« 日本映画学校特別上映会 | トップページ | 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」テレビ放映 »

2009年4月30日 (木)

「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきた

昨夜、「スラムドッグ$ミリオネア」を観に行って来ましたnotes

前にこのブログにも書いたと思うのですが、「トレイン・スポッティング」以来、ダニー・ボイル監督のファンです。疾走感のある映像と音楽のセンスの良さに毎回ヤラれてますhappy02

今回も期待を裏切らず、映画の冒頭から出演者が走る走る。。。またそのスピード感を煽るような音楽のチョイスもボイル監督らしくて「おーnote」と始めからワクワクしてしまいました。

しかも今回の映画、脚本が「フル・モンティ」を書いた方(サイモン・ビューフォイ氏)だと知って、さらに期待度up「フル・モンティ」も大好きな作品なので。

映画は、「クイズ$ミリオネア」に出場したスラムの少年ジャマールが、あと1問で全問制覇というところで不正の疑いをかけられ、警察で尋問を受ける中で、自分がクイズの答えを知る所となった経験を交えつつ、過酷な人生を語る。。。というお話です。

観る前は、暗くて悲しい話を想像していましたし、「今のインドの現実が描かれている」などとよくTV等で聞いていたので、リアルに怖い話なのかとも思っていたんですが。

もちろん拷問や殺人、身寄りのない子供たちを搾取する悪い大人たちや、過酷で貧しい暮らしぶりをリアルに描いてはいるんですが、実はファンタジーsign02おとぎ話sign02的な要素が満載で、前向きだし、すごくエネルギーにあふれてて、観終わった後はすごく爽快で元気になれる作品でした。

だって、ミリオネアの問題が全部自分の人生から出題されて、「これは運命だから」っていうのもかなり乱暴な話だけど、おとぎ話なら納得できたりする。リアルなインドを描きつつもストーリーはファンタジー。そこがこの映画の魅力かなって気がします。

最後の問題が出される日、インド中の人たちがテレビの前に集まるシーンは本当にファンタジック。幻想的な風景も美しいし、インドの人たちのパワーとかエネルギーがすごく伝わってきて。

エンドクレジットはいかにもマサラムービーsign03っていう群舞でhappy02「ムトゥ踊るマハラジャ」以来久々に観れて楽しかったnotes

群舞もそうですが、ストーリー自体もハッピーエンドですし、エンターテイメント性もあってすごく色んな要素がテンコ盛りです。全く飽きさせない演出はさすが。

それでいて、すごく悲しい現実も見せています。身寄りのない子供たちを集めて物乞いをさせ、それを搾取する組織の大人たちとの生活。それをしなければ生きていけない現実。

特に、盲目の歌手は2倍稼げるという理由で目をつぶされた少年とジャマールが再会するシーンは忘れられません。これはジャマールがミリオネアの問題に出る「100ドル札に描かれた人物」を知るエピソードとして重要なシーン。
小さい頃、歌が下手だけど無邪気に練習していた彼が、盲目の歌い手としてストリートに立って歌うその歌声はすごく美しいのですが物凄く悲しい。眼をつぶされた悲惨な現実も、自分の生きる状況もすべて受け入れている彼の姿を見て、胸をガシーっと鷲掴みにされてしまいました。

映画を観終わった後もしばらく余韻に浸っていたい感じで、ウチに帰ってからも珍しくTVも見ず、PCも開かず過ごしました。

アカデミー賞つながりってわけでもありませんが、ガス・ヴァン・サント監督も好きなので「ミルク」も観に行きたいな~shine昨日行った近所のシネコンでは残念ながら上映してなくて。。。5月はカセクンの公開作が2本あるので、今のうちに観ておかないとねsweat01

|

« 日本映画学校特別上映会 | トップページ | 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」テレビ放映 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/29363766

この記事へのトラックバック一覧です: 「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきた:

« 日本映画学校特別上映会 | トップページ | 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」テレビ放映 »