれだけのためにわざわざトモロヲさんを使ったんだろ〜sign02ってそこで熱くなってる場合でもないので、早速レポートを。。。

9:45からの初回上映、まず入場時にピンクのハート形のウチワ(sign02)のような紙をいただく。舞台挨拶で使うとの事。かなり大きくバッグに入らないsweat02

さて上映終了後、まだまだ映画の余韻で涙涙の会場に、まずは各メディアの方々がご入場、準備完了後、舞台挨拶開始。

舞台向かって左の舞台袖から司会の方(2人sign01)がご登壇。今回の司会は、この映画の元となったドキュメンタリーを放送したTBSのアナウンサー、長岡杏子さんと赤荻歩さん。

諸注意のあと、いよいよキャスト・監督のご登壇です。同じく左の舞台袖から、廣木監督、柄本明さん、榮倉奈々さん、瑛太さん、安田美沙子さんの順でご登壇。奈々ちゃん、背高い〜sign03ハイヒール履いてるから瑛太くんと同じくらいに見える〜eye

まずは順番に自己紹介とご挨拶。

榮倉さん「榮倉奈々です。今日は初日からお集まりいただいてありがとうございます。」
瑛太さん「こんにちは。。。瑛太です。。。今日は。。。ありがとうございます」
その後柄本さん、安田さん、監督と続きます。

ここで1つサプライズ。映画の主題歌「明日が来るなら」を歌うJUJUさんが曲をバックにご登場で、ご挨拶。

○初日の感想

榮倉さん「嬉しいのと興奮してるので緊張してます。。。千恵さんの伝えたかった想いが家族や友人やここまで沢山の人の心を動かせたことに感動しました。沢山の人に観てもらいたいと思います。」
瑛太さん「この作品に関しては、撮影中、精神的に苦しかったですが、今日を迎えられて感動しています。」
柄本さん「沢山の方に観てもらいたいと思います。。。(報道陣に向かって)ボクのことも写すように(笑)」
その後、安田さん、監督、JUJUさんと続きます。

○瑛太さんと柄本さんのシーンでのサプライズについて

瑛太さん「柄本さんがセリフにない言葉をおっしゃって。。。」
柄本さん「あんまり覚えてないんですけど(笑)。」
監督「柄本さんがその言葉をどこかにいれたいとおっしゃって、ここはどうだろう?ということであのシーンになったんですけど。。。本当は何回もやってるんですけど、あれが一番よかった」
瑛太さん「それ言わなくてもいい。。」(会場笑い)

〇榮倉さんと柄本さん2人の実家でのシーンについて

榮倉さん「シーンとしてはすごくせつない感じのシーンですが、現場では柄本さんが。。。こんな感じだったので(笑)、おもしろいことがあったりなかったりなので。。。(笑)」
司会「あの犬にも演技指導されたんですか?あの犬のシーン最高でした。」
柄本さん「いや(笑)。。犬には演技指導はしてません(笑)」

ここで、またまたサプライズ。赤須太郎さんと千恵さんのお父さんが後方の客席からご登壇されました。

その後赤須さんが瑛太さん、榮倉さんへ書いたのお手紙を朗読。榮倉さん、会場涙。。。
お手紙の内容で、赤須さんやお友達の方が今回の映画化に当たって、赤須さん役は瑛太さん、千恵さん役は榮倉さんにやってもらえるといいな〜と思っていたそうです。

お手紙の最後「皆が千恵を忘れても、千恵の想いが残って、明日を大切にしたいから、沢山の人が乳がん検診に行って、千恵と同じ涙、僕や親友と同じ涙を流す人がいなくなったら。。。」という所が、やはり印象的でした。

○手紙を受け取って

榮倉さん「。。。今でも太郎さんやお父さんたちが利益関係なく、乳がんのキャラバンとか活動されていて、本当にお2人は大変だったんだなと。。。本当にありがとうございます」
瑛太さん「撮影現場に太郎さんがいらした時は挨拶もせずに失礼な態度をとってると思いながらも、太郎さんの想いが深く響いていて、それをこの映画を通して伝えたくて。。それがこれからこの映画を観て沢山のひとに伝わればいいなと思いました。ありがとうございました。」

次に千恵さんのお父様のご挨拶。会場涙。

そして、最後にまたサプライズ。瑛太さんから榮倉さんにお花の冠のプレゼント。
榮倉さん「作ったんじゃないですよね?」(笑)

○締めのご挨拶

瑛太さん「今日映画を観て感じた事を、周りの大切な方々に伝えていってください。今日はありがとうございました。」
榮倉さん「たくさんサプライズしてもらって、申し訳ないです。。。ぜひまた大切な人と観てください。」

以上で舞台挨拶は終了。続いてのフォトセッションの準備のために、ご登壇者は一旦退場されました。

今回のフォトセッションは客席をバックに撮影する形式だったので(最近よく見るお客さんも一緒に写るパターンのアレです)、カメラマンの方々が壇上に上がられて準備完了後、キャストの方達は客席の前に並ばれました。
で、私たち客席は入場の際にもらったハートを掲げて撮影、最初止まってスチール撮影、続くムービーはハートを振っての撮影でした。終わったら腕がプルプルしてましたcoldsweats01
20090509145922_2

その写真が掲載されています↓

cinemacafe.net「榮倉奈々、瑛太からのプレゼント&感動の手紙に涙『観てもらいたい、その気持ちだけ』」

今回の初日舞台挨拶、珍しく(私としては初の)涙涙の舞台挨拶でした。こういうのもありか~confident

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 8日 (金)

「重力ピエロ」東京初日舞台挨拶決定!!

加瀬亮さんがご出演の映画「重力ピエロ」の初日舞台挨拶が決定しました。

5月23日(土)に新宿バルト9、シネカノン有楽町1丁目、ヒューマントラストシネマ渋谷の3ヶ所で各2回ずつ行われます。

詳細はこちら↓

「重力ピエロ」東京初日舞台挨拶実施概要

5月13日(水)11時からチケットぴあプレリザーブ受付開始、5月16日(土)10時から一般発売です。

1日でこれだけ回数があるということは、「インスタント沼」の初日舞台挨拶にはご登壇されないのかな~sign02「インスタント沼」の公式HPではまだ舞台挨拶情報はUPされていませんでした。どうなるか気になるところです。

新宿だけ小日向さんと鈴木京香さんがいらっしゃるので、そこ狙いで行きたいけどそこに集中しそうだから厳しいかな~sweat02まあなんとかチケット確保したいと思います。

(5/9更新)
※「インスタント沼」も初日舞台挨拶決定しましたー!
23日(土)11:20~テアトル新宿、13:40~渋谷HUMAXシネマにて。ご登壇者は、三木聡監督・麻生久美子さん・風間杜夫さん・松坂慶子さん・ふせえりさん(予定)。チケットは、ぴあのプレリザーブの受付開始が5月12日(火)11:00から、一般発売が5月16日(土)10:00からとなります。やっぱり加瀬さんのご登壇はありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

Qちゃんの人気って。。。

すみません、GW中、あまりの忙しさにブログ書くのをさぼってましたsweat01ネタはたまる一方。。。んなわけで、本日3つ目の投稿です。

5月4日(祝)川口のアリオで行われた、ハイキング・ウォーキングと2700のライブに行って参りました。

チーとフーが「Qちゃんみた~い」ってうるさくてですねwobbly

いつものアリオのお笑いライブですと、だいたい1日2回公演で、11時からと13時からとかだったりするんですけど、今回は13時半からの1回公演。しかもハイキング・ウォーキング。何時から待つか迷いました。ちなみに前回、響の時は11時からの回に並んだのは10時の開店前ギリギリだったんです。

今回は13時半からだから開店前から並ぶ必要もないかな~と思いつつ、チャンスは1回なので、失敗は許されない(必死すぎcoldsweats01)いうことで、念のため開店前に行って様子を見ることにしました。

そしたらsign03

13時半からだというのに、開店前の店頭にはすでに長蛇の列が。。。す、すげぇよ、Qちゃん。。。

私は慌てて車から飛び降り、列に走りましたdashところが慌てすぎて、肝心の場所取り用レジャーシートを車に忘れてしまいsweat02パパに電話して、「早くレジャーシート持ってきてぇぇぇぇsweat01」と泣きついてる間に開店時間となってしまい、列が進みだしたから慌てた、慌てたwobblyその後会場に入る前にしばらく列のまま待たされたので、なんとか間に合いましたが。

そして、なんとか前から4列目くらいのスペースを確保goodパパと交代で子供を外で遊ばせたり、お昼ごはんを食べたりして待つこと3時間半sweat02ようやく2700とハイキング・ウォーキングの登場です。

20090504133306いつもアリオ、出演者が2階からエスカレーターで降りてくるんですよ。その時客席からちらっと見えるんですね。で、Qちゃんの姿が見えると「キャーーーーーーsign03」とすごい声援が。おーすごい人気。

予想はしていましが、最初の登場は2700。いつものおそろいの帽子にスーツ姿で登場。

「へそ探ーしてるっnote」の唄は一時私の鼻歌登場率ナンバー1だったもんで、そのネタの時は結構他のお客さんも盛り上がってました。チーも大喜びsmile初めにネタ、その後トークで、最後にもう一回ネタをやって終了。

そしてお待ちかねのハイキング・ウォーキングの登場です。

初めはしばらくトークで。ファンのコが描いた似顔絵をもらったりするなど、お客さんとの絡みもあり、盛り上がったのでこのままいっちゃいそうでしたが、「ネタをやらなきゃいけないんで」ということで、コントが始まりました。今回はショートコント、しかもすごく短いやつを沢山。

一旦終わるとまたトーク。お客さんの赤ちゃんが泣いているのを見て、Qちゃんが「ひみこさまーsign03」と赤ちゃんに向かってやったら、赤ちゃんが泣きやんだりしてsmile盛り上がりました。

その後は再びショートコント。「かしこかしこまりましたかしこ~」のフレーズも登場して盛り上がり、最後はMr.スズキックスのスーパーイリュージョンショーhappy0220090504135719

コーラを一気飲み(ほんとは途中で休憩しちゃうけど)して、山手線の駅名を全部言うってヤツです。

ビックリしたのは、

山手線の駅名全部言えたのsign03初めて見たsign03

でも、最後のキメの一言「Mr.スズキックスのup」で「ゲェェェdash」とお約束のゲップで終了。

最後に2700も登場し、今後の予定などを話してすべて終了となりました。最後はQちゃん、なんかお疲れモードでした。忙しいからか?大丈夫か?

感想。。。実はHWって、松田君で回ってるんだflair今まで気づかなかったcoldsweats01テレビで見ると何にもしてないように見えてた(失礼sweat02)んだけど。

20090504140512_3 とにかく観れてよかったnotes

朝から場所取りして何時間も待ってたせいか、帰宅したら物凄い疲労感で、なんと夜8時に子供たちと一緒に寝てしまいました。しかも朝までノンストップ。これぞスーパーイリュージョンhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「エイン」観て来ました!

5月3日(日)に新百合ヶ丘の日本映画学校で行われた「エイン」の上映に行って参りました。

以前にこのブログでも告知させていただきましたが、この映画はミャンマー出身のモンティンダン監督が2005年に日本映画学校の卒業制作として制作したもので、光石研さんがご出演されています。

映画は、家族と日本に移り住んだミャンマー人の少年が、日本に馴染めず弟と共に家を飛び出し、行き着いた場所でさまざまな人たちと出会い、それをキッカケに変わっていくというストーリーです。

とはいえ、人種差別的なテーマではなく、人との付き合いがうまくいかない時、どうしたらうまく付き合あえるかとか、家族が一緒にいることの喜びとか、割と身近なことがテーマになっていて、とても共感できました。

最初からずーっと笑顔がなかった主人公アウンメインが、終盤にようやく見せた笑顔がとても印象的でジーンときてしまいました。他にも感動するシーンが沢山weep

で、劇中の光石さん。

兄弟が家出した先で出会う警官、山本巡査の役でご出演されています。

出演シーンが少ないと伺っていたのですが、最近劇場で見た映画と比べたら多かったしcoldsweats01

兄弟を見守り、語りかける表情がすごく素敵でしたshine観られてよかったです。

上映終了後、監督によるティーチイン的な時間があったのですが、その時に少し光石さんのお話も。

「光石さんには(監督が)直々に手紙を書いて出演していただきました。学校の力もあったと思いますが(笑) 」「(光石さんが現場に来て)現場の雰囲気が変わって、すごくよかったです。」

モンティンダン監督、現在は日本で映画に携わるお仕事をされているそうですが、将来はミャンマーで映画を製作したいとのこと。いつか実現したらぜひ観てみたいなshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハイ!ミラクルズ」テレビ放映

昨年、光石さんが出演された舞台「ハイ!ミラクルズ」がCS放送の日テレプラスで放映されます。

放送日時は5月11日(月)の11:30~13:30です。

公演当時、私まだミツケンファンじゃなくて。。。bearingファンだったら何回も観に行ったでしょうに。。。

詳しくはこちら↓
劇団ダンダンブエノ「ハイ!ミラクルズ」

前田健さんが書かれていた当時のブログ↓
ミラクルズ日記

マエケンさんのブログを読んで、すごーく気になっていたので、ようやく見られて嬉しいですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

土曜ワイド劇場「遺品の声を聴く男」

また2時間ドラマでミツケン発見~sign03

5月16日(土)21時からテレビ朝日の土曜ワイド劇場「遺品の声を聴く男~美人OLの封印された過去!連続レイプ殺人事件に狂わされた人生…遺品整理人は見た!!涙の復讐劇に秘められた真実~」(長っsweat02)に光石研さんがご出演されているそうです。

土曜ワイド劇場「遺品の声を聴く男」

ドラマは、奥田瑛二さんが亡くなった方の遺品を家族に代わって整理し、部屋を片付ける遺品整理屋に扮し、遭遇した事件の真相を追究するというストーリーで、光石さんはその中で刑事・佐伯猛を演じられています。

撮影は昨年10月に行われたそうです。

ここんとこ刑事続きで。。。smile
「BOSS」の出番が少ないからこっちに期待note

余談ですが。。。

昨日BS-TBSで再放送された「密室の抜け穴」で光石さん、カラオケでママス&パパスの「夢のカリフォルニア」歌ってましたsmile酔っ払ってヘタっぽく歌ってたけど、実は歌ウマそう。。。でもなんか笑ってしまったsmile
他にも田中哲司さんも出ていて、キャストも豪華でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »