« 「銭ゲバ」見てますかぁ~? | トップページ | 見逃したインタビュー »

2009年3月 2日 (月)

生・ミツコに遭遇~♪

本日、川口のアリオにて響とアルコ&ピースのお笑いライブがあるというので、朝一から行ってまいりました。

娘たちがミツコ(響の長友さんのキャラです)の大ファンなんですが、パパがある日広告を見て、「アリオに響が来るって~」なんて知らせちゃうから、「ミツコ見たいsign03」ってなっちゃって、うっかり連れて行くって約束しちゃったんでした。旅行から帰宅した翌日なのに。。。sad

ライブの1回目は11時からでしたので、混雑を予想して開店の10時前に到着。ライブを観覧希望のお客様は正面のセンターコート入口に並んでくださいとのことだったのですが、正面の駐車場は満車。
で、裏の駐車場に向かいましたが、1階はすでに満車で2階へ。この辺ですでに焦ってきましたsweat01
車を止めたものの、裏の入口は開店まで開かないので、正面の入口に行くには建物を回り込まなければならず、子連れだと時間がかかるので、私が先に走って列に並ぶことに。
そこで、駐車場を出ようとすると、1台の車がなぜか何人かの人でかこまれているsign03

そうですflair不自然に人に囲まれた出入り口、車があった場合は誰か出てくるもんですsmile

で、やっぱり出て来ましたよ、響のお二人sign03

長友さんの方がやっぱり体系的にすぐわかったので、「おはよーございます!きょうみます!」と手を振りながら声をかけましたら、超sign04低いテンションで「おはようございます」って言ってましたsmile 最近お忙しいんでしょうね~お疲れ様です。

その後、私が先に列に並んで、しばらくして子連れでパパも到着。開店と同時に会場に案内され、無事に席(というか地べたなのでスペース)を確保できました。

待ち時間、娘たちは誰もいないステージに向かって「ミツコーー」「ミツコーー」と叫んだり、お菓子を食べたり、姉妹喧嘩したりしながら、あっと言う間に1時間経ち、いよいよライブスタート。

最初はアルコ&ピースが登場。
レッドカーペットでお馴染み、イタリア語?スペイン語?風で話すネタ「あこがれのくににっぽん」を披露した後(これ大好きheart01)、トークで「僕たちのこと知ってる人ー?」「早く響が見たい人ー?」と若干自虐的な質問で笑いを取るも、知ってる私としてはちょっと可哀相になってしまいましたcoldsweats01 その後見たことがなかった漫才ネタも披露してあっさり終了。「次が響なんでね、たーっぷり話しますよ~」なんて言ってたけどcoldsweats01

そして次は娘たちの大本命、響ですが、まずは小林くんだけ学ラン姿で登場。ということは、ミツコで出てくるね~と娘たちのテンションも絶好調。

「せんぱーい、せんぱーーーい」と声がして長友くんが登場。いやっ生のミツコ、テレビで見るよりすごいっsign03

20090301112220最初に短めのミツコネタ、その後なぜか写真の撮影会になりました。
ほんとは写真撮影NGだったはずなんですけど、前列の女の子たちがDSで写真撮りまくってたら、周りの人たちも携帯で撮り出して、私もどさくさにまぎれて撮ってたんですけど、その様子を見て、お二人が自ら「じゃあ撮影タイムにします?」と申し出てくれたんです。
舞台の左、真ん中、右と3か所くらいに分けてそれぞれでポーズしてくれて、その時の写真がコレ。

撮影タイムの後はレッドカーペットでも見たことのある「卒業」のコントをやって終了でした。

家に帰ってからも娘たちは「ミツコおもしろかったぁぁheart04」とずーっと言ってたので満足だった様子。私も生・ミツコと生「先輩、どうもすみませんでしたっannoy」の迫力に圧倒されました。

|

« 「銭ゲバ」見てますかぁ~? | トップページ | 見逃したインタビュー »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

ミツコ超うけるし~~ーーーーーーーーーーーーーーーーウチも一回会ってみたいぃーー

投稿: 帆乃夏 | 2009年4月 9日 (木) 19時23分

帆乃夏さん、こんにちは。
昨夜、新ドラマ「アタシんちの男子」に響の長友さんが出てましたよ~happy02
さすがにミツコ姿ではなかったけど。。。coldsweats01蕎麦屋の店員役でした。

投稿: よし牛 | 2009年4月15日 (水) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1143325/28430809

この記事へのトラックバック一覧です: 生・ミツコに遭遇~♪:

« 「銭ゲバ」見てますかぁ~? | トップページ | 見逃したインタビュー »